参加した子どもたちの体験感想文
                   〜山口県少年少女の船@〜

岩国市 小5 【女】
 私は日本一周の船に乗れたことを誇りに思います。船ではたくさんのことを学びました。8泊9日の集団生活という場で、初めて出会えた仲間たち、その地域の人たち、指導員さん達に会えて本当によかったです。班では最初、バラバラしていたけど、仲が深まり、何でも話せるようになりました。ご飯も一緒においしく食べて、一緒に寝て、一緒に遊んで、協力して、時には叱られて、ものすごく楽しかったです。
 何より学んだことは、友だちの大切さ、たて社会の楽しさ、きびしさ、時間の大切さ、人の話の大切さ、それに船の旅は私に自信、勇気を与えてくれました。

岩国市 小6 【男】
 ぼくは、人前でしゃべることが苦手だったけど、少し変わりました。そして、前までは、人に指示をだすのは得意じゃなく、1人でやってしまっていたけど、船で1人よりも2人、2人よりも3人、3人よりも4人とみんなで協力の大切さを知り、今ではたのめるようになりました。他にも自分に自信が持てるようになりました。

宇部市 小6 【男】
 この船に乗って、みんなで協力することの大切さを知りました。なぜなら、みんなをまとめるときにみんなが協力してくれて、とても助かったからです。集団生活は、みんなで仲良くなれば、色々行動がはやくなって、難しくないということがわかりました。

美祢市 小4 【女】
 わたしが、少年少女の船で学んだことは2つあります。1つ目は、「自分のことは自分でする」です。家では、お母さんに全部してもらっていたので、大変だったけど、お母さんの大変さがわかってよかったです。2つ目は、団体行動です。はじめは知らないひとと一緒に行動するなんてむりだと思っていたけど、2日目にはなかよくなれて、さいごには、船の旅が終わるのが、かなしくなるくらいなかよくなりました

周南市 小5 【男】
  ぼくは、船に乗ったおかげで、できるようになったことが2つあります。1つ目は、自分から発表できるようになったことです。なぜ発表できるようになったかというと、全員発表しなければいけない時に、発表するなら早いうちにすましたいと思って発表したら、失敗せずにできたからできるようになりました。2つ目は、時間を守れるようになったことです。なぜかというと、何時に集合とかいわれて、ぼくは、副班長としてしっかりしないと、と思ったので、時間をちょこちょこみて、時間になったらみんなに知らせているのをやっていたら、くせになったので、できるようになりました。このできるようになったことをこれからも生かしたいです。

下松市 小6 【男】
 船で学んだことは仲間の大切さです。僕が班長として何度注意しても、なかなか言うことを聞いてくれないとき、副班長が手助けしてくれて、とても助かりました。
 それから本当の優しさです。純粋に優しくすることも優しさだけど、注意してあげる優しさもあることをこの船に乗り気づかされました。お互い注意し合う事で自分の悪いところが見つかり、高め合うことができたと思います。

山口市 小3 【女】
 船でがんばったことは勇気を出して話しかけ、友だちを作ったことです。私ははずかしがり屋なので、今まで勇気を持って話しかけることができませんでした。でも船では自分に勇気が持てました。だからたくさんの友だちができました。うれしかったです。

山口市 小6 【男】
 この船に乗る前と乗った後の自分は違うと思いました。乗る前は全部人に任せていたけど、乗った後は人に任せず、出来ることは何でも自分でやっているので、自分自身ですごいと思いました。この経験を生かして、もっと成長していきたいです。

防府市 小3 【男】
 ぼくはこの船で、協力するともっと楽しくなることを学びました。船では大変な時はみんなではげまし合いました。がんばったことは、自分勝手な行動はせず、ふざけている人がいたら注意したことです。この船が終わって家に帰ると、お父さんやお母さんにずいぶん成長したねと言われました。

山口市 小3 【女】
 私は山口県少年少女の船に乗って、ひとに「ゆずる」ことができるようになりました。どうやってゆずれるようになったかというと、お姉さんたちがいろいろゆずったりしているところを見習おうと思ったからです。もう一つ、学校で発表がたくさんできるようになりました。班別会の時にたくさんの人が発表していたので、「私も発表してみたいな」と思ったからです。
 船で楽しかったこともあれば、つらいこともありました。でも思い出は大人になっても心に残っていると思います。

長門市 小5 【女】
 最初は友だちができるか心配だったけど、船に乗ってすぐにたくさんの友だちができました。そして自分のこと、学校のこと、いろいろなことを話すうちに、お互いがすごく大切な友だちになっていったと思います。船を降りた後、まわりの人から「明るくなったね」と言われました。私は船に乗ってもっと明るくなりたかったからすごくうれしかったです。自分が成長できて本当に乗ってよかったです。

山口市 小6 【女】
 私がこの船で学んだことは仲間の大切さです。最初は年がちがう子と、うまくやっていけるだろうかと思っていましたが、意外にもすぐに打ち解けていました。一緒に生活していて、この船が終わる時を思うと悲しくてたまりませんでした。別れの日に班でお世話になった指導員さんや友だちが新幹線から降りていくのを見た時、見送ってもらった時には、涙が止まりませんでした。色々な人から「出会えてよかった」と言われてすごくうれしかったです。この船で学んだこと活かし、これから出会うたくさんの人を大切にしていきたいです。この船に参加して本当によかったです。