痛みの原因についてこう考えます。

 

@痛みとはそもそも何なのでしょうか?
当院での考え方では、自分を守るための防衛機能です。
簡単な話です、どこかに不都合が出るような生活の仕方、
体の使い方に対して、「これ以上はやめたほうがいいですよ!」
体が教えてくれているのだと思います。
Aでは、どうやったら痛みや辛い症状は消えるのでしょうか?
これもごく簡単な話ですが、痛みが必要なくなればいい。
つまり日常での無理がなくなり、体の使い方が体にとって
望ましいようになれば痛みは必要がなくなるので消えます。
   
B姿勢が重要なポイントになります。
正しい姿勢では骨格は安定し関節の動きが正常になるため
無理な力などがかかりにくく、ダメージを受けにくくなります。
C姿勢が悪いと関節は緩み(背骨、骨盤といった体を支える
部分が緩みます。)長時間の同一姿勢、繰り返し行う軽作業、
ちょっとした衝撃などでずれが生じそれが関節の機能異常と
なり、体がこれはまずいと判断すれば痛みが出ることになります。
山梨県甲府市 操体法教えます。 仙腸関節 山梨県甲府市 操体法教えます。 仙腸関節


仙腸関節機能異常
・・・体に現れる痛みの原因のほとんどに深く関係があるのが骨盤の仙腸関節の機能異常です。
 仙腸関節という関節はほとんど動きのない関節で、体の動きを支えるための支点になっている場所でもあります。
自力ではほとんど動かないために一度ずれるとなかなか元に戻らない。体の動きを支える要になっているために
ここがずれると体の動きがうまくいかなくなる。そして、うまく動けないから筋肉が緊張したり違和感や痛みが出る。

 姿勢が悪いということは背中側の筋肉が緩んでいるということです。すなわち仙腸関節を締め付けて安定させている
力が弱くなっている。そこに重力で自分の重さがかかります。さらに悪い姿勢では重心が前後左右いずれかに
偏りやすくなり、日常的にその姿勢を繰り返すと仙骨が力の方向に向かってずれてしまいます。そこから緊張が生まれ
体中に飛び火し、二次、三次的な痛みや痺れといった様々な症状を作ることになります。

建物は基礎がないと建てることができません。また、基礎がゆがめば立て付けが悪くなりドアが開かなくなったり
壁にひびが入ってみたり、いろいろな障害が現れます。いろいろ現れるけど、原因は基礎の歪みなんです(この場合)。
人体にも同じようなことがいえます。中心がうまくいかなくなれば関節から関節へ連鎖して随分離れた場所に症状が出ることもあります。
姿勢が悪いとヘルニアにもなりますけど、同時に仙腸関節機能異常にもなっています。
そして、仙腸関節の動き、機能が回復すればほとんどの場合痛み、痺れなどの症状は治まります。
その辺の詳しい話はこちらのホームページをご覧ください。ものすごく詳しく書いてありますので。
「加茂整形外科」

さて、原因が姿勢であると納得していただけるでしょうか? もしご納得いただけるならもう大丈夫です。

安心してください。



原因さえなくなれば痛みや不快な症状は出る必要がなくなるので自然に消えてくれます。
体は常に健康快適であろうとし続けています。その邪魔をしているものさえなくなればいい。
原因は日常の姿勢、体の使い方です。そこさえ直せば良いわけです。当院での施術は自力によるものですので
日常生活に取り入れていただけます。とりあえずは仙腸関節の機能異常を整えること。そして、整えながら生活の仕方や
日々の姿勢を見直すこと。操体法では病気になる原因を、息・食・動・想の四つの営みが本来あるべき状態から
離れるためであると考えています。「健康とはどれだけ自然法則に従えたかのバロメーターである」と。
姿勢正しく、いつも笑顔で感謝して人に接し、ありがたく食べ物をいただけばそうそう病気になることもないと思います。


サイトマップ


ごあいさつ  施術内容  周辺地図  リンク集  病は気から  操体・ヨガブログ  笑って操体法

なぜ痛くなる??  操体法  AKA  軸回旋伸長法  関節について  腰痛・ヘルニア   しびれ・こり・だるさについて

操体法教えます。 山梨県甲府市  メール

055-226-5913 受付時間9:00〜18:00 不定休
(出張などで留守にしていることもあります、事前のご予約をお願いします。)