035/103



 


 
蛹はこのまま夏と冬を過ごします。その間、蛹が季節の経過を読み取るのは、一日の昼間の長さです。夏は日が長くなり、冬は日が短くなり、そして、また日が長くなり出した翌年の春、成虫となって羽化してきます。