※ このSSは不快な表現・過剰なパロディが含まれております。
  ご理解頂ける方だけスクロールし、本編をお読み下さい。
  また前半部分は理樹君が全裸になって外に放り出されるお話。と同一です。
  EXオリジナル部分だけ読みたい方はこちらからどうぞ。
























「いえーい! 理樹連敗ー!」

「いえーい!」

「筋肉いぇいいぇ〜い!」

 土曜日の昼下がり。いつものように集まってみたもののやることがなく、部屋の端っこから引っ張り出してきたのはトランプ。
 しかし、だ。

「普通にやっても面白くねえな」

 一言。
 たったその一言で、僕は不幸のどん底に落とされた。

「よし、脱衣大富豪をやろう」



























" 理樹君が全裸になって外に放り出されるお話EX。 "



























「――って言ってもさ」

 そう、と言ってもだ。

「僕、もう全裸なんだけど」

 そう、連敗だ。最後の一枚を脱ぎ終えた、その次も負けた。
 でも仕方がないじゃないか、だって大富豪って大富豪と大貧民、富豪と貧民がカードを入れ替えるというルールがある。ということは必然的に戦力に偏ることはわかりきっているわけで。

「あ、そーいやそうだな……俺らもほとんど変わらねえから気付かなかったわ!」

 そして真人も謙吾も俺も俺もー! と皆でガッハッハッと笑い合う。いや笑い事じゃないと思うんだけど。
 恭介はタンクトップにパンツ、謙吾も上半身裸に袴。そして真人に至ってはバンダナだけだ(というかアレはワンカウントに入るのか?)。
 明らかに異様な光景だし誰かが見たら勘違いするに決まっている。ちなみに一番見られたくない相手は西園さん、それなら皆でいるよりまだこの手で隠している部分を二人きりの場所で見せた方がマシだ。
 いや捕まると思うけど。

「うーん……どうするか、"この格好"を活かせるモノが良いんだが」

 活かさないでよ!

「このまま踊る……とか?」

 絶対嫌だ!

「いやいや、それじゃ足りねえよ。隣の部屋に行って『チワース! お届けにあがりましたー!』ってのはどうよ?」

 何を届けてるんだ!
 駄目だ、ロクな意見がない。このままだと色々危ない――というか捕まる。もしくはそれに準じる何かをやらされる。
 ああ、でも僕が負けたのは事実だ。流石に犯罪級のことは無理でも、それに準じるレベルならやるしかないのかもしれない。
 だって僕は――リトルバスターズの一員だから。

「もっとスリルがあるのが良いよなぁ……学外はヤバイとして、学内。学内か」

 そのまま恭介はうんうんと唸り始める(タンクトップにパンツで)。こういう時の恭介は何を言っても聞かないから僕ら(袴とバンダナと全裸)はそのまま黙って推移を見守ることにする。

「そう、ギリギリ――だ。犯罪スレスレならセーフだろう」

 スレスレはセーフかもしれないけど、色々とアウトだと思う。

「じゃ、外に行こうか」

 僕は泣きたくなった。










                   ◇









「いやいやいやいや! 完全にアウトでしょコレ!」

「大丈夫、お前ならやれる!」

「根拠のないこと言わないでよっ!」

 僕が連れて来られたのは、男子寮一階の最端の部屋――の窓際。
 そこでさっきと変わらない格好の三人に、さっきと変わらない格好で外に放り出される。

「簡単だろう? 寮の周りをぐるりと一周するだけだ、幼稚園児でも・・できるぜ」

「幼稚園児だからこそ・・・・・だよね!? ソレ!?」

 完全にニュアンスを間違えている恭介に、全裸のまま突っ込む僕。
 シュールすぎる。

「じゃ、ここの鍵掛けるから……時計周りだぞ? 一階の窓の鍵は全部掛けたからって、二階よじ登ったりするんじゃないぞ?」

 ご近所さんにも通報されるよ! それ!
 と心の中で突っ込んでるうちにかちゃり、と窓の鍵が締められる。うわ、ホントに退路絶ったよこの人たち。

「絶対捕まるよ、コレ……」

 この寮裏のバックストレートはまだいい、裏手は森だし一階も空き部屋ばかりだ。足元と虫さえ気をつければ造作ない(と思っちゃってること自体が嫌なんだけどさ)。

 問題はその先――女子寮横、女子寮と男子寮を繋ぐ渡り廊下。

「捕まるとか、そーゆー次元じゃない……」

 足元に気を付けながらその死地に向かうが、正直覚悟は決まってない。

(……いや、無理でしょ)

