体臭

たばこと体臭

喫煙は、たばこ臭くなると思われがちですが、それ以外にも体臭に大きく影響することがわかっています。
たばこは、どのような汗をかくかということに大きく作用するようで、体臭について悩んでいる人のニオイをさらに強めてしまう場合があります。
たばこの中のニコチンという成分は、体のどの部分にとっても良いものではありませんが、ニオイに結びついている視床下部に対しても影響します。
視床下部とは、体の温度をちょうど良い状態に保つための役割を担っていますが、たばこのニコチンがエクリン腺から汗が大量に出るように促してしまいます。
エクリン腺により出される汗というのは、ほぼ全てが水分で、それだけでニオイの元になることはありません。
しかし、汗をいっぱいかいた後に水分が残ったまま蒸れてしまうと、細菌の好む環境を作り出してしまい、体臭が生じてしまいます。
ニオイのする汗が出るアポクリン腺からの汗がそれほど出ていなくても、エクリン腺から多く汗が出るとニオイは強くなるのです。
それにニコチンという成分は、アポクリン腺の一部の働きに命令を出す交感神経にも悪影響があるようです。
交感神経に働きかけることで、ニオイのする汗の発生が多くなり、体臭が強くなってしまいます。
このように、たばこは二つの汗腺に悪影響があるため、体臭に困っているならば、たばこをやめるのも良策かもしれません。
禁煙することは、厳しい道のりかもしれませんが、体臭が改善されるかもしれませんので、まずは一度チャレンジしてみるのも良いでしょう。
スネ毛脱毛|裏も忘れずに処理するのは大変

わきがと体臭

体臭の典型的な種類にわきががありますが、わきがには腋臭症という呼び方があります。
腋臭症の「腋」は「脇」のことを示しているので、その名称のまま、脇のニオイ症状のことを言います。
脇というのは、ニオイのもととなる汗が発生するアポクリン汗腺が無数に点在していて、皮脂腺からのものと一緒になると特徴的なニオイを放つようになります。
アポクリン汗腺というのは脇の毛穴から汗を出すため、脇毛が大量にある人は、アポクリン汗腺が多いと言われています。
元々ニオイがあるアポクリン汗腺からの汗ですが、多くのアポクリン汗腺を持っているからといって、体臭がひどいということではありません。
その他の理由によって左右されるため、脇毛がたくさんあるから体臭がきつくなると思わなくてもよいでしょう。
わきがが気になってくるのは、思春期頃が最初であると知られていて、この年頃にアポクリン汗腺の活動が活発になります。
わきがのニオイをさらに強めるのは、肉類や乳製品などの食品だということが分かっていますので、脇の下からニオイがしているような気がするなら、少なく食べるようにしましょう。
さらにわきがは性別関係なく現れるもので、ドラックストアの棚には、ニオイを防ぐための商品が多くあります。
日本人は、元々はわきがなどの体臭を持つ人は少ないと広まっていましたが、わきがを懸念する日本人も多数出てきました。
ニオイを防止する商品なども売られていますが、自分から発生している体臭の要因を確かめておかないと、正確でないやり方で結局効果が出なかったということになりかねませんので、間違いのない認識が要ります。