沼田往還、沼田街道、または中仙道の本庄から分かれて同道の脇往還ともいわれた。江戸時代においては、当村の道路中、最も重要視された通路で、江戸へ直結、沼田城主の参勤交代のほか、巡検使の通路であった。
 沼田から森下、南雲、溝呂木、米野と四か所の本陣を経て、前橋へ至るもので、利根郡久呂保村川額の日向長井から日陰長井に移り当村に入る。長井坂城址から棚下原を南へ雲雀塚の芭蕉句碑を過ぎ、長井小川田の原、今宮を過ぎ藤木の軽浜坂から寺後下り、辻に出で、本陣と問屋があった。この辻は、久保の字と共に辻久保と称し、問屋は久保に跨り宿場としてにぎわった。辻久保から南へ沼尾川を渡って海老坂を上り、小川田から更に山道を登り南雲の南原を松ノ木坂にいたり今窪を越え、南西に津久田の原を貫き、北上野、勝保沢部落の上を過ぎて、溝呂木の宿にはいる。
 幅4メートルないし6メートル以上に及ぶところもあり、一名並木通りともいい、両側には松の並木があって一般の交通はもちろん、物資輸送には江戸時代における随一の街道であり、道中奉行の規定によって必ずこの道でなければならなかった。   
 この道も交通の重点が利根川沿いに移動した明治以降は自然に廃れたが、近年、国道353号線の一部として、にぎわいを取り戻しつつある。   



直線上に配置