↑ トランスフォーマー ジェネレーションズ TG-26 バンブルビーゴールドバグ のレビューです。

私が一番G1バンブルに近いと思っている変形!ヘンケイ!シリーズと同型のクラシックのバンブル(右)と一緒に撮影です。

↑ 両端にスティンガーブラスターという武器が付くので取り付け穴が空いています。

↑ 背面はクリアーパーツを使ってないので再現性は少し低いですね。

↑ こちらはクラシック版のバンブル(バンブルビー)。マリンジェットみたいなのを牽引してますね。

関係ないですがG1バンブルといえばカセットボットでもないのにアイアンハイド(チェリーバネット(ワゴン?))の中に入った事で有名ですね(^_^;)

↑ゴールドバグにトランスフォーム!

ファイヤーコンボイみたいに胴体を上下させる変形です。肩はヘケヘケのロディマスみたい。司令官の座を狙っているのか( ゚Д゚)

車にする時や人型に戻す時とかロック機構が硬いので注意が必要です。

 

情報指揮官 バンブルビーゴールドバグ。

メガトロンとの戦いで負傷したバンブルビーは従来の姿にゴールドファイアアーマーを加え、ゴールドバグボディとしてパワーアップを果たしたのだ。

メガトロンの様な強敵との戦闘を予測して開発されたスティンガーブラスターも、戦士となった彼に相応しい武器である。

情報指揮官に成る為の厳しい道のりで何度も優しき心を失いかけたバンブルビーだが、彼は今でも

サイバトロン星の未来を信じ、オートボットの理想を守る戦士として戦っている。だそうです。

全塗装のゴールドバグだと思っていたのですが部分塗装ですね。

しかし逆に考えれば塗装剥げを気にしなくて良いしその分は安くなっているかと(;'∀')

 

↑ しかし、また平手モドキの掌か…。この手首は好きじゃないです。

ホディの成型色は黄土色といった感じでしょうか。

↑ 横ロール関節を仕込んでくれたので立ちポーズは結構決まります。

でも足首は横方向にはあまり動かないです。後方には凄く動きます。

↑ジェネレーションズやユナイテッドでもバンブルビーは出てますけどウチはこのバンブルしかいないので。

私はバンブルはガチで戦うマスコットキャラみたいな印象でしかないですが、ゴールドバグとなると見る目が変わっちゃいますネ。

ゴールドバグは商品化があまりされてこなかったので。コレは普通に格好良いですし。

↑ よく分りませんが海外のでは先行して普通のバンブルビーカラーでバンブルビーとして売られてたみたいですね。

実写ムービー版バンブルビーをG1風にしたのかな?分りません。

ただ、ゴールドバグとえばバイザーの目に口はマスク顔というイメージが強いですよね。

で、今回の頭部ですが収納の関係で少しだけ平たいです。気になる程では全く無いですが。

ちょっと口元が笑顔に見えますが、コレは影の影響でして端の画像を見て頂ければ分る様に真顔です。

笑顔にも見える様に計算した顔なのかは私には不明です。

塗装は若干雑なので店頭で確認して買った方が良いかも。

↑ こちらはクラシック版のバンブルですが、まあ黄色いデブですよね。

出番が多い主役級扱いという待遇でゲンナリする時もあります。他に目立ってほしいキャラいっぱい居ますからね。

実写ムービーのは喋らないし

この玩具のデキは良いと思います。

↑ 武器はご覧の様な装備の仕方も可能です。肘は本来、90度曲がるのですが

肘関節に謎のモールドがあって微妙に90度まで曲がらないという自爆関節です。削れば良いんですけどね。

その代わり肘関節の保持力は強いですよ!

↑ 武器は正直微妙だと思います。普通のライフルみたいなのが良かったなぁ。

↑ やはりアームズマイクロンのコスモテクターゴールドメタルアルエが似合うかと思いまして。カッコイイじゃない!

マイクロン伝説のホットロッドみたい。

肩のアーマーは邪魔になりそうだけど腕の可動域は普通です。肩のアーマーが大きすぎて角度によっては頭部が隠れちゃう事もあります(^_^;)

外れるかもう前後にスイング出来れば良かったのですがこの値段では無理かな?

↑ アームズマイクロンのバンブルビーソードがコイツの為に作られたのではないかと思うほど良い感じのアーマーとなります。

ただ取り付け穴が緩めに作られてるので調整しなければなりません。

↑かくして、中々商品化されないゴールドバグがジェネレーションズに仲間入り!この路線は途切れないでやって欲しいですよね。

その他のレビューはになります。

 

 ジェネレーションズ メトロプレックス

ジェネレーションズ スプリンガー

ジェネレーションズ ブリッツウイング

 

 

ホームへ戻る