090/103


実践的保護のために


 


 これらの整備には多くの人手が必要です。ヒメギフチョウが永続的に赤城山で見ることができるためには地域研究者、市域住民と地域行政の協力が欠かせません。地域研究者は前述のような現地調査に基づいた科学的データを提供できます。地元では地元の財産として、ヒメギフチョウ、またヒメギフチョウが生息する林を大切にする心が必要です。また行政も文化的、自然史的な遺産として、保護のバックアップが継続される必要が有ります。三者の気持ちが纏まった時、ヒメギフチョウは安心して赤城山に棲むことができるのです。