トランスフォーマー ジェネレーションズ TG-22 ブリッツウイング のレビューです。

パッと思いついた戦車TFと。マイ伝のメガトロンってこんなにデカかったっけ?となりますよね(*^_^*)

この中だと戦車の見た目はブラジオンが一番でギミックだと圧倒的にマイ伝戦車になります。

ただブリッツウイングはトリプルチェンジャーだから普通の戦車ではないのは承知の通り! 

 

↑ 戦車モード。装甲のツライチ感があまり無いので説得力は普通のTFより少し劣りますね。

ミサイルは装填済みです。マイ伝メガトロンと同じく砲身を引くと発射されます。ミサイルの予備は付属しません(ToT)

↑ 変形の為のヒンジが多くなるのでカッチリ感も少し足りないかと。

↑ G1ブリッツウイングと。紫色が目立ってますね。美しさではG1ですね。

↑ 砲塔は回転します。砲身も上下します。纏まり感以外は充分な出来ですよね。

↑ ジェットモード。ドッグファイトならサイズ的にスカイファイアーかな?と思いまして。スーパーパックみたいなのが無ければ大体同じぐらいですね。

機首は軟質パーツという事もありキチンと閉まらないです。

↑ 砲身は機首の下辺りに移動できます。

↑ ランディングギアのタイヤは回りません。後ろ側はガンダムのコアブースターみたいで好きです。強化されてる感が良いですね。

↑ 剣を外すと機体真ん中辺りは空洞です(^_^;) 武器の有効使用ですね。

  ↑ G1の戦闘機はかなり微妙ですね。その代わりミサイル2発出ますけど。

 

  ↑ジェネレーションズ版 ディセプティコン空陸参謀 ブリッツウイング人型!

肩の関節が下がってるのと太腿が少しだけ短いですね。膝から下は長いのでバランスは取れてますが膝立てポーズは不自然に成ります。

  ↑ ブリッツウイングは高い戦闘力と頑丈な装甲ボディを持つ上、冷静な判断も出来る天才戦術家でもある。

ただし、この能力を発揮できる確立は低い。何故なら三段変形が原因で3つの人格があるからである。

まるで別人の様に怒りをあらわに破壊行動を繰り返したり、時に訳の分らない発言と共にプラズマ弾を放ったりもする。

この行動のせいでブリッツウイングは兵士としては当てにならないが、メガトロンにとって

その破壊力と不安定の組み合わせこそが便利な道具である。と箱に書いてあります。

G1ブリッツウイングといえば反乱を起こした人ですね。G1玩具は小さい。一部鉄製ですけど。

ジェネレーションズみたいな可動したりする複雑なのに金属は使わない方が正解ですネ。

↑左から ランダム。ホットヘッド。アイシー。という顔の名称があります。アニメイテッドのギミックですね。

やっぱり真ん中のベテランパイロット風?のホットヘッド顔が良いですね。何故か口元に表情が付いちゃってますが。

他はなんとなく噛ませ臭が。顔回転ギミックで頭部の可動は回転のみです。

頭部の塗膜に傷が付いていました。塗装品質は雑なのが有るみたいです。特に頭部は気をつけて欲しいですよね。

↑可動は充分です!銃は名前が載ってないので名称不明ですが小さすぎです。その代わり5mm径の棒が左右に!

コブシは回転します。肩は腕を横に上げると違和感ありますね。

↑G1ブリッツウイングの武器。シルエットは近いです。頭部が黄色い髪の毛みたいですね(^_^;)

トリプルチェンジャーはTFオリジナルじゃなくて元々は日本の「ダイアクロン」です。

↑ジェネレーションズ スプリンガーより数ミリ大きい。

無骨な体型でスプリンガーの良い引き立て役になりますヨ。

ブリッツウイング:「ヘッドマスターのトリプルチェンジャーもいつかリメイクされるさ!」

↑やはり足が凄いですね。キャタピラと羽を備えてて、関節可動もするのに見た目が纏まっているという。

キャノピーも少し開きます。芸の細かい素敵玩具です。 その他のレビューはになります。

 

ジェネレーションズ メトロプレックス

ジェネレーションズ スプリンガー

ジェネレーションズ ゴールドバグ

 

 

ホームへ戻る