2015.03.21 MPスターセイバーのレビューです。

↑ オルタナティ型のGTRセイバーに運転手が出来たという事が言いたかっただけです(^^;)

当時のブレインマスターのギミックはこんな感じです。

ブレインマスターは4人しか存在しない為、4体だけですが顔を交換して遊べるという物です。

↑ "勇気のブレイン"。私はコレが本体だと思ってましたが中ロボのセイバーが本体と書かれてますね。

"勇気のブレイン"が居ないとセイバーも人型に成れないので本体に含まれると思うんですが、

如何せん、アニメを見てないのです。どちらかというとトランスフォーマーV世代なんですが、

私の地域では確か夕方の早い時間帯で、その時間は友達の家で遊んでる事が多かったですね。

友達の家でアニメを見た記憶がありますもの。

で、今現在、何故、作品内容を知らないのかというと勉強不足ですねヾ(;´▽```)

元々いろいろとアニメを見る習慣が無い人生なもので。余った時間は寧ろアニメよりオモチャを改造してます。

レビューするとなると作品は知っといた方が良いですからねぇ。我ながら困ります。

ちなみに当時のクリスマスプレゼントはビクトリーセイバーを買ってもらいました。

アニメ殆ど見てないのに変わった人でしょ。私の場合、オモチャを買うのにテレビに左右されないのでオモチャ会社にとっては

"良いカモ"なのです。今でも変わらないし。

で、ロボマスのセイバーと旧玩具の勇気のブレインと撮ってみました。ちっちゃいですねぇ

小さいフィギュアにはよく有りがちの足が左右でズレてて斜めに立つという状態になってます。私のはね。

↑ G1の旧玩具の白コンに入りました!ダイアクロン隊員より僅かに大きいみたいで

ライデンのトレインボット達には入りませんでした。色々と遊べそうですね。

↑ 機首パーツの頭部を隠す蓋はちゃんと閉まらないです。固体差だと思います。

ランディングギアはタイヤが回るので転がし走行可能です。

↑ 旧玩具では横に開いていたキャノピーですが航空機らしく縦になりました。

↑ 手足を伸ばして本体であるセイバーへと変形します。

この状態で分かるとおり、垂直尾翼が足の裏より下に出ているので前傾姿勢になってしまいます。

↑ キャノピーのスライドは特に進化を感じました。この方が都合が良いですもんね。

↑ ブレインセット!ただ入るだけではなくて蓋と連動して内部で上下します。

↑ まさかこのギミックまて再現するとは。顔のギミックが無かったとしてもこのギミック自体が無茶なモノなので

誰も文句言わないとは思います。無かったら無かったで文句言うじゃないの〜?ってなりますよね。

私はヘッドマスターの下位互換だと当時から思ってたので、小ロボが入るだけで充分好きです。

ロードシーザーもこの調子でお願いしたいですね。

↑ クールな顔で宜しいです。サングラスの下に目も造形されてます。

 ↑セイバー。肩幅が広くて頭が小さい厳つい感じの体型でしょうか。

私のは爪先が緩くて垂直尾翼の件もあって

爪先も完璧に出てくれないので前に倒れ易いです。

↑ 大分小さくなりましたね。この後の合体で逆転しますけど。

↑ 小さいといってもMPのカーロボ勢と変わらないという。一緒に飾りたくなりますね。

↑ 頭部は例のギミックで真横までは向けませんがポージングには充分対応しますね。上下にはさすがに動きません。

関節の可動部は標準的ですが、唯一、股関節が特殊な為、

直立状態での開脚は太腿の向きを変えないとあまり開きません。

この股関節だと引き出し式の関節でもないと難しいでしょうね。

スターセイバーへの合体でのカッチリ感を優先した結果かと推測します。

中ロボはこんな感じでいいと思います。逆の考えの人もいるとは思いますが最終形態で

可動とか体型とかのバランスが取れてる方が良いですから。

↑ スターセイバー状態でも持たせられるセイバーブレード(小)が付属します。刃は取れます。

この柄の部分はどっかに収納か取り付け出来るのかな?説明書に載ってないんですよね。

↑ スターセイバーへの合体レビューは上の画像をクリックして下さいっ!

 

トランスフォーマー カテゴリーへ

ホームへ戻る