末摘花編


末摘花とは似実軒酔茶の編集による、万句合および

柳多留の中にある貔せつ句を摘録した書物

ぬすまれて跡のへらぬは豆どろぼ          あるべきことか下女宝舟でふき

                       
間男の不首尾はこぼし々逃げ                冥土では生きる々と大よがり

                       
亭主をば尻に他人は腹にのせ                己が手を女房にするひとり者

                       
赤切れのかかとでしめて下女よがり          前ばかりじゃない後もと下女は泣き

                       
前からせずばよかろうと馬鹿和尚            茶臼では柄もりがすると亭主いい

                        
この貝をひろひに来たと床の痴話            おちんこもまんこも種々の替名あり

                       
人間は穴から穴が五十年                    これからはどこですべいと麦を刈り

                       
宝舟しわになるほど女房こぎ                絵そらごと腕より余程太く書き

                        
   
   シタイ
    イイナ

身を四体とは能名だと後家思ひ              おっかさん死んじゃいやだと目を覚まし

                                                                                        
                                              ヒ゛クニ

炭部屋で下女も本望とげている              そこ迄はまさか比丘尼も毛はそらず

                       
かんぞうと蛸と出合って震動し              赤貝にだんだん化ける小蛤

                       
越前で嫁人知れぬ不楽しみ                  怪しからぬ事は義母が孫を産み

                       
引きずりのくせに早いは尻ばかり            亭主にもさせにゃあならぬとふてえやつ

                       
女房の夜泣きで亭主眼がくぼみ              とんだこと婿の寝床に母の櫛

                       
流行るはずおいらん蛸で張りがあり          間男の憎さ紙まで先のもの

                       
味な嫁息子も産めば孫も産み                とんだ嫁貞女をすてて考を立て

                       
入り婿はきかずに抜いて叱られる            蛤は初手赤貝は夜中なり

                       
美しい手で提灯のしわのばし                帆柱の立ったをねかす舟比丘尼

                       
出合茶屋あんまり泣いて降りかねる          その時は五臓に迷う陰間の屁

            
ぬけぬぞと女房おどして伊セへ立ち ぬっと入れまずぬいてみる伊セの留守

                       
尻中を二十四文で蚊にくわれ                よがり泣き舅親父で空いびき

           
                                                                         
コウシン
                       
庚申はせざるを入れて四猿なり              庚申の夜は姑も高いびき

                                 
      シ゛ンキョ

入婿の腎虚はあまり律義すぎ                医者のいう事を守れば夜が長し

                       
する度に小便に出る姑ばば                  尻をする分は構わぬかのえさる

                       
貞女へのこの大小を知らぬなり              ふとどきな女房へのこ二本もち

                       
昼みれば夜ばい律義なおとこなり            ここはまだ生きて御座ると女房泣き

                       
仕止めたと見えて抜身を拭う音              人同じからずと湯屋で発明し


                      

又かえと女房笑い笑いより                  またうちでせにアすまぬと朝帰り


                       

