日付ペディア


エボラ出血熱
  • 1976年8月26日 エボラ出血熱の世界初の患者が発生(コンゴ民主共和国)。
  • 1976年9月8日 エボラ出血熱の世界初の患者が死亡する。
    この日、中国初代国家主席毛沢東が死亡する(欧州時間)。

    この日は旧暦で8月15日、日本初の心臓移植手術旧暦100周月記念日

    さらにこの日は、上記心臓移植のレシピエントの死亡8周年記念日。

    ※ 上記2件の語呂合わせから、エボラ出血熱自体が日本の陰謀と言わざるを得ない。
  • 2014年8月8日 世界保健機構(WHO)が、「エボラ出血熱緊急事態」を宣言。
    この日は、日本初の心臓移植手術46周年記念日。

    この日は、富士山の宝永大噴火11万2000周日記念日

日本の医療制度には大きな疑惑がある。

大奥制度を念頭に日本の医療社会を検証すると、そこもまた、江戸城と同じ「大奥」の世界であることがわかる。

つまり、将軍は「名前」のみで、実際の権力は完全に「お姫様たち」に牛耳られていた。

現在の医療制度でも、男性医師は孤立して、看護師を管理する体制になっていない。

看護師たちは、ほとんど婦長と日本政府・霞が関の指示で動いている。

要するに、「医師」とは、責任を取るためのポジションと考えられる。

そもそも、ナイチンゲールがフリーメイソンのメンバーである可能性が高く、天皇一族の支配の一端である可能性は高い

こういった状況下だからこそ、「人命」をつかさどる医療関係者によって、大胆不敵なパロディが繰り返し演じられている可能性は高い。

control
web trackers
免責条項