Multiple Chemical Sensitivity(MCS) 

   
 

化学物質過敏症が病気として認められました。

 

2009年10月1日付けで、ICD-10に対応した傷病名マスターに、化学物質過敏症の名前が載りました。

これで正式に国から病気として認められたことになります。

 

下記のホームページ内の「オンライン病名検索・簡易版」で、化学物質過敏症を検索してみてください。

オンライン病名検索・簡易版 (外部リンク)

 

ICD-10コードの分類は、下記のホームページで参照ください。(外部リンク:エクセルファイル)

http://www.mhlw.go.jp/toukei/sippei/xls/kihon19.xls

 

化学物質過敏症のICD-10のコードは「T65.9」です。これは「詳細不明の物質の毒作用」です。

はっきりと原因物質が何か分からないけれども、何かしらの化学物質によって、身体に毒作用が起こり、

それによって病気になったということです。

化学物質過敏症は心因性の病気ではなく、毒物の身体的なダメージによって発症する病気であると認めていただけました。

これは、ドイツとオーストリアに続いて、世界で3番目の登録です。

 

傷病名マスターに病名として登録されるということは、病院の医師がカルテに正式に化学物質過敏症として診断し、

化学物質過敏症の名前で記入することができるということです。

 

これまで、化学物質過敏症の発症者は、いくつもの病院をたらいまわしにされ、気のせいだとか、思い込みだとか、

精神的な欠陥で化学物質を怖がっているだけではないかと、誤診されてしまうことが多かったです。

ですが、これからは医師が化学物質過敏症のことを知らないというのは、医師の勉強不足ということです。

なんらかの化学物質の汚染の影響で身体に傷害を受けた病気です。


ホームへ

Copyright
(C) 2008-2011 化学物質過敏症知ってね☆うぉーく All rights reserved.