不忍の茶屋で忍んだことをする              すっぽんの度々だまされるふいた紙

                        
馬子唄に二人ひれふす麦の中                いい物を持って畜生よばりされ

                        
インキョウ              サイ

陰茎がおえたと学者妻にいい                若旦那夜はおがんで昼しかり

                        
させぬのみならず女房に言付ける            股倉を尊く見せる緋縮緬

                        
ハラ

孕まねえ仕方があると口説くなり            我が顔に似た子を産んで名が立たず

                        
忍ぶ夜の蚊は叩かれてそっと死に            していると知らず蔭膳三日据へ

                        
あの後家は堅い奴だと色がふれ              後家の流産はねられた奴がふれ

                        
あの後家の数珠でぶったは初手のこと        母さまが叱ると娘初手は言い

                         
川を越す女壱寸ずつまくり                  ろけんする迄は夫とむになやつ

                        
間男はうすき氷へそっと乗り                間男をせぬお女房は恩にかけ
 
                   
      カンサ゛シ

口吸えば簪の蝶ひらめいて                  させろとはあまりに俗な口説きよう

                        
お種とる田地から出る親の扶持              御妾の睦言くれろくれろなり

                        
去る者は日日にと後家は盛ん也              もう後家をやめねばならぬ腹に成り

                        
据え膳は向こうの腹が案じられ       その手代その下女昼は物いわず


             
入り込みは抜き身はまぐりごったなり   吹けよ川風まくれよと橋の


                       
うちにない物ではなしと女房言い            いさかいをしいしい腹を大きくし
                                                                                  
                                 キンチャク

くどかれて相模お安いことと言い            いんらんの巾着相模持っている

                         
大黒を和尚布袋にして困り                  大黒の豆を飯より和尚好き

                                                                                   
         タテ゛

縁遠い豆に蔘喰う虫が付き                  うらの夜は四、五寸近く来て座り

                        
二度と行く所でないと三度行き              帯ひぼをといて付き合う三会目

            
紋日前尻でのの字を書きのめし              ありんすで嫁来んなんした里がしれ

            
なびかぬと鎌でおどかす麦の仲              仲人の夫婦もその夜古枕

                        
マフ゛                                                        サカ    オナ

間夫が来て行燈を消す女護島                新造の客は逆さで同い年

                        
提灯を下げて宝の山をおり                  安いだけ客にも膝をすりむかせ

                        
ハリカタ
          ツホ゛ネ                                        フント゛シ

張形を埋めやと局末期なり                  わればかり褌をとく浅黄裏

                         
お妾はたった四五寸仕事なり                ご隠居は妾の咳ではみ出され

                        
寝てとけば帯ほど長いものはなし            させたいとしたいは直に出来るなり

                        
わがもので見たことのない菊の花            松茸の出そうな名なり男山


                     
よしなあの低いは少し出来かかり            病み上り女房ひやひやものでさせ

                      
入婿と間男までにあなどられ                してゆくはよくよく好きな夜盗なり

                      
女房の味は可もなし不可もなし              手がさわり足がさわって仲直り

                   
飛びものに夜鷹は客をはねかえし            生きては苦界死しては浄閑寺

                   
宝船だんだん波が荒くなり                  させそうな身ぶりで弟子がやたらふえ

                   
さすが後家夫の日にはさせぬなり            惜しい事いい後家なれど貞女也

                   
おかしさは皆がねらった後家が剃り          御ていしゅとこんいだったとにじり寄り

                                                                          
                                     フ
             ナカ゛ツホ゛ネ

若殿に道を教へる大年増                    屋根葺きの出したで騒ぐ長局

                   
女房の機嫌を取ってよじのぼり              練れたのをさせろといえばくたびれた

                   
よがるのをあいずと夫婦だんじ合            けどられまいと女房させたがり

                   
遠くのていしゅより近くの他人也            いせの留守初手一番のおっかなさ

                   
蚊帳一重でも夜這いにはきつい邪魔          女いかんとする其声よし

                   
言う事を下女夜きくと昼きかず              下女尻をはたけば男前をふき

                   
よがり泣きしてその明日いびられる          よがるはず是ハ九州ひごの国

                          
      ヘソ

お妾は臍を去る事二三寸                    新所帯まだ宵ながらおっぱじめ

                   
われ落ちにきと語るなと後家ハ落            語るなと尼が手折し男郎花

                   
ふげんさまわるくへんじてやたらされ        女房も岩戸を開く伊勢の留守

                    
とこ闇でひらくハ下女の岩戸也              あたりを見廻し絵の所娘あけ

                   
関取の恥ずかしいのはまらばかり            関取を女房ばかり小さがり

                   
越中がはずれて隣の国を出し                誰がひろくしたと女房やりこめる

                   
おうような御子だと乳母は二番させ          おじさんを負かしたと乳母茶臼なり

                    
子が出来るまでは亭主の吸うお乳            乗せていて下女二タ声返事する

                   
寝起きから機嫌よいのは伜なり              朝まらは小便までの命かな

                   
いまはただ小便だけの道具なり              出合茶屋四、五日男役立たず

                   
死ぬ死ぬは人騒がせなよがりよう            蛤にあきて蜆を食ってみる

                   
蛤の風味知らせて里帰り                    重宝な穴のありける相模下女

                   
ととさんとかかさん寝て何をする            ていしゅへのみやげあわ餅ほどにねれ

                   
折々は遠道させて味をつけ                  夜いくさ小兵は鎧かぶとなり

                   
女房と乗合にする宝舟                      よくつづきなさると女房大きげん

                        
鶺鴒不審口吸うは誰が伝授                  鶺鴒は茶臼とまでは教えねど

                                                                         
                                  ウマヤト゛
