要注意。偽物だらけの商品選び

先行する売れ筋を真似て作れば儲かるではないか!


複製コピーはオリジナルを見て、容易に作ったもので「発想力」も「開発資金」も「テスト」も必要ありません。
偽物
“コートキング”を見て作ったもの
pakuri1
“ファーミネーター”を見て作ったもの
pakuri2
“ピロコーム”を見て作ったもの
pakuri3

 このような類似品でもPAT-P表示は特許出願中を意味します。 出願から1年半で公開されます。商品を発売する前に特許出願をする必要がありますから、発売後何年も経って公開公報が無いものはおかしいことになります。特許出願が公開される前に取り下げをすれば公開されませんがそれは重要な記述漏れ等で、いずれ公開されているはずです。
 類似品をいっぱい出しているメーカーの中に、PAT-P表示の有るものがあります。 公開公報を見て弁理士先生曰く「PAT-P表示自体は特許権でも無いし法律違反でも無いんじゃない? 客が勝手に特許や良品を連想するような仕掛けだと思うがね」 類似品はオリジナルを見て容易に作ったものだけに特許の成立はほとんどありませんし、特許出願すら無いのが普通です。
 このメーカーの古い類似品にも新しい類似品にも長い期間に渡って続いているPAT-P表示は社風と言えるでしょう。
 この表示は客を欺く手法の一つと読めました。 単なる類似品メーカーであきたらず、 客を欺いてもという社風が影響すると怖いフードなどもちょっと気になります。隣国には地溝油などというものが有るというし。なんちゃってフードは要注意。

戻る