2016.02.19 トランスフォーマー コンバイナーウォーズ オンスロート ボイジャークラスのレビューです。

海外で先に販売された物ですね。日本版はまだ発売されておりません。

↑相変わらず青い背景でホットスポットが見辛いですがご勘弁を。結構なリデコ率でホットスポットの量産型みたいになってます。

知名度が有る、または人気キャラをリデコで済ますのは私は反対な方ですが

敵キャラですし、5体合体セットになるとクリスマス商戦ぐらいの強気なお値段になってしまうので

大人の事情で仕方がないですね。客観的に見てもこのリデコは成功しているので批判も非情に少ないかと思われます。

↑ 砲台に変更。踵が追加されて安定感が増しました。

砲台部分は説明書ではよく分らない部分だったので適当に畳みました。

↑ 膝関節は箱から出した状態だと一部緩いので一段階縮めると固定されます。ちょっと固定がし辛いですね。

 

↑ 皆様がどのくらいの画面でご覧になってるか存じませんが、これぐらいアップにしても塗装された部分の荒は特に見受けられず

丁寧な印象です。目も集光ギミックではなく塗装再現です。

肩部のジョイント凸部分の様な部分まで塗っちゃうのは少し気になりますけどね。

↑ プロポーションはホットスポット譲りなので問題ありません。

↑ 腰や足首などは動きませんが可動域はトップクラスのままです。

↑ G1では大型ガントラックらしいですが恐らくこれもそうですよね?ホットスポットとは前後が逆になってます。

↑ 横から見ると車両の一体感はあまり無いです。

私はバルディガスしか持ってないですが旧玩具の荷台っぷりが印象深くて違和感はありますが、これ以上やるとリデコの域を限界突破してしまうのでしょう

↑ 砲台は一応回転します。私は巨大ロボへの合体後の頭とか装甲などは

コンバイナーウォーズでも手首足首がそうである様に別パーツでも構わないのですが

平たいジェット機の様な胴体装甲を体に組み込むとなると無茶なレベルですよね。

などと文句を言いつつ私はビークルモードには大らかなんですけどね( ^^) _旦~~

↑ やっぱりリデコだから隙間が…と思ったら元から有るんかい。なら仕方ない。

右の手足の人達は後で日本版を買うのでその時に。画像のは海外版です。

↑ 合体モード。腕の固定方法を変えての肩の出っ張りはG1のイメージなんですね。

何故かリデコ元のガーディアンより旧玩具の再現性が高いという。

ガーディアン、旧玩具にはあまり似てないですからね(#^^#)

↑ 変形させてる時にタイヤが1個取れたんですよ。あっ!折っちゃったのかな?と焦りましたが

はめ込み式のタイヤで取れるみたいですね。

↑ 頭部は収納の都合もあってかボールジョイントで可動します。

角度調整によって表情を楽しめます。

顔は旧玩具の古い感じでファーストガンダムのアニメみたいな、ガンダムエースではアレを

タレ目と書いてますけど他のガンダムの目が吊り上がりぎみなんでそう書いてるんでしょう。そんな感じ。

で何が言いたいかというとコレはコレで好きです。馴染み深いです。

私のイメージでは頭部は黒ではないんですけどね。

↑ なんちゃってブルーティカス。手足取り換えのスクランブル合体なんて意味がないと思う事もありますが

こういう時に本領を発揮します。

↑ 可動域はガーディアンより干渉する部分がないので工夫次第では膝立ちポーズも可能

合体モードだけならガーディアンの上位互換となってるかと思います!敵ですけど。

↑ ガーディアン用の非正規の手首足首を付けた所。(※本商品には含まれません

デストロン成分の色が少ないので正義のロボって感じに。

↑ 対峙するイメージで置いたのですが握手してる様に撮れてしまいました。すいません。一時休戦って所でしょうか。

海外版をワザワザ買った理由は一つ、旧玩具版ぽいのを再現する為です。日本版は今年6月ごろなんで楽しみです。

 その他のレビューはこちらです。

トランスフォーマー カテゴリーへ

ホームへ戻る