 そりゃ決まらないよね、ほとんど犯罪者になる覚悟のようなもんだもん。
 よし、いざとなったら窓ガラスを突き破ってでも男子寮に入ろう。それなら停学程度で済むかもしれない。そのまま捕まったら退学だけど。
 ややぬかるむバックストレートをできる限りのスピードで抜け、女子寮が目視できる位置まで来る。この角度に屈めば女子寮から僕の姿が見えることはない。と思う。

(まだ足音が聴こえる……)

 土曜日だからか、渡り廊下を行き交う人は割と頻繁だった。男子の声、女子の声。それらも交じり合ってなかなか飛び出す機会が見つからない。
 渡り廊下を越えるには一度よじ登り、そしてまた向こう側へ飛び降りるしかない。正直意味わからないけど、ここまで来るとやらざるを得ない。

(ああ……ヘンな嗜好に目覚めたらどうしよう)

 切に願う。それだけは止めて欲しい――と。
 そしてその時、音が切れた。

(今だ――!)

 足早に裏手を抜け、女子寮の壁にへばりつく。男子寮側だと見られる可能性がある、なら灯台下暗しの精神でここにいるしかない。

(ああ――駄目だ。僕人間としてもう、駄目だ)

 そう思っても歩は止められなかった。だって捕まるのは嫌だし。
 なんとか渡り廊下まで辿り着き、よじ登る。ああ、痛い。色々痛い。絵的にもそうだし、全裸で守るものが何もないし。ホントなんなんだよこの罰ゲーム。
 なんとか渡り廊下に降り立ち、向こう側に降りようとした時。

「――全く、男子寮くらい一人で行きなさいよね。クドリャフカ」

「わふー……すみません佳奈多さん、お忙しいのに」

(まずいっ……!)

 古くなった木製の床を叩く音と一緒に聞こえるのは、僕の知っている人物たちの話し声だ。しかもその発言からして完全にこっちに向かってきている!
 急いで渡り廊下のよじ登り、飛び降りる。そして今度は足の痛みなど気にせずに全力で走り抜ける!

(ま、間に合ってええええー……!!)

 ああ、光が見える。このストレートを走り抜ければほとんどゴール。そこを右に折れればほんの数mでこの苦行から解放される。
 そうか、これは俗物的なことじゃない。僕はこれを乗り越えることができれば、人として大きく成長できる。うん、そうだ。そうなんだ。というかそう思うしかないでしょ!
 その一心で、走り抜けた。

「――? 何か聴こえませんでしたか?」

「いえ、私には聴こえなかったけど……何の音?」

「わふー……何かが走る音、というか……」

 遠くに聴こえる、二人の声。でも僕の姿は見えない。
 何故なら駆け抜けきって、僕は男子寮入口の壁伝いに座り込んでいるから。

(ギリッギリだ〜……)

 息を大きく吐いた。もしかしてクドがすぐにこっちを向いていたら、背中くらいは見えたかもしれない。でもそれも運だ。僕が引き寄せた――ラックだ。
 身体についた埃を払い、誰もいないことを確認して立ち上がる。あと数m、ここまでくると悟ってくる。

(顔さえ見られなければ――どうということもない)

 そう、これは悟り。やっぱりこれは苦行だったんだ。
 あの目覚めた人、仏陀と同じように――僕は悟りを開いた。彼が出家して、断食などを苦行を行うように、僕は全裸になって青春イマを駆け抜けた。それを苦行と呼ばずなんと呼ぶのか。

(いや……苦行だよ、間違いなく)

 だって辛かったもん。
 寮の前に立つ。そこには見慣れた風景があった。それでも今は、それが別の風景のようにも思える――変わったのは風景? それとも、僕?  さあ行こうか、新しい世界へ。

「――こまりちゃん、何も今忘れ物を取りに行かなくても良いのに……明日日曜だし」

「だめですよぅ、今日は宿題が出ていましたっ。二人でやりま――」

 うん、苦行だよね。ホント困ったものだよ。
 僕が全裸大富豪に参加したのも、連敗したのも、全裸で駆け抜けたのも――こうして最後の最後で女子寮でなく、校舎から鈴と小毬さんが姿を現すのも。

――すべては、苦行。苦しい行いと書いて、苦行。

 いや、むしろ。

「いやっほおおおーっ! エクスタシィィィィーッ!!」

 そう、仏陀は目覚めた人。そして僕も今、目覚めた。
 ……なんというか、性的な意味でね! さあ行こうか、新しい世界へ!

