2016.05.14 トランスフォーマー ギャラクシーフォース破壊大帝 マスターガルバトロンのレビューです。

ついでに破壊大帝 マスターメガトロンも適当にレビューします。

ガルバトロンの方は限定商品となっております。

箱は高さ約39cm、奥行は約12cmもあり大きいです※ガルパトロンとメガトロンは別々の商品でセット箱ではありません。

真破壊大帝様の箱の正面、上方には「漆黒の光よ!天地へと降り注げ!!」と書いてあり、中二病を先取りなさっていた事が分りますね。

メガトロンの方の価格は当時5460円(当時の消費税5%込み価格)です。

ガルバトロンは当時5616円(?)らしいです。2005年09月22日発売。

まだタカラトミーになる前のタカラ時代の物なんですね。

↑内箱はこんな感じです。透明プラ梱包材のインナーブリスターが

外枠の内箱裏面とよくテープでガチガチにとめられてる場合がありますが本商品は完全に別になってます。

針金で2か所と少ないです。開けてすぐに遊べます。

↑ ミニパンフのイラスト。開いた瞬間に笑ってしまいました。必殺技をゼロ距離でブチ込む司令官に。

ラスボスの最後の瞬間に見えますが右下を見ると「旅はまだまだ続く」とあり

司令官はまだまだブチ込み足りない様です。

↑ガルバトロンの方にはカードとハガキとミニパンフが入ってなかったんです。梱包し忘れたかな?分りません。

コレはメガトロンの方のカードでコンボイ目線で説明が語られているのが珍しいですネ。

↑ フォーミュラカーですね。約32cmもある迫力のビークルモードです。

マイクロンは比較用に置いた物で、付属しませんよ。

↑ 造型は全て一緒ですが、やっぱりマスターメガトロンと違いガルバトロンは統一感があります。

一番、目を引くのが運転席のキャノピーですね。モールドに沿って塗装してあり、キリッとした仮面を付けてるみたいです。

メガトロンのキャノピーは箱の写真の様に もう少し濃い色でも良かったかな。

↑ 先端部分は両腕を合わせているわけですけども、

拳を覆っている尖がりカバーパーツが軟質パーツで

内側の部品と干渉して外側に引っ張られており、ピッタリ合わさらないです。

↑ ロボ時の脛アーマーが一番後ろの微妙な位置にあるのが邪魔ですけど

フォーミュラカーモードでの纏まり感はナカナカの物でカッコイイですよね。

↑ フォースチップを差し込むと二基のエンジンがタービンを回しながら斜め上方に向かって広がります。 微妙な変化で画像では分り難いです。

電池が入っていると、それと同時に5秒間ぐらいビョォォォォーーッ!とエンジン音が鳴ります。

結構うるさいです。マイクロン伝説のメガトロンほど迷惑ではないですが。

↑ また、ミサイルを発射させると同時に発射口が光り、ドヒュゥーッ!と発射音が鳴ります。

楽しいですが、これも結構うるさいので、イライラしてる人の近くで連発すると殴られる恐れがあるので注意が必要です。

↑ フライトモード。カーモードの前輪だったブロックを後方に折っただけです。

画像では"まあまあ"ですけど、実物はジェット機にしては飛び辛そうだなという感じ。大きな翼も無いですものね。

↑ でもエクスカイザーのダイノガイスト様を思い出す良いギミックですね。似てはいませんが。

フォースチップのギミックはカーモードと一緒です。

↑ 真破壊大帝 マスターガルバトロン!約25僂梁膩燭TF玩具です!

体型も御子様向け玩具にしては良く、箱から出した瞬間に自然と「カッコイイ…」と呟いてしまったぐらいです。

Twitterはやってないのでツイートはしませんが、共感してくれる人は少なくないハズです。

ガルバトロンというより逆にメガトロンですけどね。

劇中に登場するパワーアップした姿という事で赤いラインがエネルギーを手足に伝えているかの様で良い配色ですよね。

首元の黄色もオシャレです。拳は収納の関係でやや小さいですかな。

↑ マスターメガトロンの方は"自らの体を進化させ続けている"という事でチグハグな色をしているのですね。

説明を聞けば納得ですよね。腕なんかユニクロンに似てますもんね。

活躍期間も通常カラーの方が長いのでこちらの方が好きな方もいるでしょう。

ですが殆どのメガトロンキャラはシルバーが似合うのでこういうリカラーも良いですね。

銀色の生恐竜は嫌ですけどね。

↑ 背面の左右にある前輪ブロックは"宙ぶらりん"の状態です。

背中はフォースチップギミックと電池によるギミックの影響で大きな板状と化しており、スッキリ纏めるのは難しい状態です。

↑ 同じ造型、同じ表情なんですが、マスターガルバトロンの方は怒りに満ちている鬼の様な頭部に見えますね!

