トランスフォーマー  デヴァイスレーベル

ブロードブラスト

 2010.07.25

     箱はUSBハブ状態で入っているので小さく、場所をとりません。

↑ 開くとこんな感じです。画面部分は塗装で再現されてます。

USBハブなので厚みがありますが厚みがないとロボにもなれないので問題無し。 

 裏返すと懐かしい姿にみえますね!

ただご覧の通り頭が中に入ってますので頭を出さないと別売りのカセットロンは入れません。

この状態で胸を開けようとすると干渉して壊れる恐れがあるので開けてはダメです。

   

 ↑ おお!強そうなロボに変形しました。

初代アニメを意識したデザインなので待ってましたという感じです。

変形は難しいという程でもなく普通レベル。腕が平たく太いのを塗装で誤魔化しています。

 

↑ この玩具の売りの一つカセットロン収納!1体を収納します。

画像はなんか汗かいてるみたいになっちゃいましたね。

懐かしのギミック!コレがなければ買わなかったかも。

  

 

 

  

 

↑ USBケーブルが付属します。まだパソコンに繋いでないです。

↑ あなたはトウシバの社員ですか。

ヒザ裏には配線が見えています。コレは実際に電化製品として使う配線です。

ヒザの可動の邪魔はしません。しかし股関節が後ろ方向に足が上がらない様になってます。

破損防止の為だと思われます。

肩も横方向にあまり上げられません。ギャラクシーコンボイと同じぐらいでしょうか。

腰の回転はありません。それでも可動域は広い方と言えます。

↑ ヒジはボールジョイントなので保持力は弱めで重たい武器は向いてません。

武器は付属しませんがコブシに穴は空いてます。画像はコマンドジャガーの武器です。

ヒジは90度以上で180度近く曲がります。

サウンドウェーブは初期の物なのにデキが良いですね。

この2体は高さが違いますが横幅が勝っているので同じぐらいのボリュームに感じます。

違和感はありません。(私の個人的な意見です。)高さは初期であるG1期の逆になりました。

↑ 電化製品と融合した玩具として見たら私には満足できる玩具でした。

別に電化製品としての機能は無くても良いなと思います。その方が安いでしょうし。可動範囲も更に広がったと思います。

デザイン的に変形!ヘンケイ!シリーズと並べて飾れるのが嬉しいですね。

そしてネコ耳。

以上、今日の簡易レビューでしたぁっ。

ホームへ戻る