048/103


1965年(昭和40年)の土地利用


 
それが1965年には地図の上から水車がなくなしました。日本の高度成長期です。人々の暮らしが大きく変わりだしたのでしょう。麓の落葉広葉樹林はさらに狭められ、カヤ原は完全に埋まってしまいました。植林地の手入れが行き届かず下草が成長したためとも考えられる。杉、桧の林が増えています。戦後の植林政策で、多くの落葉広葉樹林は、建材用の針葉樹林に植えかえられていきました。