さくらんぼ狩りは桜桃園 群馬県昭和村 沼田よりすぐ 望郷ライン沿い 関越自動車道 沼田インターより10分 昭和インターより7分 練馬インターより90分   
     
 
 
 
     
 
メ ン バ ー と 沿 革  
 
 
                    メ ン バ ー
 私達5人は各自の農園を営みながら、それとは別に共同でこの桜桃園を経営しています。
 桜桃園での役割と自家農園での作目を簡単にご紹介します。  
 代表 会長  根岸 利明  切り花、ヤーコン、ほうれん草  
     副会長  後藤 利雄   リンゴ、トマト、ブルーベリー、うどん、餅
     会計  林 照夫   蒟蒻、スィートコーン、ジャンボにんにく 
     庶務  林 勝美  ふきのとう、蕗、ほうれん草 
     参与  加藤 次男   蕗、トマト 山うど

                   桜桃園のあゆみ
平成 4年   糸之瀬さくらんぼ研究部会設立。 
    5年  富士桜(台木)を200本購入。昭和村糸井の圃場に定植。 
    6年  佐藤錦、正光錦、香夏錦、天香錦、高砂、ナポレオン等を関上技師の指導の下
 で接木する。約90%活着する。  
     8年  接木苗を昭和村貝野瀬桐久保の圃場に移植。 
   10年  昭和村貝野瀬3115ー8番地 現在地に定植。 
   11年  制度資金を借り入れ、ハウスを建てる。さくらんぼ大苗を川場村の農家より購入
 し移植する。 
   15年  初めてお客さんを入れてさくらんぼ狩りの営業スタート。 
   17年  6月の台風でハウス損壊。会員皆ショックを受けるが何とか立ち直り営業再開。 
   18年  作業の効率化を図るためスピードスプレーヤーを購入。適正な農薬使用に心が
 けている。  
   20年  ホームページ作成公開する。素人が作成しているため良いものではないが       充実に務める。  
   21年  役員改選を行い、新会長に根岸 利明氏が任命された。 人気の紅秀峰を接木した。
   22年   ホームページリニューアル。 入園者数が飛躍的にのびた。
   23年   東日本大震災、福島原発の事故によって桜桃園の入園者数も減った。
   24年  再び6月開園直前に台風4号の直撃を受けたが、不屈の精神で修復営業にこぎ
 つけた。
   25年  開花時期の凍霜害、満開時の積雪で不作だったが、多くのお客様にお越しいた
 だき完売することができた。脚立を使用してのもぎ取りにも関わらず満足してい
 ただけた。
   26年  不慮の火災で倉庫や機械等を消失したが、なんとか営業を続けることができ、
 シーズンを終えた。入園者数は今までで最高。
 27年  開花後の好天に恵まれ多くの着花数と果実の出来にさらに多くのお客様に御来園
 いただき大好評のうちにシーズンを終えることができた。
 28年  ホームページ再リニューアル とても素晴らしいホームページになりました。しかしながら史上最悪の大不作で多くのお客様のご期待に沿うことができませんでした。