先日、嫁ちゃんフリーでボーイを連れ回して・・ ゲート巡り! お陰で、色んなゲートが見られて勉強に成りました!

本日は、そのひとつを越えての探釣をしようと思います。 入り組んだ林道は・・ 前回の峪にも繋がっており・・ もしかするとコチラのルートが最短なのかも・・

色んな意味でも、収穫が多い探りになればと・・ ワクワクしながら、出掛ける事にします!






車止めに到着すると・・ (≡ε≡;) な、なんと! 既に2台の車が止まっているではないか!! 何・・ ココって人気なの?


ゲートの方に向かうと・・ オヂサン3人と出くわした! これ幸いと、話を聞くと・・ どうやらジブンが探ろうとしている峪に入るとの事・・ マジェっすか・・。


しかし・・ そんなに上には行かないと言うので、運良く・・ 上をやらして頂くという形となった♪


支度をして、チェイサーを漕いでゆくと・・ さっきのオヂサン発見! そして・・ 驚愕の光景を目にする・・ ジブンが入ろうと思っていた流れは・・ 幅1m半、水深およそ15cm程の小川 *゚Д゚)*


そしてその流れで、釣りを始めているオヂサン! 
ちょちょちょっと待って・・ オヂ〜サン! こんな沢で、釣りすんのかい?


しかも3人で? 驚き通り越して・・ 気の毒さが込み上げる・・。 そして・・ ジブンの今日の目的も・・ 終わった瞬間でもあった (-∀-;)


オヂサン達をやり過ごし・・ ドン引きのまま・・ 林道を漕ぎ進める! もう、違う流れに行くしかないのだからね! 途中で作業員のトラックに抜かれながら・・ ゆく!


暫く進むと流れが脇に迫る! 前回の流れの、中流域と言ったトコロ・・ モチロン小川じゃなく・・ 釣りの楽しめる流れ!


今回は、仕方ないので・・ この流れを釣ろう! 未入渓に変わりはないからね! それでは・・ チェイサーをロックして・・ 
Diveしましょうかね!



                   

深い峪間なので・・ ローライト! これもまた雰囲気があって悪くない! 新しい足跡が気に成るが(`-д-;)・・ そりゃそうだろうなと、そこまで気にしない。


早速のハンノウ! 釣れるじゃん♪ これは幸先ヨシだね! 因みに・・ 本日は、フリーノットで挑んでおります! 今までは、クリンチノットだったのですが・・ 試験的に導入です!


その訳とは、クリンチ系だと6Xや5Xのショートティペットの場合・・ フライの動きが制限されドラグが掛かり易くなってしまうのと・・ なんだかフックアウトが多い気がする。


気のせいかと思われますが・・ 以前、キングに結んで貰ったフリーノットだと・・ フライの動きがとても自然っぽかったのを思い出しまして・・


調子が良ければ、フリーノット派を・・ 唄ってゆこうかと思っております (*´∀`*)



                    

今のところフッキング率とキャッチ率100パー! 調子良く釣り上がります♪ 3ポイントに1匹程の割合でハンノウしてくれるので、ソコソコのストックはあるようだ。


やはり花崗岩の流れ・・ 砂が多く入っているので、アマゴの峪みたいだね!


上流の方で、大きな崩落ががあったと分かる砂の量・・ 砂が多いとイワナの付き場が、ちょっと分かり辛いんだよね・・。




       

7匹目をキャッチし・・ 今だ100パー維持 (≧ω≦*)♪ これは、唄えるかと思われたが・・ 8匹目がフックアウト!! ナルホドね・・。


それでも流れ方はクリンチより自然だから・・ 暫くは、フリーノットスタイルでゆきますかね! 結局は、ジブンがこうだと思った釣りをした方が・・ 釣れるという
や〜つね!!



                

途中・・ 狭まったり・・ ハングが多くなったりと釣り辛い箇所が多くなってきました(=゚Д゚=)・・ ストレスを感じてくると・・ それこそフッキング率が下がったり・・ 走られます・・。



そして・・ ミニマンメイド出現! 大物が居るカモしんないね・・ ココはひとつ・・ 夏フライを結んでみようか! #14のカディス登場!



ナイスな出来栄えで、めっちゃ釣れそう♪ それ〜キャストだぁ〜! おおっ! 見に来てぇ〜! おもいっきし
Uターンをかますビッグフィッシュ!!


Why! japanese char!?


最高の流しに・・ 形の整ったカディスを嫌うとは・・ どういうこった!! こんな虫が・・ オマエの大好物だろうがよ!! と・・ 
厚切る♪



どうやら。。 スレてんな! 足跡の主は、フライマンなんだろうか? おおっ! 左端にも大きなシルエット・・ それっ! 浮いて来て〜! 
Uターン!! もう、ええわ (=`ェ´=;)・・。



それでは・・ タニメシにしましょう!



