危機にさらされている世界遺産!ありさの部屋

負の世界遺産リスト世界一周旅日記

『負の遺産』は世界遺産条約内で定義されたものではないため、どれが負の遺産だとハッキリと言えるわけではありません。しかし、世界遺産は素晴らしい歴史の元に残されている物ばかりではないという事です!
これらは平和や人道的観点から、人間の「負」の行為を記憶にとどめ、同じ過ちを二度と繰り返してはいけない という事を、未来へ伝えるメッセージの役割も担っています。

負の世界遺産リスト!byありさ

以上のように負の遺産を4件挙げてみました。
核爆発によって14万人の命を一瞬で奪った、戦争の爪あとを残す「原爆ドーム」
ナチスが行ったユダヤ人大量虐殺の舞台となった「アウシュビッツ強制収容所」
アフリカ人数百万人が奴隷としてアメリカ大陸へ送り出された奴隷貿易港「ゴレ島」
アパルトヘイトを反対する政治犯を収容した「ロベン監獄島」
…この他にも、アフガニスタンのイスラム原理主義タリバンによって爆破された「バーミヤン渓谷の遺跡」などなど多数あげられています。


ありさの世界一周の旅TOPへ     世界遺産の部屋へ世界遺産へ戻る    海外の旅目次海外の旅目次


こちらもよろしく  こちらの管理人もやってます行政書士ふじた国際法務事務所