↑ OZ-00MS トールギスのレビューです。受注生産の限定品です。

ガンダムW劇中の活躍期間が短かったので限定品になっちゃったのかな?残念。

私的に『OZ』のMSで特に好きな機体です。トレーズ・クシュリナーダの機体。作品の内容は良く分らないんですけどね。

頭部の中はリーオー系のカメラ・アイ(クリアーパーツ)になってるんですね。知らなかった。

撮影に使ってる別売り台座(ライトニングベース バンダイ製)は1/144用だと思うのでポーズを付けて撮影するにはチョット小さい。

↑ 肩関節の基部はボールジョイント!首下の青い部分が動いてます。

これは頭部が上を向くと後頭部が干渉するのでシーソーの様に上下します。首を覆ってるパーツなので首の基部の位置は変わらず。

頭部は完成すると胴体に埋もれた様に成る為こうなったのですね。

↑ 装甲を追加。ボリューミー。全体的に丸みを帯びてガンダムタイプとの差異が明確になりました。

↑ そんな!膝立ポーズが下手になってる!可動が優れるハズのMGで何をしてるんだい!?

これは 魂SPEC ドラグナー1カスタム の股関節の様に前に迫り出せば

少しは良くなると思うのですが何故しない!

ドラグナーは↑をクリックしてね。他にも方法が有っただろうしEASY MISSですな。改造が必要ですね。

↑ 地味だけど意外と知名度が有る武器 ドーバーガン

最近のは分りませんがスパロボ大戦では射撃武器はコレだけだったりしますから自然と覚える名前だったりしません?

シールドは裏側にビームサーベル。ドーバーガンの総パーツ数およそ22。シールドの総パーツ数6。

MGクラスだと大型の銃なんかはAとBを張り合わせるダケなんて事はもう無いのですね。

↑ 銃にはバネで伸縮機構が盛り込まれてます。

 

 ↑ トールギス気錬彑こΔ離ンダムの始祖。ゼクスの初の実戦では加速性能が凄すぎて肋骨と内蔵を傷めた。

↑ ブースターがギミック等の為、ちょい重いので転倒に注意です。腰のボールジョイントは負けるので瞬着で補強しました。

武器は持たなくても良いよね的なアームで繋がっておりますね。勿論、盾と銃には持つ所はあります。

武器は肩の突起の下と繋がってますが外すと接続部分の蓋を閉める事が出来ます。

後ろから見ると結構な重装備ですよね。さすが加速性能がハンパないだけあります。

↑ 人類史上 これ程までに素組みなのに堂々とレビューをする人間がいただろうか。

MG トールギス エンドレスワルツ版 完成です!カッコ良過ぎでしょ!!トサカ以外!

可動は正座に近いポーズが可能です。爪先はデザインのセイかあまり曲がりません。

↑ MG トールギス兇鰐渭澄∧深蠅亡港できます。マスクだけ外す事も可能。一気に量産期っぽくなったね。

↑ MG トールギス と関係ないですがガンダムエースのマンガ版を。(兇呂泙静仂譴靴討覆い里)

↑ まあ!素敵ミリアルドお兄様がパカパカになってますわ!

]

↑ 顔はガンダムと見せかけて目は左右で2つではなく、繋がっているというフェイント!目の下にマスターガンダムみたいなモールドがあります。

目はシールです。トールギスと異なる頭は新造部分です。

↑ 本来は太腿と腰の側面アーマーはボールジョイントで繋げるのですが、そんな拘束する様なドMな部品は私は取り付けません。

胸のコクピットにはトレーズ様が乗っておられますが画像では見えませんね。

撮ってないですが同スケールの立ち姿のトレーズ閣下とレディ・アンも付属します。

↑ブースターは完成品玩具の様な連動展開ギミックが仕込まれてます。ついつい無駄に動かしたくなっちゃいます。

↑ ガンダムW エンドレスワルツ版のガンダムは膝から下がデカ過ぎですよね。

シェンロン・ガンダムはその関係で膝立ちポーズが少し不自然になりります。

足が長けりゃ良いという訳じゃないのに。トールギスの方がバランスは良いかと。

 

 

 ↑ TFケロロ軍曹でした〜っ。その他レビューはこちら↓です。 

MG フルアーマーガンダム ブルーバージョン

MG Hi-ν ガンダム Ver.Ka

 

ホームへ戻る