AKA 関節運動学的アプローチ
(arthrokinematic approach)

AKA

関節運動学にもとづく治療法で、手技により関節包内運動の改善を行うものです。
1979年から技術開発が行われ、突発的な技術は用いず、滑り、離開といった技術
、および凹凸の法則にもとづく方法に修正を加え、運動療法として開発されました。

AKAの実践からのヒント

多くの臨床経験から関節包内運動(関節面の滑り、回転、回旋の動き)を改善することで
有痛性疾患の多くの場合痛みが消失するということが判明しました。

臨床の中で体幹の関節、仙腸関節、椎間関節、肋椎関節といった関節の運動を改善
することで四肢の関節の痛みが消失すると言うことが発見され、この中でも特に仙腸
関節は
ほぼ全ての症状と関係しており、一次的な関節機能異常はこの仙腸関節に
起こっているもので、その他の関節機能異常はそれまでは椎間間接が原因と見られて
いた症状も、じつは二次的なものであるということが確認されました。

手や腕の痛みに関しても椎間関節よりも仙腸関節が原発であることが確認され
また、ヘルニア、腰椎すべり症、変形性関節炎といったレントゲンやMRIではっきりと
骨の変形などが確認されるケースにおいても、痛みや感覚異常に関してはほとんどが
仙腸関節機能異常に由来するものであると言うことが突き止められました。

日常の姿勢などが原因となり発生した仙腸関節の機能異常が周囲の筋緊張を引き起こし、
その緊張が関節から関節へ伝わり遠く離れた部位に症状として痛みや痺れが現れる
簡単に言えばそういうことで、元の原因は(大元は日常の姿勢などですが)仙腸関節
の機能異常ですので原因さえ取り除くことができたら症状は次第に消えていきます。

軸回旋伸長法

このAKAでの臨床による事実と、操体法における臨床での動きの検証の結果、考案されたのが
軸回旋伸長法です。体幹の関節の動きを主体にし、全身の動きの調和を図るこの方法は
非常にシンプルで、単独で行えるため一度身につければどこでも実践することができます。


サイトマップ


ごあいさつ  施術内容  周辺地図  リンク集  病は気から  操体・ヨガブログ  笑って操体法

なぜ痛くなる??  操体法  AKA  軸回旋伸長法  関節について  腰痛・ヘルニア   しびれ・こり・だるさについて

操体法教えます。 山梨県甲府市  メール

055-226-5913 受付時間9:00〜18:00 不定休
(出張などで留守にしていることもあります、事前のご予約をお願いします。)