南十字星クラブ ニッパヤシ通信 
LOP Pulau Lombok ロンボク島 エキゾチック紀行  
唐辛子の島 ロンボク島 思い出のフォトファイル   No.1

Last Updated  27th Mar. 2013




インドネシア ロンボク島 Pulau Lombok
(手つかずの自然が残るのタンジュンアンビーチにて)




ロンボク島 航空地図 (Google Map より)
PCのマウス操作やタブレットで地図の拡大縮小が出来ます


 About Pulau Lombok ( LOP )

 インドネシアのロンボク島はバリ島の東に位置し、島北部の中央には3726mの活火山
Mt.Rinjani(リンジャニ山)がそびえ、手つかずの自然や昔ながらの農村風景、島民の
90%を占めるササッ人が伝統を守る暮らし、文化、芸術の数々、そして白砂と透明度抜
群の美しいビーチ(スンギギ、ギリ、クタ、タンジュンアンなど)旅行者に取ってはゆった
りと時が流れ、リピートしたくなる魅力的な島だ。島の中心
マタラムは西ヌサ・トゥンガラ
州(大小約1,000の島々)の州都で人口約65万人のロンボク島最大の町。(島全体の人
口は約300万人だ)この町にはメル寺院、マユラ ウオーターパレスと言った名所旧跡や
庶民の台所アンペナン市場、マンダリカ市場、そして唯一のショッピングセンター
“マタ
ラムモール”
など観光にショッピングにと事欠かない。

ロンボク島への空の玄関口は、2011年9月まではマタラムのセラパラン空港(AMI)
Selaparang Airportだったが、2011年10月からは島中南部プラヤ近郊のTanakawu
(タナッアウ)地区に開港した新空港
(LOP)バンダラウダラ インターナショナルロンボク
 Bandar Udara International Lombok(ロンボク国際空港)に移り、セラパラン空港は
閉鎖された。因にバリ島デンパサール
(DPS)とロンボク(LOP)間の飛行時間は30分で
GA(Garuda Indonesia) B737、IW(Wings Air) JT(Lion Air)の共同運航便 ATR72、MZ
(Merpati Nusantara Airlines) B737、それにTNU(TransNusa Air Service) F50 の
各航空会社が1日8便〜10便運航している。その他、ジャカルタ、ジョグジャカルタ、スラ
バヤなどインドネシア各地へ一日数十便が飛んでいる。また、国際線では、
AK(Air
Asia)が
LOP(ロンボク)〜KUL(クアラルンプール)間週4便を、MI(Silk Air)がLOP
(ロンボク)〜
SIN(シンガポール)間を週5便飛んでいる。(2013/3月現在)
このロンボク新空港(LOP)が開港してクタ・タンジュンアンへは車で30分で到着出来る
様になった反面、マタラムやスンギギへは40分〜1時間以上掛る様になってしまった。
そしてクタやタンジュンアンへは便利になったが、乱開発による自然破壊、ビーチの汚
染、物価上昇等の旅行者に取ってはマイナス面の懸念が出てきた。これからも、クタや
タンジュンアンビーチ等の素朴で美しい景観が守られる事を願う。



2011年9月末で閉鎖 AMI Mataram Selaparang International

思い出の AMI マタラム セラパラン空港


AMI Mataram Selaparang International
2011/9/末で閉鎖になった AMI マタラム セラパラン空港



AMI Mataram Selaparang International
2011/ 9/末で閉鎖になったマタラム セラパラン空港



同上2011/9末で閉鎖になった AMI マタラム セラパラン空港



同上 2011/9末で閉鎖になった AMI マタラムセラパラン空港



同上 2011/9末で閉鎖になった AMI マタラム セラパラン空港 
DPS デンパサールより到着した IAT Indonesia Air Transport の
Fokker F50 から降りる乗客



AMI マタラム セラパラン空港 到着ロビーの風景



AMI Mataram Selaparang チケット売場



AMI Mataram Selaparang 空港正面


 LOP 新ロンボク国際空港 情報
Banbar Udara International Lombok



LOP 新ロンボク国際空港 ゲート (2011/10/01オープン)
Bandar Udara International Lombok


LOP 新ロンボク国際空港は島の中南部プラヤ (Praya) 近郊の
Tanakawu(タナッアウ)地区に建設された。滑走路長は 2750m で
B767 A330 等の大型航空機も発着可能で、今後各国からの国際
線就航が期待されている。