「おわっ! 理樹、お前全裸で何やってるんだっ!? 罰ゲームかなんかかっ!?」

 突然再スタートした鈴が意味のわからないことを言ってくる。
 罰ゲーム? なにそれ? おいしいの?

「何言ってるのさ鈴! こんなカ・イ・カ・ン☆なことが罰ゲームなわけないじゃないかっ!」

「腰を振りながら近付いてくるなっ、きしょいっ! お前セー●ー服と機関銃かっ!?」

 むしろ全裸です☆
 僕に滅多に向けられることのない、鈴の罵倒。そうか、恭介や真人は毎日これを聴いて暮らしていたのか。
 なんとも辛辣で、身体の芯まで突き刺さるような一言なんだろう。

「だがそれがいいっ!!」

 むしろ二人が羨ましくも思うよ!

「ええいっ、お前なんかと付き合ってられるかっ! 行こうこまりちゃん!」

「ふぇ……」

 顔を真っ赤にしてフリーズしている小毬さんの手を引き、そのまま女子寮の中に入って行こうとする鈴。

「うっひょひょーい! ボ・ク・も☆」

「来るなっ! マジで捕まるぞっ!?」

 さっきとは一転、僕を心配してくれてるなんて……ねえツンデレ? これってフラグなの?
 フラグ回収は男の務めですよねー!

「全裸でフラグビンビン! これってマジ最強だと思わないっ!?」

「おまっ……物理的にもビンビンじゃないかっ! それはリアルにドン引きだぞっ!?」

 おっと、これからの日々を考えたらついつい僕の太陽(My Sun☆)が反応しちゃったよ。正直者なのにまるでピノキ●の鼻のようだよ。
 版権料はお支払いしませんNo Cash!

「い、いいからなんか着ろ! 相談事ならいくらでも乗ってやるからっ!」

 おっと、鈴ちゃんの頬も赤くなってきたね? もしかして恥ずかしいの? ねえねえ恥ずかしいの? 今どんな気持ち?(AA略)
 そーゆー反応されちゃうと、僕の太陽もますます輝きを増しちゃうよっ!

「いやっほおおおーっ! ベッドで相談乗っちゃいなよっ、ゆーっ!!」

「乗るかっ! ぼけぇーっ!!」

 そのままいつも真人に向けられているハイキックが僕へと向けられるが、そんなもの当たらないよ?
 だって僕は服という足枷がないんだもの、身軽さだった鈴にだって劣らない。当たらなければどうということはない!! そのまましたこともないバク転なんかもやっちゃう。
 うひょ! できちゃったし!

「お、お前……ヘンだぞ? 心底ヘンだぞ? 未だにこまりちゃんの意識が還ってこないくらいヘンだぞ? というか今の絵的に最悪だったぞ?」

「目覚めた人・直枝理樹☆」

 なんとなくグッドラックのポーズと一緒にやってみたりする。やべ、僕超イカしてない?

「ぶ、ぶったにあやまれ……ボンノーだらけだからあやまっとけ」

 おやおや、悟りを開いた僕にそんなこと言っちゃうの? キャスト・オフしたこともないのにそんなこと言っちゃうの?
 これだから常識に囚われた人間は困る。常識を逸した中に天才や神は生まれるというのに。

「僕は新世界の神になる!」

 でもポーズは某ギャング・スターを目指すコロネ風に!
 ピノ●オがが丸見えになっちゃうポーズだけど、それもまた一興。そして鈴は一驚。

「共通点一人称くらいしかないぞっ、お前! しかもそれ違う人のポーズだろ! 共通点ジャン●だけだぞっ!?」

 フフ、でも片方は今やウル●ャンだよ? 同じ集●社だけどね?
 理樹教の開祖になることを決意した矢先、男子寮の方から悲鳴のようなものが聞こえる。
 この声は――クドと二木さん?

