↑ 第2弾 ハゼルジンオーレビューです。まずは分離状態のハゼルジュウベエハゼルブオウ&ザオウ

狛犬の2匹の違いは無い様に思います。小さな足が有りまして独立可動し口も開きます。

↑ ジュウベエの可動は膝が動かなくて肩関節は制限があるぐらいです。

↑ ジンリュウの凹の方に白化し易いパーツが有るので予めパテ等で補強するといいかも。

ハゼルジンオーの頭飾りは別シリーズのマグナムポリスに付けてもOKです。ナカナカ分ってるじゃないの。

 ハゼルジンリュウ。尻尾は節ごとにボールジョイント(以下BJと呼称します。)で可動します。

やはりムゲンバインと同じジョイントで全て可動させるとなると外れたりとか支障が出てくるのでBJは必要ですね。

2個買いしてもっとクネクネさせたり、3個買ってキングギドラ風にするのも良いかもです。

 ハゼルヒエン。鳥なので厚みはないですが大型の玩具で迫力満点のツバメ。

 

↑ 以前、頭部を改造したハゼルゴクウ+ムゲンバイン マシンロボNEXTの部品を少し の状態に足してみました。統一感は無いですが一応。

↑ ハゼルジンオーの刀。約18.5cmと長いです。この長さ…分ってるねぇ。出来る事なら刃はシルバーの成型色にした方が汎用性が有ったかも。

平手で持たせるのが基本ですが下にも凸部分が有ります。

↑ 爆獣合神!ハゼルジンオー!Wゼロ改みたいな肩なので似たようなの自組られちゃうのは必至!

バイン好きでこの玩具を逃す理由が有るでしょうか?いいえ!無いねっ!

足首はBJです。分ってるじゃないの!

↑ 髪の毛を模したパーツも素敵じゃないですか。髪は基部から上下に動きます。

ハゼルセイオーとは全然違うロボが誕生しましたね。

↑ 顔面はチョット温い造形ですがライジンオーにヒゲが生えた感じかな?鼻の下にまでヒゲがモールドされてたらアウトでしたね。

頭部と首は分割してBJにしてくれると良いんですけど。宝玉パーツとかもクリアーパーツにして欲しいかも。

↑ 関節可動は普通に出来ますが商品のままだと股関節や腰などが緩いし翼パーツは外れるしで厄介です。

自分で改良するしかないです。

↑ ハゼルセイオーにハゼルジンオーのパーツを少し拝借!

モチーフが中国の武人と日本の侍と違うしパーツの形状とか と2体合体は難しいので。

ゴールドに塗装されたパーツをもっと増やしてもらって黄金聖闘士にするのが夢です。

↑ ハゼルセイオー必殺!他人のエフェクト!

ハゼルジンオーの次は騎士っぽいシルエットが箱に載っているので超期待ですね!今回のはナカナカ満足出来る内容でした!

 

 

↑ ここからは爆獣合神 ジグルハゼル ハゼルセイオーのレビューです。まずはハゼルゴクウ。猿というよりガスマスクをした人みたい。

可動範囲は良く動きますが接地性が悪いので尻尾で支えるのが良いかと。

当掲示板でもSSさんに教えて頂きましたが発売元はバンダイの子会社メガハウスであり、このシリーズはジョイントも同じですし食玩のムゲンバインと非常に似ております。

ハゼルサゴジョウ。開脚は少範囲ですが普通に関節が動きます。

ハゼルハッカイ。胴体と頭が大きいブタです。体型からしてアクションは厳しいですね。他2体と違って角ばっているので豚っぽくない。

以上、3体は指が動かない為、専用武器を持たせると変な持ち方をします。

↑ 黒の成型色に白、金の塗装をした部品です。私は塗装には五月蠅い方ではないですがコレは酷い。特に酷かったパーツがこの2個でした。

ハッカイは殆どのパーツが黒い成型色で出来ており塗装部分が多いです。工程の多さも起因しているのかも。

ちゃんと塗れてる部分もありますので全部がこうという訳ではありません。

リペイントは面倒なのでやりたくないですがこの程度でメーカーに送り返したりはしません。コレを買ったお子さんが泣くレベルだったら送り返してね。

↑ 腕はみんな良く動きます。

↑ 今回の商品を見る限りではこのギミックは不要だと思います。いづれ合体に使うのかも知れませんが

特にハゼルサゴジョウの甲羅ギミックは厚みが増して格好悪いと思うので普通の盾で良かったのに。なりきり玩具のブレスレットみたい。

※ 箱には危険なので遊ばない時はゴクウの手、腰を外して下さいと書いてあります。何故、付けた。

 

