2016.03.05 追記:発売から1年以上の時が流れましたが

MP-22 ウルトラマグナスの改造中の人っぽいのが大体完成しました。

もちろん、壊れたオモチャからの流用品です。塗装もしていません。

自分でも、白コンには流石に見えないと思いつつ製作してましたが、画像では白いナニカにはなってる気も…しないか。

完全な白いコンボイである必要は私の中ではあまり意義がないので自作ならこれでいいかと。(中の人が御爺ちゃんだとアレですが)

最初、買う時にキャブが分離するという事前情報を入手してたので

じゃあキャブに手足を付ければいいんだ。」と軽く思い製作開始して1年以上が経過してしまいました(*^-^*;)

キャブ本体は無改造で手足を追加しただけです。手足は取り外し可能です。

キャリーカーの荷台部分と合体しウルマグに戻せます。

まだ未完成な部分があるので完成までもう少し掛かります。その時にまた追加します。

2015.01.06 ウルトラマグナス可動化改造の途中経過です。

まだ途中ですが出来ないなら自分でやるか!というプロールの改造の時と同じ感じのレビューです。

さあ、MPウルトラマグナスのターンだ!

右腕の肩関節は無改造で限界まで横に可動させた状態ですが左肩は引き出し関節にしましたので大分違いが分かるかと思います。

勿論、肩は関節を引き出しても回転します。

派手なポーズを決めれば肩関節もあまり気にならなくなると思います。

↑ まだ左肩しかやってませんが設計、パーツ選定も含め5日掛かりました。内部を削るのでもカナリ掛かりました。

デザインナイフと安い彫刻刀しかないので刳り貫くの大変でした。

ご覧の様に単純な構造で出来ますから最初からタカトミさんの方でやってくれると強度・精度の面でも優れますので助かるのになあ。

ガオガイガーのレビューをそっちのけだったのは改造の為でした。すみませんです。

↑ 2015.01.18 改造の続きです。右肩の改造もやっと終わりました。

腰のサイドアーマーも可動範囲拡大の為、左側だけやりました。黄色いマスキングテープを貼っている方です。

股関節は股間のカバーが一応上下できるので可動範囲は広いんですよね。

ただ設計ミスなのか、あえてそこまで可動させる事は考慮してないのか分かりませんが

角度によっては太ももの上部角が腰部分に干渉して青くなっちゃうんですよね。構わず動かしちゃいますけどね。

↑ 両肩、動くようになりました!肩はMPロディマスぐらいの可動域になりましたね。

↑ 動く様になったといっても、他MPや他ロボと比べたら大した事ないじゃないか!とお思いでしょう。

ですがロディマスと違ってウルマグの方が機構的には難しいので頑張った方かと。

レビューはまだ続きます。近日また更新します!

2014.12.29 超合金魂 ガオガイガーとほぼ同時期の発売という事で

比べながらレビューしたら良いんじゃないかと思ったのですが

今回はバンダイの圧勝だったので止めました。値段の違いはありますがぁ…

  トランスフォーマー マスターピース MP ウルトラマグナスのレビューです。

定価18000円。私は14000円ぐらいで予約してました。

↑ MPロディマスと。ロディマスコンボイ状態じゃないのでロディはもう少し身長が伸びますが

圧倒する大きさ。身長差、良いと思います。

 

↑ MP-4 コンボイ 完全版と比べると何と!コンボイ司令官の方がデカイ!

体型はウルマグの方が良いけどクオリティはこちら(コンボイ)の方が良いと思います。

↑後ろ側の腰アーマーがオリジナル解釈なのかな?

