Q.シチュエーションを指定します。その時に有り得るプレイをお答え下さい。



「うわー……プレイとかえっちぃー」

「ちょ……葉留佳さん、出番まだだから」



 ……野球のお話です。



























" リトバス的詰め野球 "



























1.無死一塁



 宮沢謙吾の場合。

「無難なのは送りバント、もしくは進塁打だろう……ランナーに足があるなら盗塁も良い」

 なるほど、確かに無難です。



 来ヶ谷唯湖の場合。

「謙吾少年の意見ももっともだが、イニングが残り少ないのならエンドランもアリだろう」

 ゲッツーを恐れるよりチャンスを広げるわけですね。



 棗恭介の場合。

「気合で肉体を凌駕する」

 してどうするんですか。

「なんつーか……『あれ、俺打てそうな気がする』って感じがビンビンしてくるだろ?」

 野球して下さい。










2.一死二塁



 二木佳奈多の場合。

「なんで私が……送ってもいいけど、一死よね? なら確実に右方向のバッティングを心掛けるわ」

 少なくとも進塁打かタッチアップ、というわけですか。なるほど。



 西園美魚の場合。

「もし送るのであれば、確実にサードに捕らせるように三塁線上を狙うべきですね……ピッチャーに捕られては駄目です」

 詳しい説明をありがとうございます。
 ピッチャーに捕られてランナーが刺されては本末転倒ですし。



 棗恭介の場合。

「打球の中に優しさを込める」

 意味がわかりません。

「基本的に打球ってのは厳しいものなんだ。その中に優しさを込めてみろ……野手が『あれ、俺この打球捕っていいのかな……』ってなるだろ?」

 野球して下さい。










3.一死三塁



 笹瀬川佐々美の場合。

「もちろんスクイズが一番に来ますわ。でも相手に読まれる場合がありますし……でも初めから外野フライのつもりのバッティングでは駄目ですの」

 なるほど、経験者らしいご意見ですね。



 棗鈴の場合。

「内野の間を抜ければ一点だ」

 いえ、詰め野球なんですけど。

「ヒットだって立派な野球だぞ?」

 いや、そうですけど。

「一点」

 はい、もういいです。



 棗恭介の場合。

「あえてバットを置いていく」

 野球して下さい。

「いや、これだって立派な野球さ……バットを持たずに打席に立ったら、『こいつ、何をする気なんだ……?』って雰囲気になる。必然的に相手を動揺させることができるのさ」

 三振しますよね?

「追い込まれたら『あ、ごめんなさい……バット忘れちゃいました☆』ってドジっ子っぽく言えばいい」

 いい加減にして下さい。










4.一死一三塁



 能美クドリャフカの場合。

「転がせば一点ですが……ゲッツーもありますし……わふー、どうしたらいいんでしょうかっ」

 詰め野球なのでそんなに悩まないで下さい。
 もっと楽に考えて(他の人ほどは勘弁して下さい)。



 三枝葉留佳の場合。

「長打で二点ですネ!!」

 打てれば苦労しないです。
 というか一塁ランナーそんな無理しないです。

「えー、私なら還ってきますヨ? 返球は二の次で」

 生還できてませんよね、それ。



 棗恭介の場合。

「ピッチャーに向かって『俺はお前を打たねえ!!』と全裸で言う」

 集●社さんごめんなさい。
 パクリはご遠慮下さい。

「違う。これはパロディだ……そして相手も『あれ、こいつ打たないんだ……』って心を許し、俺と友情が生まれる。正にスポーツマン」

 スポーツでスポーツマンして下さい。
 というか誰かスクイズ言いましょうよ、この場合も一番に出てくる作戦ですよ。

「あえてやらないのさ」

 詰め野球して下さい。















5.井ノ原真人の場合



「全打席ホームラン」

 詰め野球して下さい。















6.神北小毬の場合



「楽しんでやるのが一番だよ〜」

 いえ、詰め野球なんですが……。

「……野球、楽しんじゃ駄目なの?」

 あ、いえ、そういうわけじゃないんですけど。

「野球……」

 ……楽しみましょう。

「うん、それが一番だよね〜」

 詰め野球……。

























7.直枝理樹の場合



「……なんだかなぁ」

 お互い苦労しますね。

「ですね」

 ですね。





おわり。



後書き




↑ご感想があれば是非!↑