オスプレイは時事ネタですね。 スミマセンm(__)m見た目は同じMPキングエクスカイザーですが…片方はの通り腕の根元を「コの字」にカットしてます。

コレは胴体を伸ばす為に行った改造での様に無改造でも胴体は伸びるのですが腕が付いてこないのです。は今回作った自作パーツです。

使う為の最低限の形を作ったという程度です。の様に小ロボが入ってます。作り込まれてないので脇腹から小ロボが見えています。

MP マスターピース 勇者 ドラゴンカイザー グレートエクスカイザー ←通常のはこちらです。

ちょっとは変わったと思ます。胸の金メッキパーツが増えているのはカッコイイと思ってやってるんじゃなくて

腕の付根を隠してるの。腕の付け根は巨剣を保持する為にクリック機構に変えてます。なので元の細かいスイングはできません。

問題は胴体を開ける時に前もって自作パーツを外しておかないと自作パーツの金メッキ部品がブッ壊れる事です。一回やっちゃった。

可動範囲は大体同じです。だって腕の付根を切り離した意外は同じ物ですから。元に戻せばビークルに変形します。

うん。ダサい。コレはスタンダードのドラゴンカイザーを改造した物でフル可動にしたのは良いのですが

今回合体させる為に作った物ですので適当です。コブシはMPと兼用です。

↑ ウチのMP(マスターピース)ロディマスコンボイは足の変形が上手くいきません。

↑ さっきのヤツを分解してこうなります。ご覧の通りヤツの胴体部分は一切使いません。

↑ 左が自作パーツを追加した方です。右は無改造。見れば分りますね。どちらも同じ物を使って撮影してます。

超合金魂バイカンフーの背面を見れば一目瞭然ですが、撮ってなくて…要するに胴体に1ブロック足してるのです。

↑ 胴体を伸ばして腕の付け根の位置を変更してます。

この改造は胴体と腕の付け根をドライバーで分解して成り立ちます。本体に加工はしてません。

ケンリュウは排除してます。元の状態でもケンリュウを排除してダミーを入れて可動範囲を広げてますよね。

私の自作パーツの場合は固定されてないですがロムだけ入ってます。

肩関節の後ろに大きく出っ張ってる所が有りますがソコは鉄製で外れないのです。腰の内部が無いので後ろにガクンッとなります。

前の状態からパーツを足します。二の腕、腰パーツ、ヒザ、肩です。胸と頭はMP グレートエクスカイザーのヤツね。

ライト グレートエクスカイザーです。これ等の青いパーツの殆どは色を塗ってません。成型色です。

この合体のセイで足の赤い所の赤塗装が剥げます。胸パーツの上のロックが干渉して出来ません。

マイクロンは勿論、他のヤツも合体できます。既存のジャンクパーツを使ってるので簡単な改造に見えますが

うまい具合に合うパーツなんて無い訳で加工だらけです。元々のSTDドラゴンカイザーの足を見たことある人なら分りますよね。

足首が動かせる様にする改造は大変なんでスルーしました。ポーズを付けての接地性は良くないです。

 

ちなみに改造した状態でMPのドラゴンカイザーと合体した所です。頭までで約28cmになります。

このままで良いじゃないかと思えますが重くて足のクリック機構が意味を無くすので今回、軽いのを作ったんですね。

30cmぐらいあるコンボイ司令官がバイカンフーの最終形態みたいになっちゃってますね。

 

ダイアトラス トランスフォーマーゾーン

シーエムズが発売した不良品が仕様のダイアトラスをリボルテック等の関節に変えて再生した物です。

ご覧の通り変形は全部差し替えです。彼はトランスフォーマーゾーンの司令官です。

↑ スターコンボイ。早くグランダスを再販して。ウチの部品無いし。

]

 ↑ 全てにおいて下手なので、幼稚なレビューと評すのは仕方ないし非常に簡単ですが

エクスカイザー、バイカンフー、ダイアトラスと気が遠くなる時間を要し改造&修復をして

一ヶ月掛けて撮影し写真マンガにする努力は御理解頂けると有り難いです。

 

ホームへ戻る