法神流の剣士と奥義

1 法神流の伝統
  右坂彦右ヱ門藤原保重 → 富樫平太藤原政親 → 富樫彦左ヱ門藤原政好 →
  富樫源五郎藤原知菊 → 富樫彦左ヱ門藤原政高 → 
    初代・富樫白星藤原政武(楳本法神)

二代・須田房之輔源為信(星野房吉)

三代・生田玄隆源武信(森田与吉または勝江玄隆) → 四代・根井弥七郎滋野行雄 → 五代・須田平八(義舒沢斎) → 須田実平源本久(樽) → 津久井幸三郎(樽) → 永井甲子郎(三原田)

町田寿吉(上南室・江戸にて死す)
青山雅楽之助(黒保根村下田沢)

      法神流は楳本法神を流祖とし、重複はあるものの勢多法神流、利根法神流、前橋法神流、
  江戸法神流の流れを確認することができる。
  (須田房吉、須田平八、持田盛二については、別ページで説明しています。)

2 森田与吉(勝江玄隆)
 勢多郡北橘村箱田の人。少年時代から楳本法神に剣を学び、刻苦精励、苦しい修行に耐え、ついに達人となり、法神流の三田三吉の一人と呼ばれた。三田三吉とは、須田房吉、森田与吉、町田寿吉の三剣客を世人が称えたものである。さらにこの三人に黒保根村の青山雅楽之助を加えて、法神流四天王ともいわれ、上毛剣道界に鳴り響いた存在であった。
 与吉は房吉の妹すみと結婚したから、房吉とは義理の兄弟になる。しかし、剣技は房吉に及ばず、法神老いて後は房吉に師事した。文政九年、房吉が江戸に出府した時は、前橋紺屋町の道場は与吉が引き受けて道場主となり、後進を指導した。
 薗原騒動に際しては、義兄の大事に町田寿吉とともに馳せ参じ、大脇差の切っ先が折れるほど働いた。事件後捕らわれて、江戸伝馬町送りとなった。同門の町田寿吉は流行病のため牢死したが、与吉は生きのびて帰郷した。しかし、出生地からの所払いであったため、勝江玄隆斎と変名し前橋萱町に道場を開いた。
 その内に、卓抜な剣技を認められ新田郡岩松の一家で、徳川郷の正田隼人正家の剣術指南役となった。晩年にいたり、官職を辞して前橋に戻り、萱町の道場を経営するとともに、恩師法神より伝授された秘薬「法神丹(丸)」を商売した。法神丹とは蜂蜜を主体とし、草根木皮を混合したもので、万病に卓効があったというもので、「法神のかくれ丹」ともいわれた。また、与吉は医師として病人の治療にも当たった。義父須田玄内は、敷島村深山の村医であったから、この義父からも医療技術を学び取るとともに「玄」の一字を頂戴したものであろう。また、正田家に仕えている時、主家から生田姓を頂いて、生田玄隆と名のった。これが彼の最終名である。
 与吉の剣技は、すさまじい早業であったらしく、「与吉の下げ太刀」という言葉が残っている。どんな秘剣であったかは定かでないが、下段の構えから斬り上げる変化技であったろうと思われる。与吉は、房吉死後、押されて法神流第三代の正統伝承者となった。
 法神流伝来碑の拓本は、この生田家に保存されていたのを諸田政治氏が発見したものである。また、須田房吉の生家は深山には絶えたが、房吉の実の妹であり、森田与吉の妻であった「すみ」により、父玄内、兄房吉の位牌が生田家に残されている。



前橋弁天通の大蓮寺に生田家の墓地があり、過去碑の初めに玄隆の戒名が刻んであります。


3 町田寿吉
  法神流三田三吉の一人。勢多郡北橘村上南室、楯家に生まれた。幼年時代から、名人楳本法神の門に入ったが、実技は偉大なる兄弟子須田房吉に受けたので、房吉は兄弟子であると同時に寿吉の師であった。長じて、楯家から分家してのち、狂気のように法神流剣術修業に熱中した。天才的な剣士と伝えられ、その剣技は非常に軽捷無類の早業であったといわれている。房吉が前橋に道場を構えた時は、兄弟子森田与吉とともに道場の師範代であり、花形的存在であった。
 薗原騒動に際しては、森田与吉とともに薗原に駆けつけ、抜刀して立ち働いたが、房吉の命によりその場を逃れた。事件後、捕らわれて江戸伝馬町の牢獄に送られたが、猛烈な流行病のために牢獄内の露と消えた。
 

