日付ペディア


元寇げんこう
  • 1274年11月4日 文永ぶんえいの役。元軍が対馬・壱岐に初来襲。
  • 1274年11月19日 文永の役。博多で元軍が鎌倉幕府軍と交戦。元軍船団は暴風雨で沈没。
    元軍はその日の夜中に撤退(暴風雨で沈没)。

    この戦いは、古代エジプト王朝時代の歴史的戦争、「カデシュの戦い」を記念したパロディの可能性が高い。

    天皇一族は、第二次世界大戦でも、再び同様の日付の一致を記念して戦争を繰り返す。

    文永の役1274年は、カデシュの戦い紀元前1274年を記念し、弘安こうあんの役1281年は、ヒッタイト王ムワタリの死亡とムルシリ3世の即位紀元前1281年を記念した。
  • 1281年8月15日 弘安の役。
    前回の文永の役と同様に、 この日から翌日にかけて台風が吹き荒れ、元軍が壊滅(神風)。

    蒙古(もうこ)襲来は、古代エジプト王朝ラムセス2世とヒッタイト王ムワタリ2世の間で戦われた歴史的戦争「カデシュの戦い」の再現・パロディであった可能性が極めて高い。

    この戦争は、オロンテス川に面したカデシュという古代都市で行われた(現在のシリア西部)。

    天皇一族は、同様のパロディをハワイ真珠湾攻撃でも演出する。

    実際、文永の役(1274年)は、カデシュの戦い(紀元前1274年)を記念した。

    話はこれだけではない。

    カデシュの戦いの戦場オロンテス川は当時、「ティフォン川(Typhon)」と呼ばれていた。
    ティフォンとは、ギリシア神話に登場する神、あるいは怪物たちの王で、体躯は宇宙に到達するほど巨大とされ、地球を焼き払い、天空を破壊し、灼熱の火炎と共に暴れ回って全宇宙を崩壊させ、その力は神々の王ゼウスに比肩するほどであり、ギリシア神話に登場する怪物の中では最大最強の存在であった。
    そして、紀元前1281年「テイフォン」がカデシュの戦いに現れる。

    1274年と1281年、「台風」がモンゴル海軍を壊滅させた。第二次世界大戦では、日本軍は「神風」が再び日本を救うと信じた。

    結局、「台風」という言葉自体も、古代エジプト王朝の神話から由来するものに間違いないだろう。
  • 1934年10月20日 (誕生)皇后美智子、今上天皇きんじょうてんのうの皇后。
    この日は、蒙古襲来文永の役皇紀660周年記念日。
  • 1941年12月8日 ハワイ真珠湾攻撃。太平洋戦争勃発。
    日付の語呂合わせは日本の伝統であり、この戦争でも、きっちりと、日付が語呂合わせされている。

    皇紀 月日 旧暦 事件
    1274年 1934年 11月19日 10月20日 文永の役。
    元軍船団は神風で沈没。
    1281年 1941年 8月15日 7月30日 弘安の役。
    元軍船団は神風で壊滅。

    皇紀 月日 旧暦 事件
    1941年 2601年 12月8日 10月20日 ハワイ真珠湾攻撃。

おそらく、人類の戦争は、全て支配階級の談合・八百長戦争だろう。

control
web trackers
免責条項