「続いてエントリーナンバー五番、神北小毬さんのご登場です!」

司会進行の声と同時に一瞬会場が暗くなり、それからドゥルルルルルルという効果音と煌びやかなライトアップがステージの上を走る。
僕は隣で「それにしても皆綺麗だね〜」とのんきにポップコーンを口に運びながら眺めている小毬さんを見て、いぶかしく思いながらも同意した。

「そうだね」
「理樹君も、あんな感じの女の子たちが好みだったりするのかな〜?」
「何を言ってるのさ、からかわないでよもう」

つんつんと肘で突っついてくる小毬さんに、やはり軽く疑問を覚えながらもそう返した。
横目でみると、ちょうど彼女はカップを傾けて最後の一欠片を喉に流し込んでいるところだ。
僕は首をひねりながらもステージを注視する。
なにかがおかしい。
そんな僕の疑問を反映するように、会場には奇妙な空気が流れ始めていた。

ざわざわ……ざわざわ……

あるべきはずのものがない――ちょうど水族館に魚が見当たらないような――空虚さが滲みつつあった。
ステージ上の進行役が焦っているのが見て取れる。
何かアクシデントがあったのだろう、そしてそのアクシデントとはおそらく――

「神北さーん? あれぇおっかしいなー、たしかにエントリーされてるんだけど……」

ぐだぐだな進行に野次が飛び始める。
なにしてんだー、はやくだせー、と一部の男子生徒たちが囃し始める。
するとその流れは急速に伝播していき、あっという間に「だ・せ! だ・せ!」コールへと変わっていった。

「……? なんか騒がしいね? 何かあったのかなぁ?」
「あったっていうかなんていうか――」

いいのか? 
僕は言っていいのだろうか?
『神北小毬って、あんたのことやーん!』とかツッコんでいいのだろうか?
いやまてあわてるな、いくらなんでも自分でエントリーしておいて――そういえば僕はそんなこと一言も聞いてなかったけど――忘れてましたなんて大ボケはかまさないだろう、小毬さんだからといって。
きっと同姓同名の誰かさんなんだろう。
でも『神北』なんて苗字そうそうないよなぁ……?
やっぱ言ったほうがいいのかもしれない。

「あのさ」
「うん?」
「神北小毬って小毬さんのことじゃないの?」
「うん、私の名前は神北小毬だよ?」

それがどうかしたの、と小首をかしげる彼女の頭を思い切りすぱーんとはたいてやりたい気持ちになったけど、ぐっとこらえて僕はなんとか理解してもらおうと説明を始めた。

「いやだから、今ステージで呼ばれた『神北小毬』という人物と、僕の隣で意地汚くポップコーンのカップをゆさゆさ揺らして最後の一粒まで味わおうとしている君――要するに小毬さんは、同一人物なんじゃないかってことを僕は言いたいんだ」
「……ふぇ?」




 戻る