「な、なんだ今の悲鳴!? また全裸が出たのかっ!?」

 ついに固有名詞で呼ばれなくなっちゃったZE☆
 更に悦に入っているところに、また聞き慣れた声が聞こえる。

『いやっほおおおおーっ! 棗最高ォーッ!!』

『いえーいっ! 女なんかいるもんかーっ! ベーコンレタス最高ォーッ!!』

『オレの肉体美を見てもらえる喜び……ああっ、エクスタシィーッ!!』

「「いやあああああーっ!!」」

 ああ、そうか。僕らは仲間だったんだ。
 僕らは子供の頃から一緒にいて――これからも、一緒にいる。だからこうなることは必然だったんだ。
 そして男子寮から飛び出してくるクドと二木さん――と全裸三人衆。

「わ、わふ!? 理樹もぜ、全裸なのですっ!?」

「い、いやー! 何っ、何が起きてるのっ!?」

 二人は僕の方を一瞥すると、そのまま校舎の方へと走り去る。フフ、シャイだね二人とも☆

「フォーウッ! 理樹もここにいたかっ、一緒にエクスタシーしようぜっ!!」

  その二人を追って現れた三人は僕の姿を確認すると、あの時と同じようにポーズを取る。
  僕を日の当たるところに連れて行ってくれた――あの日と同じだ。

「――お前の力が必要なんだ!」

「もちろんだよっ!」

 その手を取り、そして笑顔を向け合う僕ら(全裸)。それを温かく見守る二人(全裸)。それを見てフリーズする二人(制服)。そして走り去った二人(制服)。
 さあ、役者は揃った!

「手始めにあの二人に俺たちの素晴らしさを伝えるぞっ!!」

 僕たちは走り始めた。
 長い、長い全裸道を――!!


















                   ◇
















「……停学で済んで良かったね」

 心底そう思いながら、真昼間から寮室で切れた人形のように横たわる僕(停学中)。

「おう、女子寮にまで入ったのにな……」

 同じく真人(停学中)。

「いや、逆に全員で入ったからだと思うぞ……一部は悲鳴というか、歓喜の声な気がしたし」

 同じく恭介(停学中)。

「なんか『きゃー! 宮沢様がついに目覚められたわー!』とか聞こえた気がするんだが……」

 同じく謙吾(停学中)。
 以上、停学者4名。総苦情件数数十件(リトルバスターズ内部告発も含む)。

「自分でもなんであんなことしたのかわからないよ……ホントに」

 なんというか頭がこう冴えていくような、どこか深みにハマっていくような――どこか臨死体験に似ているような、そんな感じだった気がする。したことないけど。

「ああ、俺も能美と二木が部屋に入ってきた辺りでスイッチがこう、切り替わったっつーか」

「あ、オレもオレも」

「というか、ベーコンレタスってなんだ……」

 各自それぞれが自分の行動を思い返し、悩む。ある意味停学中らしい1ページ。
 悩む内容が『何故自分が全裸になって奇行に及んだのか』なのが凄く嫌だけど。嫌過ぎるけど。

「……ま、いつまでも悩んでても仕方がないし、何かやるか」

 流石に嫌になってきたのか恭介が頭をボリボリと掻きながら身体を起こし、そう提案した。
 僕もそれに賛同し、真人と謙吾も異論はないようだった。というかこれ以上考え過ぎると発狂してしまいそうだった。あれとは違う意味で。

「で、トランプしかないわけだが」

「…………」

「…………」

「…………」

 ああ、フラッシュバック。

「――全裸大富豪、やる?」

「やらないよっ!!」

 僕のツッコミに「ですよねー」、という返しが三つ返ってくる。
 ああ、なんでこの言葉があの日出てこなかったのだろう。僕はそれを今でも悔いている。

「いえーい! 理樹連敗ー!」

「いえーい!」

「筋肉いぇいいぇ〜い!」



――そんなこんなで、いつもの寮室。





おわれ



後書き




↑ご感想があれば是非!↑