『手の温度』

 

 

 「パチュリー様、紅茶淹れましたよ。」

 「ありがとう、咲夜。」

 いつものように、本を読みながら過ごしていると時間の経過がわからない。咲夜が来てくれたということは、
午後三時過ぎということだ。それを目安に彼女は時間を把握した。

 紅茶を受け取ると、カップを手で包み、悴んだ指を暖める。その様子を見て咲夜が柔らかく笑っていて、パチュリーは軽く顔を赤らめた。

 咲夜が部屋から出ていった後も、読書を続ける。ある程度ページを進めたところで彼女はふと立ち上がった。

 「そうだ、忘れるところだったわ。」

 本に栞を挟み、窓の近くに行き、背伸びをしてシックな色をした木の枠を持ち、窓を開けた。

 「…寒い。」

 体をブルっと震わせ、近くにあった上着を羽織り、再び彼女は本の活字に目を落とした。
時折吹いてくる風が冷たく部屋の温度を下げる。

 寒いのになんでわざわざこんなことをやっているんだろうと、彼女自身さえも疑問を持っているのだが、
咲夜に迷惑をかけることを考えたらこうせざるを得ない。

 「そろそろね。」

 毎週同じ時間に彼女はやってくる。

 ―――シュタッ

 「本を借りに来たぜ。」

 音だけでは伝わらなかったかもしれないが、箒にまたがって結構な速度で『窓から』彼女はやってくる。
窓を閉じていた頃は、お構いなしに窓ガラスを突き破って入ってくるため、咲夜に頼んで何度も窓ガラスの時間を戻して、直していた。

 「また来たのね。そろそろ返しなさいよ。」

 パチュリーはうんざりしたような表情で顔だけを魔理沙のほうへと向ける。

 そんなパチュリーを知ってか知らずか、鼻歌交じりに本棚をあさり始める。

 「この前持って行ったやつは、私まだ読んでなかったんだから…」

 そう言って椅子から立ち上がり、魔理沙の元へと行こうとしたのだが、足がうまく動かずつまずき―――

 「よっと。」

 転びそうになったところを魔理沙が受け止めた。

 「危なかったぜ。パチュリー、運動不足なんじゃないか?」

 「別に、寒くて足が動かなかっただけだから大丈夫よ。」

 そう言って顔を上げたのだが

 (…顔が近い)

 目の前にはすぐ近くに魔理沙の顔があり、少し顔を前にすれば触れてしまえそうなほどの距離に
パチュリーは顔を赤らめた。

 そんなパチュリーの様子を知ってか知らずか、一向に魔理沙はパチュリーの手を握ったままだ。

 「ん、パチュリーの手冷たいな。ちゃんと鉄分取ってるか?」

 「そうじゃなくて、寒くて…」

 「いや、嘘だな。ちゃんとこっちの目を見てないし。」

 近いのに照れてしまって顔を少し背けながらせいで、魔理沙にはそういう風に捉えられてしまったらしい。

 「色々足りてるわ。というか体支えなくてももう大丈夫よ。」

 魔理沙から離れると、ぽんぽんと裾を払った。熱くなった顔が冷めていくのに何故か残念さを
覚えている自分がいてもどかしい。

 「寒いだけよ、だから…」

 早く本を選んで帰りなさい。と言おうとしたところで魔理沙の手がパチュリーの手を包んだ。

 「寒いなら暖めれば大丈夫だな。」

 驚いて、魔理沙の顔へと向けると、屈託のないその笑顔が手だけでなく、胸の中も暖かくさせるようなものだった。

 それは、確信を持って―――

 「気づいたわ」

 「何が?」

 「ううん、何でもない。」

 ―――もどかしさの訳が。