↑ 魂ウェブ商店限定 エクストリームガンダム オプションセット のレビューです。 ROBOT魂 です。

↑ 箱は薄いです。買いそびれた人は いつもの外箱にこの箱が入ってますから、もし店頭でコレを見かけたら即GETするのです。

 ↑ さっそく、エクストリームガンダム type-レオスの一部装甲を剥がして やらしいハンドで着せ替えをしていきましょうネ。

 ↑ エクストリームガンダム type-レオス アイオス・フェースです。

見た目は翼ですが実際に手に取るとパネルの集合体で重いです。後ろの追加腰装甲が無かったら仰け反ってしまいます。

νガンダムやフリーダム的な意匠もあり格好良いです。羽が無くても充分格好良いです。

サイコミュ系の装備ですね。多分。

↑ ヴァリアブル・ライフル。カクカクしてて良いですね。

 ↑伸縮はガンダムマーク兇僚發離螢好撻トですね。差し込む位置を変えて縮ませる事が可能です。

持つ所は無いようです。

↑ ウイング展開。ROBOT魂の中でも屈指の迫力ではないでしょうか。

↑ 重いです。台座で飾りましょうね。

↑ ウイングから4機のファンネルを取ります。ストライクフリーダムですね。

↑ ジョイントパーツを介してディバインシュート!好きでマンガ毎月読んでるけど装備の描写は覚えてないんです。

2次元だとほぼ白黒だし装備の違いが分り難くて。ゲームの方はやった事ないです。

 

↑ エクストリームガンダム type-レオス エクリプス・フェース。

砲撃戦の装備ですね。一旦、ノーマルモードに戻して肩と腰のサイドアーマーを換装。

ヴァリアブル・サイコ・ライフル。凄い名前だよ。一気に重装備に。

クロスバスターモード。ウイングゼロのツインバスターライフルの様にライフルがドッキングします。

この時のレオスさんは人格が変わってクールモードになります。

↑ 肩アーマーにはブラスター・カノンが内蔵されてます。

が、後日もう少しブラスター・カノンが伸びる事が分ったので画像で訂正します。

↑ エクストリームガンダム type-レオス EXA・フェース。(エグザ・フェース)

本体付属のゼノン・フェースと合わせてコレに成ります。

↑ 翼が重いのは変わらず。凄い。このセットが無いとゼノン・フェースが本領発揮しないと思うのですが

何で魂ウェブ限定なのだろう。ご覧の様に腕の増加装甲の上からジョイントを介してシールドを付けられます。

↑ 要するに私の大好物、フルアーマーガンダムじゃないの。ヒャッホォイッ!

ところで顔はいつフェイスオープンするのよ。

↑ ゼノン・フェースのバックパックの上にまさか翼が乗るとは…!

恐るべしエクストリームガンダム!

↑ そして各所展開!エクストリームガンダム EXA・フェース フルブーストモードです!

適当に石破天驚拳を撃ってるイメージ。天驚拳まで出来るのかは知りません。今でもたまにちょこっとドモン出てくるし。

↑ 腰の後ろアーマーまで展開してます!神々しいっ。

↑ 何で台座を使って撮影しないかというと持ってないから(^_^;)

皆様は台座を使ってね。片足立ちはさせない方が良いよ。以上 エクストリームガンダム オプションセットでした。

他の装備も出ないかなぁ〜っ(^o^)

 ↑ 2013.04.13 ROBOT魂 エクストリームガンダム type-レオス ゼノン・フェースのレビューです。

GUNDAM EXA (ガンダムエグザ)の主人公レオスの主役機です。『木星の宇宙ステーション「ジュピターX」で始まった、人類を救う為の壮大なプロジェクト…。

人類進化の答えを得る為にレオスたちGダイバーはサポート役のセシアと共にGA(ジェネラルアンサー)と呼ばれるデータ群へとダイブする。』

↑ エクストリームガンダムtype-レオスはセシア様が用意した専用機で御座います。登場するや否や格闘モードのゼノンフェースへと変化しました。

 ↑ 目は光を反射する塗料で塗られております。後頭部には顔が隠されていますが今回のモードでは使わないためツノが接着されており飾り状態です。

 ↑ 初代ガンダムに似たバックパック。上半身は下腹、腹、胸と3ブロックに分割されており良く動きます。前方にはあまり曲がりません。

↑ ジャパンのガンダムは御行儀が良いどすえ。

片足だけでしたが股関節は横方向がチョット緩いです。固体差かな?

↑ では、増加装甲を取り付けて格闘モードに移行しましょう。

↑ ノーマルモードから右画像の部品を外します。

↑ レオスさんは普段は好青年ですが格闘モードになると人格が豹変して「うらぁっ!」とか奇声をあげます。

過去のガンダムシリーズ世界にダイブするので口癖は「学ばせてもらう!」です。もちろんドモンと格闘の修行してます。剣捌きは叢雲劾(ムラクモ ガイ)から。砲撃戦はヒイロ・ユイから。

私は設定厨じゃないので記憶は曖昧です。この主人公はカナリ強いのではないでしょうか。

硬派なファン向けじゃないけど、この作品アニメ化すれば良いのにね。ゲームは有るみたいですけど。

髪の赤い女の子は下品カワイイ ピーニャさんです。

↑ ROBOT魂 エクストリームガンダム ゼノン・フェース。進化状態。赤い部分が増えて違いは明らかですね。パーツのポロリはありませんでした。

 

 

 

必殺!!極限全力 シャイニング・バンカー!!

↑ ROBOT魂 エクストリームガンダム ゼノン・フェース。極限進化状態。

足のフィンは開いた状態のと差し替えです。

↑ ROBOT魂 エクストリームガンダム ゼノン・フェースとは別の商品のエフェクトパーツで遊ぼうヨォッ!無駄無駄っ!

↑ 右の試作品は発売予定の物ですが今回の商品である本体の発売前から受注販売が決まっていました。なんで!?

↑追加パーツも良いですけど このタキオン、カルネージ、イグニス・フェイズを発売して欲しくて今回の商品を買ったんですよね。

皆も買ってネーッ!

↑ 絶望を与えしタキオン・フェイズもどき

こんな風に作れば楽勝じゃない?出してくれないかしら。

↑ROBOT魂って小さいですけど MIAのMFより大きいのですね。

 ↑ ヘルメットが無ければ即死だった(^_-)-☆ ビームサーベルも付属しますよ。

 

 

というワケで、ガンダムエースのマンガもラブラブで面白いガンダムエグザのエクストリームガンダムでした。

 

その他のレビューは↓です。

ビルバイン 迷彩塗装Ver. 

魂SPEC ドラグナー1カスタム

 

ホームへ戻る