           

本日のメニューは・・ ピザです! クッカーで、しっかり温めてチーズがトロォ〜っとしたトコロで、頂きます! ナンダカンダデ40分位マッタリして、ゴチです♪



フライを、毎度のエアロに替えて・・ 釣りを再開・・。 う〜ん・・ 何かやな予感と言うか・・ 独特の雰囲気が、ジブンに纏わり付くようなカンジがした・・。 気のせいなら良いのだが・・



とりあえず、何も考えない様に釣り進んでゆく・・



               

相変わらずのハンノウで、楽しむも・・ どうしても嫌な感じが拭い去れない・・ 以前感じたのが、スーパー熊笹斜面ファイトイッパツの1時間前くらいだった気がする・・。



やや深い峪なので、今思えば・・ そんな不安感がジブンを圧迫してたのかもしれないが、この時は知る由もなかった。



この時季は、枝木が元気になりオーバーハングになりがち・・ それに加え・・ 倒木なども多くて、どんどん釣り辛くなってきたなのポイントに、尺クラスがライズをしていた゚.+:。(〃ω〃)゚.+:。



アプローチを考え、いざって時に・・ 発射!! くぅぅぅ〜モッタイネェ・・。



              

更に釣り上がり・・ 時間も気になってきた頃・・ 前方に明かりが差してるエリアに! 其処で見た光景・・ (;゚д゚) 右側面大崩落地帯であった!! その幅60m・・ 高さは200m位か・・



大岩ゴロゴロで、土砂が堆積している・・ 遥か上に林道らしきものが・・ あぁ! アソコか! 以前通った林道の工事中の箇所だ・・。



これはちょいとマズイな・・ そそくさとクリアしようとするも・・ 適切なルートは無い・・。 斜面を登ろうにも蟻地獄の様に足が取られ・・ 下手すれば大岩の崩落をも招きそうだ!



進退・・ 直ぐ上には滝か・・ 上から見た景色だと・・ 確かマンメイドが二基あって、林道に上がれそうな場所があった筈だ・・。 なんとか進んでゆく事を決意した。






大した事ない滝だが・・ 取っ付きが無く・・ 直登不能! 両ゴルで右斜面に
ドン引きクライム・・ 行くっきゃねぇな!



決死の覚悟で無事・・ 滝上へと辿り着いた・・。 これか・・ これがあの時感じたモノだったのかもしれない・・ 自己防衛能力みたいのが発動してたのに・・ 無視しちゃったみたいなや〜つ!



沢屋じゃなきゃ、まずやんないわな・・ むしろ・・ 沢屋は、大喜びだわ・・。 そ・し・て・・



左下画のポイントで・・ まさかのグレイトフィッシュと出逢う・・ 推定38cm・・ 右岩盤の反転でコッチを向いている!! そりゃ居るわな! こんなトコ・・ 誰も来ないもんね・・。




           

しかもね・・ センターに尺クラスが居るのよ・・ とりあえずセンターのからアプローチ! ミスキャストで手前に落ちたフライを追い喰い! 慌ててアワセたが・・ やらかしてしまった・・。




運が良いのか悪いのか・・ 左奥に走った為、右のビッグフィッシュには気付かれずに済んだ・・。 気分を落ち着けビッグフィッシュを狙う!




しか〜し・・ これまたミスキャスト! 冷静にゆっくりピックアップしようとした瞬間に、デカイ口をあけてアタックして来たビッグフィッシュ! 
ダメだっつうのに・・ ヽ(*`゚∀゚´)ノ うわぁぁ!!




もうアワセたれぇ〜!! 
ガグッ! すぽっ・・ 『うおぉぉぉぉぉ〜!!』 (゚∀゚;) やって・・ やってもた・・。




全身の力が抜ける・・。 そして・・ タイムアップが迫る・・。




ココからがまた大変だった・・ 存在は知っていたが、まさかの二段マンメイド!! 高巻きするも二段目の手前が岩盤崩落してやんの・・ 仕方なく更に高巻きしてみます。




取っ付きが少なく、滑ったらヤバイ・・ 躊躇していたら枝に当たってキャップに掛けていた偏光グラスが落ちた!! 
カツンカツン・・ 『おぉぉお〜!』




運良く少し下で止まったが・・ これってドラマとかによくある、取りに行ったが為に滑落するパターンのや〜つじゃないの?! 恐る恐る拾った・・。




なんとか崩落をクリアし・・ 知ってるマンメイドへと到着して・・ 
ホッとする。 林道に上がり急ぎ足でチェイサーの所まで歩き・・ 久しぶりの 爽快ダウンヒル♪




やっぱりこの峪のポテンシャルは凄いと感じたが・・ 同時に危ない峪だと言う事も思い知らされたね!




次は、危なげない峪で・・ ヤマトに癒されたいと思った・・。




DATA(oゝд・o)ノ タックル:#2 パックロッド ベストフライ:#14エアロブラック 釣果:YARAKASI 満足度★★☆☆☆

TOPBACKNEXT