↑ROBOT魂 SIDE MASHIN R-Number 161 龍神丸 Ver.2 のレビューです。

魔神英雄伝ワタルの主役魔神です。ROBOT魂では2回目の商品化です。

最初から「オォーッ!!」の状態でパッケージングされており召喚される気 満々です!

↑龍神丸:ワタルが作った粘土の人形を元に創界山を守護する龍神が宿って誕生した魔神。

意志を持つ魔神として、ワタルと共にドアクダーから創界山を救う為に戦う。

救世主としてのワタルの成長に合わせて様々な必殺技を使いこなす。

と箱に書いてあります。相変わらずバンダイは画像要らずの箱ですね。内容が丸分りです。

↑中身。ワタル人形以外の台座は有りません。

↑説明書で引き出し関節の説明までしてくれるなんて画像にしなくて良いから助かるっス。

↑はい、そのままポンッと置いた棒立ちの状態。

ヒサシの角度が急過ぎて目が見えません。エイリアンみたい。

↑でも、ポーズを付ければ目が見える様に。ただ顔を上げたダケじゃ首が長くなっちゃうので

胴体も角度を変えるのがポイントです。

これでも目があまり見えないので顔面かヘルメットかどちらかの角度が違う気がします。

または、ヒサシが長過ぎるかですね。

額と勾玉はクリアーパーツ。白い部分は塗装されてる様ですが青は成型色そのままの色です。

↓背面はシンプルです。

↑ ROBOT魂 龍王丸のレビューの時と同様に龍神丸 Ver.2も右画像は胴体を伸ばしてみました。

↑ このポージングはイキり過ぎです。やり過ぎですね。・

↑ 関節限界突破!

↑ 暴走状態。ワタルのレビュー、ヘタクソか!

↑↓ 色々と動かしてみました。肘、膝は90度ぐらい曲がります。充分な可動ではないでしょうか。

↑ 付属するエフェクトパーツ。肩の爪を投げるのは良く覚えてるけど他は忘れちゃったなぁ。

↑ なるほど。あの技はこういう仕組みだったのか…。

↑ ROBOT魂 龍王丸と。龍神丸 Ver.2と実際に比べたら何もかも違いますね。龍王丸になって確かにパワーアップしてますね。

↑ 上が龍神丸の登龍剣で下が龍王丸の鳳龍剣。短いと思ったらパワーアップ感を演出する為だったのかな?

長時間 持たせていると色移りする可能性があると注意書きがありました。

↑ 龍王丸のエフェクト付けてみましたがちょっと緩いです。塗装剥げるからやらない方がいいでしょうね。

↑ 左が龍神丸 Ver.2のワタル君。身長が伸びましたね。

↑ 龍星丸のワタルは目が中央に寄り気味です。固体差かな?

↑ まだレビューしてないROBOT魂 龍星丸。確かコロコロ コミックに当時のプラモ、プラクションでバトルする漫画があったんですよ。

それの影響か龍星丸が結構好きなんです。色はもう少し黄金ぽくてもいい気がしますが。超面白カッコイイです。

↑ ROBOT魂、龍神丸系の魔神。揃い踏み!(旧龍神丸除く) 他の龍神丸のバリエーションもお待ちしております。

アニメの内容は語れる程 覚えてなくて申し訳ないです。以上、龍神丸 Ver.2のレビューでした。

龍王丸は↓です。

 

ROBOT魂 龍王丸

 

ホームへ戻る