通常カラー版で御分りのとおり、元々ハンサム顔です。

↑ 額のツノを立ち上げると隙間からクリアーパーツが見えちゃうのでガイル少佐みたいな軍人的なままの頭部も好きです。

↑ レジェンズ版のメガトロンじゃなくてもMPメガトロンの代役になりますね。

デザインが全然違うので代役というよりも"先生が急病で来られないので臨時の先生です"って感じです。

こんな俺様な先生はイヤですっ。

これまでのTF敵リーダーは小さいのが多かったのでこのサイズは当時珍しく、貴重な大型敵玩具の一つでした。

↑ UWガーディアンと。10年前の玩具にはとても見えませんね。30儺蕕旅臑離蹈椶貿る大きさです。

↑ 胴体はライナーガオーでも差し込むのかというぐらいの空洞がありますけどね。

逆に考えれば何か小さいフィギュアを入れてイジェ〜クト!して遊べばいいじゃないの。

↑ 関節は結構動きますね。

頭が蝶番と干渉するのであまり回りません。腰も殆ど回らないです。

拳は回転します!

足を曲げると太腿が少し短く感じます。

難点としましては足首関節がクリック機構になってるとはいえ前後に揺れ易いので立たせ難いです。

股関節横方向にはクリック機構が入ってないので緩めで派手なポーズをさせるには調整が必要かと思います。

↑ 背中の両サイドにフォースチップをイグニッション(挿入)する事で武器を取り出し、使用できます。

逆に言えばチップを無くすと武器が使えない…。故にチップはこのシリーズ共通のジョイントになっております。

チップを介さず、スイッチ一つでギミックだの取り外しだのが可能な方が遥かに遊び易いという……タカラさん…

↑で、取り出したのが武器のデスマシンガンとデスクロー!

デスクローは刃が軟質パーツで御子様にも安心です。

このマスターメガトロンは鋭角的な部分は殆どが軟質パーツとなっており、安全、且つ、シャープな造型を実現している良玩具であります。

デスクローの向きは逆だったらブラックゲッターのカッターみたいで更に格好良かのに。

デスマシンガンはライノックスを思わせるレバーによる回転ギミックがあります。

ただ、コレを無くすとタイヤが一つ無くなって悲惨な事に……タカラさん……。

↑ この画像の銃は別玩具から拝借して持たせた物です。穴の径は5mmですので。

収納式の武器はイマイチに成り易いので

ボスキャラが持つにはもう少し大きい武器が欲しいかなと。

↑ しかし!有りました!隠し武器、デスキャノン!!

拳の穴に軽く引っ掻けるだけなんで、キープし辛いのが難点です。

最終決戦で使ったらしいけど、私、覚えてないですね。最終話、見たんですけどね。

スーパースタスクとの闘いはこれからだ!って感じで終わりましたよね。

アニメは3Dモデルの作画っていうんですか?この作品だけじゃないですけど、ああいうのがあまり興味なくて殆ど見てないんです。

バイトで忙しかったのが一番の理由ですけどね。

↑ 更に腕をこの様に折り畳んで…!

↑ でも、ウチにはライガージャックが無いのでユニバースのレオプライムで。(リデコ品)

↑ この型はライオンモードは兎も角、出来が良くないんですよね。

腕の関節も変だし、足も動きそうでイマイチ動かないし、造型が棒状だし。

製品ラッシュでアレだったのかな。

↑ ライガーガルバトロンで迫力のポーズを…!と思ったのですが予想以上に重くてポージング不能でした。

立たせるだけでも支柱で支えないと無理でした。股関節が横方向のクリックが無いので又裂きしちゃいます。

ただ、レオプライムとはいえ、コンボイと合体するメガトロンは非常に珍しいです!

プレイバリューと迫力の良玩具ですね。

何年か前に購入したままで箱から出したのは2016年の撮影している本日なんです!

通常カラーで遊んでましたからね。初代メガトロンカラーは思ってたよりもずっと感動しました。

 

ホームへ戻る