↑海外限定 トランスフォーマー UNIVERSE HARDHERD

ユニバース ハードヘッドのレビューです。

↑誰か翻訳して。

↑日本でいう「変形!ヘンケイ!」、「ユナイテッド」、「ジェネレーションズ」に絡めて遊べる物ですね。

紺色の方はオンスロートです。ハードヘッドはギャラクシーフォースのキャラでもリカラー品が出ましたよね。

↑転がし走行をさせると電池ギミックにより勝手に走行音なのか良く分らない音が鳴ります。

このハードヘッドは探してから購入に至るまで2年以上掛かりました。プレ値で高額なのと非正規パーツが出たので

やっと手に入れましたAmazonで。アメリカから輸送されてきました!

アメリカのガイル少佐みたいなムキムキで屈強な男達が梱包&発送してくれたと思うと感慨深いものがあるよ。Thank You

↑思いっきり車体先端のライトを立て忘れてますけどね。昼間モードという事で。

↑色以外同じなんで ハードヘッドというよりオンスロートですね。

っていうか胸の窓とか肩の出っ張りとかでイデオンっぽい。

シールドのデザインは良く分りませんが遊びが入ってますね。元ネタはヘッドマスターですね。

↑目が光ります。塗装がカナリ酷いです。傷が多い。しかも説明書も入ってなかった。

製造が中国で販売がガイル少佐だから仕方ないね。

↑電池ギミックは指でスイッチを押して発動しますが指を離すと直ぐ消えるので撮影には使い難い。

光るのと音が鳴ります。オンスロートと同じです。

 オンスロートはを参照下さい。

オンスロート USAエディション

 ↑ HOTHEAD ホットヘッドのパッケージ。コレはヘッドマスター ハードヘッドの非正規パーツです。

※トランスフォーマーのではありません。

↑ ハードヘッドの量産型という設定のイラストに見えますね。よう知らんけど。

後に普通の口のバージョンも発売されました。

 

↑ 本家ヘッドマスターより小さいです。こういうのは非正規じゃなくてタカトミがリメイクしてくれるのを待ちたい所なんですが

改造パーツとしては注目せざる得ないですね。

↑ 顔を隠すギミックが無い事もあり、頭部形態の造形は良いですね。

目はクリアーパーツですが透明度は高くないです。

↑私の中古で武器欠品だったハードヘッドに武器が!パネル部分は壊れたままですけど(^_^;)

↑頭部回転も出来るしヤッター!と思っちゃいました。タカトミさんゴメンナサイ。

旧ハードヘッドはを参照下さい。部品揃ってないですけど。

クロームドーム その他

↑ユニバース版ハードヘッドに取り付けたところ。

画像では分り易くする為に出ていますが、頭を+ドライバーで外しているので車体のジョイントを外したり調整すれば

ホットヘッドは中に収納できます。無理やり押し込むと壊れますよ。

↑非正規 ヘッドマスター ハードヘッド完成!これはカッコイイ!

↑ジェネレーションズのブリッツウィングと。ハードへッドの方が全然デカイ。

↑ジェネレーションズのスプリンガーと。良いコンビになりそう。ボリュームの違いは見ての通り!

↑この画像は ユニバース版ハードヘッドは国内では発売されてなく

入手困難だったのでオンスロートに取り付けた物です。オンスロートの足の爪先を畳むの忘れてます。

↑腰のパーツは付けない方が遊び易いです。

※オンスロート用の非正規ヘッドパーツも発売されましたがこちらは不要と思ったので買いませんでした。

↑普通にカッコイイです。オンスロートですけど。

↑やはりデカいんですねぇ。変形!ヘンケイ!コンボイが小さく感じる。

 

↑電撃ホビーマガジンの付録のソードアートオンライン にいてんごリズベットと

約一年前の付録のアスナですね。他の雑誌でも色んなバージョンの付録があります。お金が無いので買えません。

どんなキャラかも知らないし。

↑というワケでハードヘッドでした。海外限定はズルイですなあ!

TFの元ネタ玩具は日本なんだから海外との格差は失くすべきですな。

 

ホームへ戻る