↑ 体型は凄く良いと思うのですが頭部は丸みを帯びてるし顎はこんなに長かったかなぁ?という印象です。

腕の付け根の回転は勿論します。引き出し式で可動を確保するのかと思いきや、肩関節は可動を諦めており、

軽くポーズ付け出来る程度です。ココだけ まるで低年齢向けの玩具並です。

大きめのMPは肩の可動を追求しない傾向があります。

例を挙げれば旧コンボイ、メガトロン、ロディマスなどです。変形が複雑な為、可動は甘めに評価されますが

やっぱり不便なんで可動を追求する様、促す方が良いと思います。せめて変形!ヘンケイ!コンボイ並のレベルはあって欲しいですね。

可動を省略する場合があるとなるとスターセイバーが不安になってくるぅ…

↑ 肘は90度までは曲がりません。

↑ 下半身の可動も最初から度外視してますね。

タカトミさんからしたら"やろうと思えばもっと出来るけどお前らこれで満足でしょ?"というのが伝わってきます。

プロールの時と同じです。

勿論、可動派や"MPは最高峰のシリーズだと思っている人"には納得出来る物ではありません。

変形と体型のみに拘る人には

満足出来る内容だと思います。そういう御方は大凡(おおよそ)の玩具でも満足できると思いますが好みは人それぞれですからね。

↑ ポージングとなるとこの程度になりますね。私にはこれじゃつまらないですけど。

確かに"対決ごっこ"とかして遊ばないけども関節が自由に動くという事実が欲しいワケで。

変形だって面倒で2,3回しかさせなかったりしますが、"アレもコレも出来るんだよ"という満足感が欲しいのです。

↑ 夢を見ていました…ウルトラマグナスが泣く夢を…。

あ、違う!盛大にはみ出した塗料やないか!交換してくれるかなぁ。

↑ ああ、頭部内部に白いコンボイがいるんだネ!中の人がいなくてもコレでOK!

な訳がない。コンボイが骸骨扱いって可笑しいじゃないか。

↑ 顔2個収納。有り難いといえばそうですね。箱から出し入れするよりは早い…か…?

ちょっと怖いけどね。

↑ MP-10 コンボイを持ってないのでロディマスのマトリクスを入れてみました。一応入りました。

顔写真を飾ったら仏壇にもなりますね!

↑ マグマグのォ、腕っ!!

凄い変形ですが、そもそも可動を結構オミットしてるので当然なのではという疑念が。

 ↑ 懐かしの白いトレーラーヘッド。キャブとも聞きますが私は車に詳しくないので。

バンパーは個人的にはシルバーが良いですね。玩具版には思い入れが強かったので。

 ↑ パイプ仕舞い忘れてますがキャブ部分だけで変形させるとこうなります。

ウルトラマグナス玩具といえば合体ロボだったのですがただの分離玩具になってしまった感じです。

アニメ的には中の人の合体は明言されてないので○。

オモチャ的には元々合体ロボだったので×。

コレは何ですか?オモチャです。なので×です。

アニメファンだけでこの世界は回っておりません。オモチャ好きもいる事を忘れないでいて下さいな。

↑ このサイズ比、なるほど。分からん。

↑ 人間が小さいのか、トレーラーがデカイのか…

ダニエルとスパイクは乗ったまま変形可能です。ソコは面白いですね。ただ何時の間にか落下している何て事もあるかも。

↑ で、何やかんやでカーキャリアになります。デカイけどコンボイ完全版がもっとデカイからさ…

最大級ともいえないのが何とも。しかしこの形態は100点ですね。今回、変形は難しくないです。

タイヤは全部ゴムです。劣化が心配です。

↑ 旧玩具では別パーツだった物も肩ミサイル以外全部収納してますね。

↑ そうそうそう、シルバーボルトの発射台にも成るんですよね。

MP スぺリオンも宜しくネ。

↑ 私的にはウルトラマグナス、プロール型3体と大好きなロボをやらかしてくれたのでMPの信頼感が私の中で下がっています。

可動域の安定というかMPはせめてこれ位の可動域はクリアしようという規定でも設けたらどうかな?

その方が買う側も安心出来ますし

なんて思った MP ウルトラマグナスのレビューでした。好き勝手いって申し訳ないですぅ。

今回のは思い入れが強いキャラでしたので正直ガッカリでした。

 

トランスフォーマー カテゴリーへ

ホームへ戻る