059/103



 かつて、人々は落葉広葉樹林を生活の重要な場として利用していました。木材は炭にして、燃料にするほか、椎茸栽培の穂だぎとして、落ち葉は集めて保存することにより、堆肥として、また木の実は食料としたこともありました。その利用のため、数十年おきに伐採が行われ、落葉広葉樹林が維持されてきたのです。