2016.08.21 千値練 RIOBOT マジンカイザーのレビューです。

定価 34560円。なんてこったい…。

羽があるので箱はそこそこデカいです。

↑ 台座パーツはインナーブリスターとは別に袋に入ってます。

ダンクーガのブラックウイングの台座と中央のヤツは同じですね

↑ バラでもいいし、この様に一つに組み立てても良いという台座ですね。

細い支柱は角の穴にも取り付け可能です。袋のはカイザー本体への固定用パーツです。

↑ 全然ポーズを付けていない素立ちの状態です。

ノッポ体型のマッチョという感じですね。

超合金ブランドじゃないので殆どプラですが一部装甲に金属が使われている様です。多分。

素立ちといってもパンツと太腿が干渉するので足を開いている状態がデフォです

 

ここでプチ改造です。改造というかブッ壊してるんで 全然、全く、お薦めの改造ではないのですが

素立ちでの左右の足の開き具合を縮める改造です。

素立ち以外のポーズでは殆ど変わりませんが。

パンツの底面パーツの厚みを薄くし、横幅も縮める改造をしました。

塗ってないですが後で黒に塗ればあまり目立たないかな。

パンツのツライチ感は若干なくなりますが底面ですし、分らないだろうと思いまして。

ネジ穴とか一切無い玩具で分解不可能です。なのでお薦めの改造ではないです。

良く考えたら分解しなくても削れますね

↑ パンツの改造でこんな感じに。開き幅は少し縮まりました。

常に又を開いていると格納庫に居る状態では不自然ですし、

私は又を開いている状態がデフォのロボット玩具って何か嫌なんですよね。

マジンカイザーの格納状態って椅子に座ってたりと作品によって違う場合がありますね。

↑ 背中はカイザースクランダーとの合体の為のハッチがあります。

合体というかスクランダーは生えてくるでしたっけ? 

他マジンカイザー商品との差別化の為、敢えて全体的に過剰ディテールとなっておりますね。

↑ 大空かけるぜカイザーパイルダー(合体状態)を差し込めます

↑頭部と喉の全面装甲は繋がってます。360度回転可能で特に可動に関して問題は無いですが変わってますよね。

私は頭部と喉は別の方が良いのですが、この方が動くという判断なのかな?

耳のアンテナ回転します。

何故か目付近がアニメ調な感じの塗装になってますね。

↑ カイザーパイルダーA、B。

流石にパイルダーオンの"とんでも変形"の再現は無理なんで2種類付属します。

↑ 超合金魂 GX-45の変形するパイルダーと。

やっぱりキャノピーはクリアーパーツの方がリアルですよね。そこが惜しいですね。

↑ マジンカイザー本体にパイルダーオンさせるとツノが一本生えた様になりますね

↑ ポーズを付けて立たせれば正しく魔神皇帝という姿に

甲児くんってたまに魔神皇帝って呼ぶ時ありますよね。

↑ 頭部は下も向けるし上も向けますよ。なので飛行ポーズなんかも問題ありません。

 

↑ こういう可動ギミックは私の下手な画像より

説明書の写真の方が分り易いので余裕の手抜きレビューしますネ

肘パーツは外れ易いです。接着しちゃうと ふと弄ってる時に力が掛かり、軸が折れる可能性がある為か

ワザと外れ易くしている可能性もありますね。

↑ 右下のマジンカイザー凄いハッスルしてんじゃん。

↑太腿がパンツに干渉しなければ もう完璧な可動ですね。

接地性は良いのですが接地面積は広くないのでポージングには注意が必要ですけどね。

↑超合金魂のGX-45マジンガーと。親子みたいですね。

↑ 千値練の他商品と。同じシリーズじゃないですがダイノゲッターやダンクーガと並んでも特に違和感はないです。

↑ ビッグモスさんと同じぐらいの背丈です

↑ クリアー素材で美しい翼のカイザースクランダー。羽4枚と中央ブロックの計5つのパーツで出来てます。

購入した一番の理由はクリアー素材を使ってたからでした。ダンクーガの時も使ってほしかったなあと。

この翼その物が武器で本体から分離して敵に突っ込んでいくんですよねー。

 

↑ 千値練 RIOBOT マジンカイザーの本来の姿。確かにデビルマシンですね。

この状態で飾るのは危険なので台座を使って下さい。

マジンガーは操縦系 巨大ロボットの元祖で、生みの親、永井豪といえば

ガンダムの冨野監督とキャラデザの安彦先生が「永井豪先生には足を向けて眠れないね」(ガンダムエースより)と言っていた程の存在です。

カイザーと名の付くロボはまあ居ますが一番、その名が相応しいロボかもしれないですね。

↑ カイザースクランダーは斜めに付いてます。

なので翼は基部で回転させ、角度を決められる様になってます。

↑ 倒れないかドキドキッの撮影会ですっ

 

↑ ターボスマッシャーパンチ。変なポージングなのは撮影部屋の気温が上がってメンドウだからなんですね。

気温40度ぐらいの場所でね中腰姿勢で常に作業するわけですよ。

その苦労の中腰姿勢がマジンカイザーに伝わって逆に良い画像じゃないですか。

そんな事ないですか。そりゃそうですね。

っていうか支柱が短くないですかな。

ロケットパンチは台座をバラして使った方が良さそうです。

↑ ターボスマッシャーパンチ エフェクトを付けられます。

これが放たれる時はバチバチいいながら高速で回転するんですよね。本商品はそこまでの再現はしません。

手首は平手とチョップ、持ち手、握り拳の4種類です。

人差し指をさす手首もあると良かったかもですね。

↑ こまかい所まで撮影しませんがカイザーブレードの出現を再現するパーツも付属します。

↑ 肩から謎の原理で出現するカイザーブレード。通常攻撃用ですね。

↑ 通常攻撃が必殺技級で、しかも素手での格闘能力も化け物クラスなのに

剣なんか持たせたら大変な事になりますね

↑私の知らない間にファイナル カイザーブレード なる剣まで装備されてたんですね。

↑ 断空剣に匹敵するボリュームです。

↑ 剣による技があるんですかな?カイザーノヴァまでならなんとか知ってますが

↑ ファイヤーブラスター装飾板は一部縮まるしで、余裕の両手持ちが可能!

↑ 片膝立ちポーズはちょっと又を開き気味になっちゃいます。

パンツ中央パーツが可動用に差し替え出来ても良かったのではないでしょうか。

以上、千値練 RIOBOT マジンカイザーのレビューでした。

お値段的に完全に好きな人向けなんでお薦めとか特にないですけど改造もしたしワタクシは満足です。

アニメ版はちょっとしか見てなかったので、いづれちゃんと見たいですっ。

 

ホームへ戻る