皮革レザー財布や名刺入れの魅力

皮革レザー製品は魅力だと思いませんか?私は皮革レザーの魅力の虜になり、バッグやウォレットなどたくさんのブランドの皮革レザーを試してみました。そんな皮革レザー製品の魅力を紹介します。まず、財布やウォレット、小銭入れですがエイジングの楽しみがあったのはホワイトハウスコックスとブリーの財布です。特にホワイトハウスコックスの三つ折財布のヌメ色のタイプのものはエイジングが楽しめます。皮革レザー製品の魅力にはまるきっかけとなった財布です。使い込んでいくほどに味わい深くなっていく様は、ジーンズを育てているのと似たような感覚です。私は小銭入れは別に持つタイプなのですが、今使っているのは7年ぐらい前に買った無印良品のコードバンの小銭入れです。これがまた丈夫で全然破れないんですね。コードバンは使い込むほどにくすんで柔らかくなり、本当に魅力のある皮革レザーですね。コードバンといえば日本のブランドにも優れた魅力のブランドがありますね。キプリスの財布なども好きです。妻はフェリージの財布がお気に入りです。システム手帳も皮革レザーのものをたくさん試しました。グレンロイヤルのシステム手帳はお気に入りです。ブライドルレザーの質感がとても気に入っています。ちょっと難点はリングのあとが表面についてしまう事です。まああまり気にせず使っています。携帯灰皿もグレンロイヤルを愛用しています。グレンロイヤルは歴史は浅いですが、ホワイトハウスコックスに負けない皮質だと思います。ペンケースもたくさんの皮革レザーのものを試してきました。ホワイトハウスコックスのペンケースを良く使いますが、最近はロール式ペンケースにはまっています。お気に入りはクラフトデザインテクノロジーの白のロール式ペンケースです。名刺入れはフェリージとダニエル&ボブがお気に入りです。ダニエル&ボブの名刺入れはナチュラルな皮質がとても素晴らしいですね。

皮革レザーバッグの魅力

皮革レザーバッグにもたくさんの優れたブランドがありますね。普段のビジネスバッグにはオロビアンコのナイロントートバッグが多いですね。オロビアンコのバッグは荷物がたっぷり入りますし軽量ですので重宝しています。出張などではエッティンガーのレザートートバッグを使うことが多いです。エッティンガーのブライドルレザーは本当に手に吸い付くような手触りで凄く気に入っています。手入れすれば何十年も使えるレザートートバッグだと思います。

休日にはレザーブーツ

オフの日はレザーブーツを良く履きます。お気に入りはウエスコのウエスタンボスですね。他のワークブーツと違い、皮質が柔軟でしっとりとした皮革レザーを使っています。ウエスコのワークブーツは本当に上質な皮革レザーを使っていますよ。ブーツに合わせるのが国産のレプリカジーンズです。ジーンズの色が自分の体型に合って色落ちしていく様は、上質な皮革レザーのバッグや財布を使い込んでいくたびに生まれる味に似ています。特にお気に入りのレプリカジーンズはフルカウントです。履き心地もやわらかで、ビンテージジーンズのような色落ちをします。皮革レザーの魅力とジーンズの魅力って何か共通する所があるんですね。これからも妻に「同じものばかり勝って」と怒られながらも皮革レザーのバッグや財布の魅力に深入りしそうです。

Copyright © 2008 皮革レザーブランド財布バッグの魅力