↑ ウルトラマンギンガ ウルトラチェンジシリーズ ジャンボット のレビューです。

購入した理由は前回のジャンナインと同じです。同じ日に予約したんですもの。相変わらずキャラ設定は分りません。

↑ 想像してたより細身の体型でした。ちょっと胸の装甲(胸板)が下がってますね。もう少し上げてればもっと良くなったハズ。

この状態でフル装備になります。シールドが2つ付くという変わった装備です。足の接地部分は角度が付いてますね。

前回同様、小さなお子様向けの玩具という事でやはり突起物などは軟質パーツになっております。

↑ ウルトラマンに出てくるキャラなので世界観を合わせて宇宙人っぽい顔のロボットにデザインされても可笑しくないのに

普通のカッコイイ顔を良く採用しましたよね。ライダーのオートバジンのお陰かな?SDみたいな超闘士激伝にも変形ロボがいましたけどね。

ウルトラマンダイナにマウンテンガリバー5号というのがいましたっけ。アクトで出たら買いたいですな。

↑ 画像右は足の可動範囲です。あまり動きません。ジャンナインの方が動きます。

↑ 腕は良く動きます。頭部回転有り。変形の都合上、下を向かせる事ができます。開脚はご覧の通り!

↑ ジャンボットは足が動かないし、接地性が悪いので下半身はポーズが付けられないと言っても良いぐらいです。

非常に惜しいですね。可動域を広げても変形には支障は無いと思うのですが…。安全面の配慮とも思えないし、コストかな?謎です。

下半身を改造しようとしても結構な大改造になりますよ。

↑ 同じウルトラチェンジシリーズのジャンナインとジャンボット。結構、似てないですね。

↑ ウルトラアクトと。ナンパされてるジャンボットみたいになっちゃいましたね。

ウルトラマンを引き立てる為という事にして脳内補正すれば少し小さくても良い気がしてきた。

↑ 変形途中。胴体前面装甲と頭が一緒に回転し方向転換します。それで胴体に厚みが有ったんですね。

↑ マシンモードのジャンバード。8割方、大きなシールドのお陰ですね。

↑  厚みはこの値段である事と変形の複雑化をさせるわけにはいかないので仕方ないですね。

斜めに接地していて変わってますが、手動で転がし走行ができます。

 

 

 ↑  その頃、父は謎の車と張り合っていた…。

 

キンググリッドマン&サンダーグリッドマン ←はこちらです。

ウルトラチェンジシリーズ ジャンナイン ←はこちらです。ウルトラチェンジシリーズ ジャンボット ←はこちらです。

ウルトラアクト ウルトラの父 ←はこちらです。

 

ホームへ戻る