オオシ゛

スサノウの大蛇を稲田姫はのみ              厩戸の皇子へのこが大きそう

                        
入れどころもっていながら乳の下            乳の下かへその下かと大臣きき

                        
塩出しをして鎌足ハ召あがり              あれば有物だと女帝御満悦

                                                 
                 ハラ

道鏡が母馬の夢見て孕み                    道鏡に根まで入れろとみことのり

                        
道鏡に崩御々と御大悦                      両の手で考謙帝は御にぎり

                        
人混みで馬だ々と道鏡いい                  出来合のしびん道鏡間に合わず

                        
少將はけつをする気と見へ給ふ              少將は一ト夜で肝をつぶすとこ

                        
もふ一夜来ると無イのをあかす所            させもせずしもせぬ二人名が高し

                                                                                     
                                  ヨシサ゛ネ

明ずの門へ少將は九十九夜                  惜しいこと良真外科にかける筈

                      
業平が惚れし女に貞女なし                業平のかさをかかぬも不思議なり

                        
百夜目はす股をさせるつもりでい            井戸端の茶碗有常油断なり

                                        
         シシ゛ミ                                                  コアマ

筒井筒そばに蜆と唐辛子                    業平は高位高官下女小娘

                                                                         
                                 ツホ゛ネ
            ヨク

足よわをまめな男がつれてにげ              局の天狗牛若を能つかひ

                        
芥川すすきの陰へししをさせ                業平がするたび伊勢は帳につけ

                        
寝がえると又したくなる中納言              行平は潮じたての口も吸い

                        
兄はふたり弟はやたらする                  行平が帰ると地下のものにさせ

                        
業平はどうでもしなと度度言われ            かほるぞとおもって寝たら匂ふ宮

                        
くろいとこ見ようものなら久米即死          毛が少し見えたで雲をふみはずし

                         
気も早太コリャたまらぬとかきつばた        返すからさせろと三保の猟師言い

                        
義朝と己とはどうだ等と濡れ                弘法はわが身つねってみぬと見え

                        
門院は入水のほか濡れたまい                牛若の目がさめますと常盤言い

                        
門院は赤貝にでもなるところ                残念かいいか常盤泣いてさせ

                        
小宰相まずいへのこでされるなり            泣きながらした跡をふく小さいしょう

                                                                      
                                 カタキ

常盤めをこれでと長田握ってみ              敵にも帯を常盤のよるの鶴

                        
実盛と後家若武者に黒油                    義朝は抜き身を下げて討ち死し

                        
義経は母をされたで娘をし          
浮舟ハ帆柱一本もてあまし

                        
朝日には融ける巴の雪の肌                  その後は巴毎晩組み敷かれ

                        
重忠は巴と組んで手を洗い                  抱きしめられて木曽殿度々気絶

                        
大味を承知で和田は拝領し                  義盛はしめ殺すなとそっと言い


             
おつむりと下は違うと政子言い            頼朝は後家にぞっこんのみ込ませ
                                                                                                  
                                            ハ

五右衛門が親庚申の夜をわすれ              正直にお七生えたと申し上げ

                                                 
男根壱本三千人の廻り持ち                  三千のきさきへのこのむき次第

                        
玄宗のいろ事あついさ中かなり              七ばんされてよまいこと貴妃ハいい

                       
やうきひと織女一所によがるなり            越前は一生おさな顔失せず

                        
鼻息で知れる隣の仲直り                    嫁の屁は五臓六腑を駈けめぐり

                                                                       
                                 オオマラ

鼻息が荒い荒いと夜這言い                  大男茎で後家は五臓をしぼるよう

                         
行つくまではなえきっている夜這            明け方につめたい夜具へ這い戻り

                        
新世帯人の思ったほどはせず                気のきかぬ長い日だのと新世帯

                        
まだ伸びもせぬにもう来る麦畑              いろりにて口説きおとして麦の中

                        
初手二番ほどは二階がぬけるよう            根太のおちるほど精を出す若世帯

                        
くらき夜に艶なる声や涼み台                若後家はあがりものだと和尚しめ

                        
六十にして立つ御隠居はたのもしい          あっためてくれなと足をぶっからみ

                        
一枝は折ってみたがる木瓜と後家            いただいたたった一夜で高いもの

                        
夫婦旅昼は道連夜はなさけ                  甚兵衛の女房とうとう泣き殺し

                        
もう泣きはせぬからよやと女房いい          わるいくせ女房よろこび泣きをする

                        
不届きさ池へ響けるよがり声                夜具の返礼すすり上げすすり上げ

                        
叡覧も恐れず女房はよがり出し              やたら茶を呑む妾出る気なり

                         
ここで三両かしこで五両とって垂れ          あれさもうもうと水牛で一人云い

            
暁月坊        女院の御前の広くなることは 暁月坊がしじの入るゆえ

(藤原為守)新撰狂歌集

       
山崎宗鑑      知らねども女のもてるものに似て      内はあかくて外はまっくろ

(犬筑波集)

           
平賀源内      春も立ち夏もたち秋も立つ 冬もたつるになえるむだまら

(志道軒門人 悟道軒誌)

                            
せんずりは隅田の川の渡し舟 桿をにぎって川をあちこち

                                                             
                                ウワソ゛リ
       ナカ゛マラ         カラカサ

紫色雁高我開令入給          黒 白 上反 下反 長陽根 かわかむり 傘 うつぼ