-Outline of the lecture.

Home

講義概要

メンバー紹介
日程・ルート
プロジェクト
ホームステイ&文化紹介
協賛企業
リンク

 

 

まずは知ってほしい講義の目的。


講義概要

 

 

この講義は2名の教員と2名の教員補佐のもと、早稲田大学の学部生9名がブータンでの実習に向けてビジョンを自ら設定し、全員が役割を担当して、帰国後も報告会や報告書作成に向けて試行錯誤しながらチーム運営を行います。授業は受講生が教員・教員補佐とホウレンソウ(報告・連絡・相談)をしながら作り上げ、実践を通して学ぶことが目的のひとつでもあるため、時間外の話し合いや問題解決など苦労は大きいですが、その分得るものも大きい講義です。

今年は2週間の実習中、現地の学僧や学生との文化交流、JICAのプロジェクト&青年海外協力隊・シニアボランティア訪問、ブータンの歴史的建造物や名所訪問、また農家宿泊という形で生活を共にしながら宗教・職業観・価値観・生活などの異文化を体験・理解をしました。

 さらに、自分の人生のテーマに沿った「個人研究テーマ」について事前に研究・プレゼンを重ね、実習を通して見聞したことを考察し、帰国後に実習報告書を提出します。

 

活動内容

目標

 

 

 夢の実現! 夢を叶えるには、目の前にある環境をどう捉え、どう関わって行くかという行動が大切。身近な異文化理解と実践が、夢や目標を実現する手段となることを学ぶ。異文化に身を置いて自分自身を見つめながら、生き方、将来の職業、そして夢の実現に役立てる。

 たくさんの人と自主的に関わり、共存し、認め合う。これらの経験を通して学びを増やし、自分の成長に繋げる!お互いが正直に向き合ったり、メンバーそれぞれが描く生活象をこの実習を通して実現したりすることが私たちのビジョンです。

 「GNP(国民総生産量)よりGNH(国民総幸福量)を豊かさの指標に」と国王が宣言するブータンで実習を行うにあたり、メンバーが自分のミッション(役割)を果たすことにより全員のビジョンを達成する。その結果、周囲の人たちの生活や未来をも幸せで楽しいものにしていけたらと考えました。

ビジョン

〜幸福の国ブータンで見つける

楽しい未来〜

坂本先生からメッセージ

 「いい感じで個性を発揮!」

「い」イメージ 目標・ビジョン・ゴールをしっかり持つ。これができれば、ほぼ成功!

「い」意志 自分で決めたことは最後までやる。自分が納得できるようにやる!

「感」感謝 多くの人の支えがあって今がある!自分ひとりでやっているのではない。

「じ」準備 やった分成功する。成功のための8割は準備。「偶然は準備のない人を助けない」

「で」できる! I Can Do It !! You Can Do It !! 自分を信じる。一人じゃない!前向きに!

「個性を発揮!」チームワークとはそれぞれの個性を生かし、お互いのためにこうしてあげたい!という環境の中、結果を出していくこと。他人と比べるのではなく、自分にしかないもので勝負する。オンリーワン=ナンバーワン。自分でも気付かない可能性が自分にはある!

チームワークを向上させる為に全員が常に大切にしているもの。それはホウレンソウ!

 

「報告」→自分のしている作業・経過・結果を他のメンバーにオープンにすることでお互いの状況がわかり、信頼や助けを得ることができる。

「連絡」→メンバーにとって必     要な情報を提供し、     共有する。具体的な     情報ほどメンバーは安心。

「相談」→一人で解決できないとき、みんなで意見を出し合う。何を相談したいのかを明確にし、自分なりの考えや対策を用意してから相談する。「いい聞き方」をすることで活発な話し合いが可能になる。

 

リーダーから一言

「ホウレンソウ♪」