↑ジグルハゼル ハゼルセイオー。

合体過程とか不要でしょ?変形してる部分が少ないですから。体型は良いですね。しかし完成品玩具なので食玩より厳しめに見ると

二の腕が細めですね。首、胴体の関節は横回転軸しかないので姿勢が良すぎると思います。小さい子供は気にしない様な事ですけどね。

手首が平手ですがゴクウの手首と交換すればグーに出来ます。当たり前ですが対象年齢3歳以上という事で武器の先端は丸いです。

↑後ろ姿は腰のアーマーが張り出し過ぎで下過ぎです。腰部分はハッカイの頭が展開した物でハッカイの前頭部を外れる様に作れば良かったのでは?

ポーズをとらせると太腿と腰の側面アーマーが干渉し、腰の軸が短い為に外れる事が多々あります。ボールジョイントかj又は少し上に取り付ければ良いのに。

 ↑膝立ポーズは膝から下が長い為、人間の様には出来ませんが充分動きます。

↑頭部はタイムロボを思い出します。何故か?奥まっているからです。マスクが邪魔です。でも、外すと丸っこくて変。

マスクが外れるので別商品のパーツが今後 付くのかもしれませんね。カッチリとした関節(クリック機構など)を期待したのですが比較的に低価格な故か

ムゲンバインNEXT或いは以前の食玩ムゲンバインと変わらないです。

武器などのパーツの裏側が肉抜き穴なのも変わらずです。ココは考慮して頂きたいです。

ブロックトイとしては優れていると思うので更なる進化、発展を期待しております。m(__)m

↑さて、ココからは頭部のプチ改造です!まず喉というか襟のシルバー塗装されていた所をデザインナイフで刳り貫きました。

ソコに144分の1のガンプラに使われるボールジョイントを移植。これは少し前後に動く様にしてます。

頭部はマスクの開閉機構を残してピンバイスで数箇所の穴を開けつつポリキャップの入るスペースを確保しました。この画像の後に瞬着パテで固定。

画像は見苦しいですがご勘弁を。頭部は接着されているので分解は難しいと判断してこの作業に至ります。

マスク開閉機構の為、スペースが無く、ポリキャップは筒状の物を半分程に切ってます。筒状のを使ったのはホールジョイントを上下にずらせるからです。

他のパーツと頭の組み換えは出来なくなりました。ハゼルゴクウだけ買おうかな。

 

↑上下に動く事により引き締まってキリッとした感じになったかと。

マスクというか頬当てはスッキリしたくて猿の口を切断してパテや市販パーツでダクトにしました。

アニメ プロモーション動画での頭のマスクの形状は玩具製品版と大分違うんですよね。

アニメ プロモーション動画は製作後に見たのでアレを再現した訳ではありません。

↑この状態をハゼルセイオーのノーマル状態としてます。

足は立たせやすくする為にムゲンバインのマシンロボNEXTのパーツも使ってます。

ジグルハゼル ハゼルゴクウ改です。殆ど変わってないですけどね。

↑ジグルハゼル ハゼルセイオーへ合体後に頭部の側面パーツが閉じる方がスッキリして良いかなと思いまして。

頭はバンダイ系が得意のボールジョイントにした方が良いかも と思うのですがいかがでしょう。

 

↑首が動くダケでも表情が増えた様な気がしますね。気のせいですけどね。

以上プチ改造でした。お粗末様でしたーっ<(_ _)>

他レビューは↓こちら

 

ハゼルオーダイン

 

ホームへ戻る