LOP 新ロンボク国際空港 正面 (2011/10/01 オープン)
Bandar Udara International Lombok  




LOP 新ロンボク国際空港 エントランス (2011/10/01 オープン)



同上 LOP チェックインカウンター



LOP Bandar Udara International Lombok 管制塔
手前は IW (Wings Air) の ATR 72-500 



LOP Bandar Udara International Lombok 鳥瞰図

滑走路方向 RWY13/31
滑走路長 2750×45m
IATAコード LOP  ICAOコード WADL  
RADIO COMMUNICATIONS
    
TOWER LOMBOK TOWER 118.55 MHz 2300-1300UTC
                  118.95MHz(Secondary Freq)
APPROACH PRAYA APPROACH 119.6 MHz 23:00-13:00UTC
                120.15MHz(Secondary Freq)
     
 ATIS 126.7MHz 23:00-13:00UTC



AMI (Pulau Lombok) ロンボク島 思い出のフォトファイル 

 懐かしい AMI Selaparang (セラパラン空港)発着の思い出フォトファイル 
2010年9月 撮影




朝の DPS デンパサール(ムラハイ)国際空港内カフェ
(搭乗前のコーヒータイム)



DPS 朝のデンパサール(ムラハイ)国際空港
これよりロンボク島 マタラムへ向け IAT(I8)にて出発する
(搭乗する Fokker F50 まではバスで移動する)



搭乗する I8(IAT) 110便 Fokker F50 までバスで移動



駐機中の(I8) Indonesia Air Transport の Fokker F50 
(ロンボク島マタラム行き IAT110便)




ロンボク島 AMI マタラム行 IAT(I8)110便 Fokker F50 に乗り込む乗客



同上 IAT(I8) Indonesia Air Transport Fokker F50 型機



同上 I8 (IAT) Indonesia Air Transport Hokker F50 型機



I8 (IAT) F50 に前方タラップより搭乗する



DPS デンパサールより AMI マタラムへ出発する I8(IAT) の機内
(50席余の座席は ほゞ満席だ)



DPS デンパサール国際空港 RWY09 を東に向けて定刻 AM8:00 に
Take Off する I8(IAT) Indonesia Air Transport IAT110便



DPS デンパサール国際空港を離陸した I8(IAT) 110便
(眼下にクタ方面が微かに見える)



上昇を続ける I8(IAT) 110便 ブノア先端を通過
デンパサール方面が霞んで見える



離陸して間もなく 軽食がでた



ロンボク島が見えてきた(スンギギへ続く海岸線) 



AMI マタラムセラパラン空港へ着陸真近な I8(IAT)110便
AMI の滑走路長は2089×40m 滑走路方向は RWY09/27



AMI Mataram Selaparang RWY09(西からの進入)へ
間もなくタッチダウン I8(IAT)110便 Fokker F50 



AMI Mataram へ着陸した I8(IAT) 110便 Fokker F50
(空港ターミナルへ向かって Taxing 中の F50 型機)



AMI ロンボク島マタラム セラパラン空港に到着した
I8(IAT) Indonesia Air Transport の Fokker F50



搭乗した I8 (IAT) Indonesia Air Transport の Fokker F50



AMI マタラムセラパラン空港(乗客は徒歩でターミナルへ向かう)



AMI マタラムセラパラン空港の管制塔



AMI マタラム セラパラン空港到着エントランス



同上 AMI マタラム セラパラン空港到着エントランス



スンギギビーチを望む



ギリ方面へのロード展望台よりスンギギビーチを望む



スンギギビーチの情景



マタラム市街をクタ・タンジュンアン方面へ向かう



マタラム市街の風景(バリに比べて車が少なく移動もスムーズだ)



マタラム市街をクタ・タンジュンアン方面に向けて通り過ぎる



マタラム郊外をクタ・タンジュンアン方面へ向かう



Praya 近郊建設中の新空港サイドを通過する
LOP Bandara Udara International Lombok



建設中の新ロンボク国際空港(ゲートの奥に管制塔が見える)
(撮影日 2010/9)



完成まじかな LOP 新ロンボク国際空港を通過する
(撮影日 2010/9)



新空港からタンジュンアンビーチまでは約30分で到着する



Novotel Lombok Hotel のガーデン通路



続きのフォトは No.2 で紹介します 



ロンボク島情報サイトを紹介します

       
http://stworld.jp/special/BL_ID/lombok/ http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/6439/

 

 ロンボク島 ( LOP ) 思い出のフォトファイル No.2


 TOPページへ戻る