<祭りなかがわin那珂川町2004年8月28日

nakagawa2.jpg

午後6時45分お二人が登場。渡辺さんは大越さんの「今日は一日お願いします」の挨拶に「一日〜?」と鋭く突っ込んでいました。渡辺さんは、この後、司会のお姉さんのボケにも突っ込んでいました。意外に突っ込みポジションなんですね〜。

同期入団のお二人、でも、歳は渡辺さんの方が上なので、大越さんは「この人より先に引退しないと思ったのに」退団も同じ年になってしまいました。

お二人は、ドームが出来た年に入団。入団当時は、先輩方が怖くてトレーナー室に入れなかったそうです。(誰とはコメントしませんでした)by大越さん

nakagawa4.jpg

大越さんは、入団当時はピッチャーでした。<転向のいきさつ>足と肩がいいので外野手に転向した方がいいと、当時の2軍監督のすすめで。<投手としては>スピードが速い(150出してました)がコントロールが悪かった。高校時代から、球のスピードが速かったことは、谷選手のコラム(週刊ベースボール連載)でも書いてあります。

司会者から、なぜ渡辺さんは転向しなかったのか?と質問が。回答は「つぶしがきかないので転向できない」この回答は、良く聞くんですが、ご謙遜だなぁ、と思います。ピッチャーとして必要なので、誰も転向を望んでいない、と言うのが正解だと思います。

大越さんから、寮で渡辺さんに態度が悪いと正座させられたとのエピソードが。会場がドキッとしたところで、笑って「冗談です」。まさかとは思ったけど、一瞬信じてしまいました・・・。だって、渡辺さんも無反応なんですもん。

nakgawa1.jpg

この後、後輩の話や優勝時の事など話は弾みました。大越さんは川崎選手をかわいがっているそうです。今どき珍しく礼儀正しい青年ということでした。

〜最後は、野球をしている子供達へのメッセージで締めくくられました〜

☆渡辺さん「野球を好きになることが大切」

☆大越さん「両親や先生の言う事を良く聞いて、地道に練習し、がんばっていけばプロ野球選手にもなれる」

(言い方が違っていたかもしれません。私なりに要約させて頂きました)

nakagawa3.jpg

お楽しみのプレゼント抽選会。この日の景品はお宝グッズと9月11日渡辺さんと観戦ツアーのチケットでした。当選者は、受け取る時に握手をしてもらって大喜び。

渡辺さんは、スタッフのために、段取りに気を配っていました。さすが〜(*^^*)

nakagawa6.jpg

時間はわずか30分のトークショーでしたが、お話盛りだくさんで楽しめました。また機会があったら渡辺さん&大越さんのトークを聞きたいです。ラジオ企画でもいいので。

ちなみに、大越さんは、この前日に野球教室でギックリ腰をやり、痛々しい姿でしたが、トークショーではそんな様子は微塵も表さず、ハツラツトークでした。

HOMEへ