墓地整備工事

 施工場所:熊本市河内地内

 施工内容:ソイル舗装工(硬化性人工土壌)

 「お墓は、いつも綺麗に保っておきたい。でも遠くてなかなか通えないし、草取りしても足が悪くなってから草取りが苦痛で、コンクリートで固めてしまうと、樹木は枯れてしまうし、仏さんが呼吸できないんじゃないだろうか・・・」そんな思いもあって今まで工事に踏み切れていなかった施主ですが、今回使用したソイル(硬化性人工土壌)は、雨水を浸透させるため樹木の根元までしっかり敷均、硬く固まるため歩行も容易に出来る。水を浸透させるから樹木も生きるし、空気も入るということで施主も満足されました。

 

 

 

 園庭整備工事

 施工場所:合志市須屋地内

 施工内容:防草シート敷設工 化粧砂利

 ガーデニングが趣味の施主なんですが、樹木、家庭菜園、花壇と区画を分けずに庭を使っていたため、夏場は庭に出れないくらい雑草と蚊が発生していました。施工前写真がないのが残念なんですが、樹木の移植を行い。防草シートを一面に敷いて、その上に化粧砂利を敷いて雑草を防いでいます。家庭菜園と溶岩石で花壇を設置してだいぶすっきりとした庭になりました。 

 

 

 

 

 

 園路工事

 施工場所:合志市須屋地内

 施工内容:ソイル舗装工(硬化性人工土壌)

 もともと砂利を敷いていた園路ですが、人が歩くたぶに土壌の中に埋もれていく砂利は最低でも5cmの厚さが必要です。お年寄りや小さな子供がいるところは、砂利では足をとられて怪我をすることもあるので、ソイルを使用し、雨水のたまりも押さえアクセントに鉄平積を使用して園路を作りました。ソイルの利点で小スペースでもきちんと防草効果と雨水浸透性効果が得られるところです。

 

 

 

 

 

 駐車場整備工事

 施工場所:熊本市河内地内

 施工内容:ソイル舗装工(硬化性人工土壌)

 初めてソイルを駐車場に使用するのもあって、緊張した現場でしたが、路盤を14cm掘削後、防草シートを敷き、その上から砕石を7cm押し固めを行って、ソイルを7cm敷均を行いました。無事にしっかり固まり、ほっとした現場でした。