根井行雄が下箱田の木曽三社神社から分祀した木曽三柱(みよ)神社。花の明神とも云われ、根井の和歌碑、法神流剣法伝統碑もある。

4 根井弥七郎(行雄)
  法神流第四代、正統伝承者根井行雄は、文化八年勢多郡北橘村箱田に土地の郷士・諸田五郎左衛門行広の長男として生まれた。族称滋野氏、通称名を弥七郎および五郎左衛門行雄、号を松斎といった。 根井行雄は法神流の剣客であると同時に、国学者であり、医学者、詩人であり、かつ憂国の志士でもあった。有名な黒船来航に際して、社会の物情騒然とするや、行雄は憂国の至情もだしがたく、江戸表の旧主木曽義長に門人を連れて駆けつける旨の書状を送ったりしている。 また、明治維新前夜の混乱の中で勃発した「ぶっこわし騒動」では、門人を率いてびくともせず、敢然として不逞の輩と一戦を交え鎮圧してしまった。明治になってからは、地域の指導者として活躍し、明治五年には近郷近在五十八か村を配下とする大区長に選任されている。
 根井行雄の該博な学識は驚くべきものであったが、その書庫には貴重な古文献がうずたかく積まれて、さながら古典図書館のようであったという。最初は、同村滝の宮の神主遠江宜信(とうとうみ よしのぶ)に、国学、漢詩、俳句を学んだ。ついで、前橋在小出の有名な国学者、藍沢無満の門に入り、たちまちにしてその高弟になった。なお、この門下には老農として有名な船津伝次平もいた。 
 明治維新後における政治的活躍は枚挙にいとまがないが、明治十四年十二月十日永眠した。当夜は隣村に大火があり、行雄は病床でその処置を誤りなく指図して、息を引き取ったという。さすがに、剣道の達人は常任とは違うと、看護していた人たちは語り合ったという。

 ところで、行雄が生まれた時、根井家は諸田と名のっていた。行雄十九歳の時に父五郎左衛門行広は、一代苗字を許されることになった。
 根井姓の由来は、有名な木曽義仲四天王の一人、根井大弥太に発している。大弥太は大豪の誉れ高く行親と称し、信州佐久の豪族滋野氏の出であったが、義仲に従い、寿永三年京都六条河原に勇戦して討死にしている。次男行貞は、後上州沼田に来 て住み、行重、行保と続き、この根井行保の代に諸田姓となっていたが、行雄の父が正式に苗字を名のれる許しを得たのを機会に、六百余年を経て文政十三年 、北橘村二十一軒の一族のうち二十軒が根井姓となった。



法神流剣法伝統碑
(碑文の大要)

 



榎本武揚
篆額


5 持田善作

 前橋在下川淵村大字鶴光路の住人。根井行雄から法神流を学んだ高弟で、自宅に道場を設けて門人を指南した。
 入門の動機について、次のような挿話がある。
 幕末、すでに下川淵鶴光路にある持田道場では、盛んに剣術の稽古が行われていた。その時、道場の武者窓から覗いていた、眼光の鋭い男があった。その日、持田家を訪れて仕事をしていた鋳かけ屋であった。にやりにやりと不遜に笑うその男を見とがめた門弟が、道場に呼び入れて立ち会って見ると、みるみるうちに高弟まで打ち込まれてしまった。驚いた道場主善作が訪ねると、北橘村下箱田の根井道場の高弟、高橋忠吉という人物であることが分かった。それが機縁となって、持田善作は根井道場に入門したものであるという。
 この善作の次男が、昭和四年、初の昭和天覧試合に優勝した持田盛二である。兄愛作もまた法神流の剣客であった。


6 中沢良之助(貞祗・さだまさ)

