2014.12.27 超合金魂 ガオガイガー のレビューです。

↑ 箱の裏の写真で大体ギミックが全て紹介される事が多々ありますがギミックが多くて載せきれてません。

↑ 見事な体型です。足首がガンプラ並に動くので接地性が良いです。ただ足首の保持力はあまり無いので

ポーズによっては前方に倒れるので注意が必要です。

↑顔は涼しげな顔で宜しいのですがチョット目が離れ気味です。これはガオガイガーの頭部マスクの目の部分が空洞になっており

ガイガーの目をそのまま晒すので離れ気味になっているのだと思われます。

↑股関節は一段下に下がる仕組みになっていますので広い可動域となってますね。

↑ ライオンとしてはプロポーションがアレですけど、人型でベストプロポーションの方が良いですからね。

スネが縮んでいるのがお分かりでしょうか。こんな事もできるんですね。

↑ いきなりファイナルフュージョン。細かい所は後日、時間がある時に撮ります。

↑二の腕辺りが細く、太ももがやや小さいですが、仕方のない部分でもあり、良い感じに出来てると思います。

↑ 巨大なステルスガオーに支配された背中がステキです。

↑ 顔は まあまあ良いんですけど前述のとおり、目はガイガーの目なのでちょっと奥まっているのがどうなんだろうとは思いますね。

頭部ヘルメットはステルスガオーから繋がった状態だと動かし辛いし制限があるので、

ボールジョイントが見えていて分かると思いますが基部から外して撮影してます。

↑ 上の画像では足の下に台を置いてますが、ちゃんと足を上げても保持できます。つまりプラプラの足ではありません。

関節の殆どは硬めに調整されてるみたいでシーエムズさんのヤツみたいに股裂きなど起こりません。

ほぼ100点の玩具と言いたい所ですが1箇所だけ気になる所が。

足を90度近く上げたりするとスカートアーマーとタテガミに干渉するんです。タテガミはロックを外せば逃がせますが

腰のアーマーは干渉します。

↑ これは股関節と膝を90度曲げた画像ですが、やはり腰アーマーが派手なポーズをすると変で格好良くないのです。

特にサイドアーマーが。これは可動重視の腰アーマーとゴッソリ交換出来る様にすれば良いのではないかと思いました。

やはり、前垂れアーマーにサイドアーマーが付いてるというのは可動では無理があると思います。

シーエムズさんのジェネシックガオガイガーでも腰アーマーはこのレベルまで達していましたが、

超合金魂ではこの部分を更に超えて頂きたかったところです。

↑ だが、待てよ。こんなに動くのになんとか成らないだろうか。

そうか…!!

↑ 腰のサイドアーマーの位置を回転させて変えるのか!

↑ これなら見た目の悪さが最小限になるのですね…!

↑ これで派手なポーズが決まりましたっ!

これならほぼ100点の玩具と言って良いと思いますがどうでしょう!!

 

↑ 一番でかいガオガイガーと聞いていたので不安でしたが他玩具と比べても思ったほど巨大ではなく

安心しました。一体だけ異様にデカくても浮いちゃいますからね。

↑ 下手クソな改造を施した超合金魂バイカンフーと本来はバイカンフーの方が小さいですが

諸事情で…比較にならなくて申し訳ありません。

↑ 何故か頭が紛失中のイデオンと。本当に比較にならなくて役立たずの管理人で申し訳ありません。

 

多分、レビューは続きます。

 

バンダイ系のカテゴリーへ  

 

ホームへ戻る