病は気から?!

 

心の問題、これは病気だけでなく人生全般についても最も重要な部分であると確信しています。

心の働きなしに、ただエネルギーの代謝をすることだけが人生であるとしたら・・・なんとも寒い世界です。

今まで人は何を求め、人生をどうとらえてきたのでしょう?その結果、世界には何が起きたでしょう?


健康と心のかかわり

健康状態、日々の快適さは心の影響を強く受けています。
心の緊張・ストレスは筋肉を硬化させ身体のアンバランスの原因となります。
動きの悪さ、こり、だるさ、痛み、痺れ・・・、不快な感覚と密接に関わっています。

心の状態は自律神経を介して身体に反映されます。表情や姿勢にも表れます。
身体から見た場合、ストレスとは自分の生命に危害が及ぶと言うことを意味します。
ストレス状態においては身体は闘うための準備をしていますので、傷ついても
いいように抹消血管への血流は押さえられ、内蔵は活動を休め闘いに備えます。
野性の中で生き残ってきた私たちの身体にはそのような機能が備わっています。

しかし、現代社会においてはそういったストレスに出会う機会はあまりありません。
また、本来のストレスとは異なり、現代のストレスは長期的に持続します。
つまり、その場合に身体は長期的に臨戦態勢になるわけです。

血管が収縮すれば十分な栄養が身体にいきわたらないし、老廃物が回収されにくいので
疲れやすいし、回復しにくい。内臓の働きも抑えられているので新鮮な栄養素の供給も悪い。
興奮状態なので睡眠も浅くなる。睡眠が浅ければ身体の回復は悪い。筋肉の緊張も取れ
ない。筋肉が緊張すればそのことでも神経が興奮するので余計に眠れなくなる。。。

内蔵の機能が落ちているところに、食べなければ元気が出ないと無理やり食べ物を詰め込めば
胃腸には大変な負担がかかる。これでさらに内蔵の機能は落ち、薬など飲めばその解毒のため
にさらに大きなエネルギーを使うのでまたもや負担がかかる・・・。
その後に実際的な病変へと進んでいくわけです。


自然治癒力

私たちは自分の意志で生きているのではありません。意志は選択をしているだけです。
私たちを生かしている大きな力が間違いなくあります。自然治癒力はその力の現れです。
良い薬や有名な医師の手術によって治るのではありません。自然治癒力があればこそ治ります。
手術で切り刻まれた身体が回復するのは自然治癒力があるからです。

自然治癒力を高めるために有効な方法があります。
それは、大声で笑うこと。感謝すること。愛を感じること。
ぶらぶらと散歩をするというのも良いようです。

笑いの健康効果についてはテレビなどでもよく紹介されています。免疫力が活性化したり
呼吸力が高まります。感謝は面白いです、リウマチの激しい痛みでベッドから動くことが出来
なかった人が一日3000回「ありがとうございます」というと良いと教えられ半信半疑、うわっつらの
言葉だけで毎日言い続けたところ3ヵ月後には歩き回ることが出来るほどに回復したそうです。
言葉だけで繰り返しているうちに心のほうが変わってきたということで、言葉の影響力というものも
知ることが出来ます。

操体法の創始者、橋本先生も「運命は口から出した言葉の方向に進む」と教えられています。


ストレス

そもそも、なぜストレスに感じるのでしょうか?今の時代選択できる道は無数にあり、自らが
望んでその道に進んでいるはずです。よく見つめなおしてみれば身の回りに起こっていることや
今の状況は自分が望んで選び取ったものだということが分かります。自分が今何をしているのか
見つめなおすことはストレスから自由になれる手段だと思います。

相手が理解してくれないのではなく、相手にしっかりと伝えていないだけなのでは?
相手が思い通りに動いてくれない・・・相手には相手の考えや人生経験があります。
無理難題を押し付けられた・・・本当に無理難題ですか?押し付けた本人ならきっと
解決策を知ってるので解決法が分からなかったら聞いてみては?
みんな自分の幸せを祈っているという点ではなんら変わりはありませんね。
自分と同じ動機で動いてるんですよ、きっと。

 

 

美しい詩に出会ったのでご紹介させていただきます☆彡

 『足跡(Footprints)』 (作者不明)

ある夜、私は夢を見た。

   私は、神様とともに砂浜を歩いていた。

     振り返ると、砂浜には二人分の足跡が残ってた。

    
   一つは私のもので、一つは神様のものだった。
      これは、これまでの私の人生の足跡であった。

   足跡を見ていると、
       私の人生の様々な場面が、走馬灯のように思い出された。


よく見ると、これまでの私の人生の中で、
        足跡が一人分しかないときが、
              何度もあることに気づいた。
 
それは、私が辛く悲しい思いをしていた時期ばかりだった。

ああ、あの時は、信頼していた友だちに裏切られた時だ。
      ああ、あの時は、失恋して落胆していた時だ。
         ああ、あの時は、事業で失敗した時だ。

        私は神様に尋ねた。

「神様、あなたはずっといっしょにいてくれるものと思っていました。
しかし、私がもっとも辛かった時期には、一人分の足跡しか残っていません。
あなたを最も必要としていた時に、どうして私をお見捨てになられたのですか?」

    すると、神様は答えておっしゃった。

「いとしい大切な我が子よ。私は、愛するお前を、決して見捨てたりしない。
お前をひとりぼっちにはしない。一人分しかない足跡は、お前の足跡ではないよ。
その足跡は、私の足跡なのだよ。
悲しみに打ちひしがれるお前を背負って歩いた 私の足跡なのだよ。」




サイトマップ


ごあいさつ  施術内容  周辺地図  リンク集  病は気から  操体・ヨガブログ  笑って操体法

なぜ痛くなる??  操体法  AKA  軸回旋伸長法  関節について  腰痛・ヘルニア   しびれ・こり・だるさについて

操体法教えます。 山梨県甲府市  メール

055-226-5913 受付時間9:00〜18:00 不定休
(出張などで留守にしていることもあります、事前のご予約をお願いします。)