 天保八年利根郡穴原村に生まれる。法神流の達人中沢孫右衛門貞清の長男である。父について法神流剣法を修業したが、天才的な才能に恵まれ、十四、五歳にして、父の門弟中、誰一人として彼の右に出る者はなかったという。十七歳で父の勧めにより武者修行の旅に出たというが、良之助の墓石裏に、江戸に出て千葉周作及び斉藤、桃井に学んだとある。 良之助は、身長六尺、体重二十余貫(85kg)の堂々たる偉丈夫であったが、剣歴を輝かしいものにしているのは、幕末動乱期における有名な新徴組小頭としての活躍である。
 文久三年、徳川幕府は京都に跳梁する勤王の浪士を制圧するため、浪士隊を編制して京都に派遣することに決した。この浪士組募集に応じた有名な者に、後の新撰組の近藤勇等もいた。中沢良之助も千人とも千五百人ともいわれた応募者の中から採用され、京都にむかった。しかし、浪士組はわずか二週間で江戸に呼び戻されることになり、中沢は京都に残り新撰組を起こした近藤勇等と分かれ江戸に引き返した。江戸帰還後の浪士隊は、庄内藩支配下となり新徴組と名を替え、新しい編制を作り江戸市中の警戒に当たった。中沢はここで、小頭・剣術世話心得となっていて、何れ劣らぬ猛者連の中から剣術大会を経て任命されたところを見て技量の程が偲ばれる。
 この後、官軍の急激な進出による時勢の急変で新徴組は出羽国(山形)庄内に移動し、ここで官軍と奮戦し、羽後矢島城攻略戦では少々負傷の記録がある。佐幕派の会津、二本松、庄内各藩は激しく抗戦したが、時勢の大勢は如何ともしがたく、明治維新が成立して新徴組の時代は去った。その後の新徴組は、月山の麓・東田川郡広瀬、黒川の二村に渡る丘陵地帯に入って開墾事業に従事した。中沢もこの開墾地に入ったが、明治七年三十八才の時に故郷帰った。
 帰郷後、中沢は利根村穴原に立派な道場を構え、法神流の剣術を教授した。門人は三百五十人(墓碑裏には一千人と書かれている)、関東一円に及んでいる。
 


7 法神流の奥義

 法神流目録の始めにある奥義は、漢文でおよそ次のように書かれている。武道のほかに文事にも心がけ、人道を守って治国平天下のために尽くさねばならぬと説く、すこぶる立派なものである。

「もとそれ法神流剣術の奥義なるものは、往昔音住なるものあり。時あって神仙に山中にあうて伝うるところなり。保重これを音住より伝う。ここに勤行して昼夜怠らざることおよそ五十余年にして、初めてその極意を極めたり。古人いわく、千兵は求めやすく、一将は得難しと。誠なるかな、この言や。志と行と一つにして、朝に暮れにこれを措(お)かざる者にあらずんば、すなわち以てこの大事を授くるあたわざるものなり。ああ先輩心をこの道にゆだねて、その妙に至る。天とするところか、凡流なる者は至るあたわざるところなり。けだし、これ朝に草露を払って、夕べに笛を吹きて帰る。志行一にして、昼夜怠らざる者にあらずんば耐ゆるところにあらざるなり。これすなわち天道の教ゆるところにして、神明の加護なり。内には五典を読んで、いにしえの道をかんがみ、外には六芸に遊んで今の風を悟る。文武の道は、これ精にしてこれ一つ。よく柔に、よく剛に、よく忍び、よく辱かしむ。争わず、誇らず、あなどらず、軽んぜず、心を虚しうして志を実にす。物を待って以て正しくす。これこの道の教えなり。これを以て資師相承(う)けて、一流を伝え来たる。しかして、未だかつてその人ならずんばあらず。今われ音住の法を伝える保重の兵術これを相承くる者、いやしくもそれにあらずしてこれを伝えなば、すなわち必ず神罰をこうむるべし。つつしんで心肝に銘じて、軽々しく伝授することなかれ。よく丁寧なれば、いわゆる王者の師たるべきの道なり。それ道なるものは自然の道なり。今英傑なるものは、自然の道を生じてこの道に達す。あに凡流にあらざる者か。文なる者は天地を経緯す、学を勤め、民を愍(あわ)れむ。武なる者は、暴を禁じ、兵をやめ、功を定め、衆を和する者なり。文武の道知らずんばあるべからず。希(ねご)う所は、国を治め天下を平らぐるにあり。衆人愛敬する秘術の道なり、これをつつしみ、これを秘せよ。」