S.H.MonsterArts モンスターアーツのキングギドラです。2012.9..29

モンスターアーツという事で関節が動きます。首の各関節、尻尾はボールジョイントでクネクネ動きます。ですが首の根元は胸筋と繋がっているので限度があります。

キングギドラは劇中でも派手なポーズはとっていないと思いますが、ま、とにかく、可動域は今回のレビューの画像で限界に近いかと。

私のは整形不良でして首が落ちてしまいます。彫刻刀で直しましたけど。

 

 

↑蹴り。噛み付いた方が早いですね。膝も曲がります。開脚はあまり得意ではない様です。↓↑翼は主に根元が前後や上下に動きます。

ビニールの様な翼を見事に再現なさってます。そう見せる造形なので破れる事はありません。当たり前ですよね。

↑ アゴの開閉は勿論、舌が独立して動きます。キングギドラは優美なハンサムスーツですね。

↑ 尻尾の長さは30cmぐらいで頭までの高さは26cm〜27cmぐらい。翼を広げた幅は47cmぐらいでしょうか。

↑各部位の面積が広かったり長かったりしてますが幅が圧倒的であってキングギドラはそれ程、巨大な玩具ではありません。箱は巨大です。

↑引力光線エフェクトが付属します。固定されるワケではないので難しいです。透明の棒が邪魔だわ〜。なんとかならないのかな。介護されてるみたいじゃないか。

映画は子供の頃ですから覚えてないですが玩具の方がやはり記憶に残っていて思わず買ってしまいました。

っていうか怪獣は男なら通った道ですもの。もちろん満足しております。

肝心のゴジラを買ってないのです。次はビオランテがいいな。また1万ぐらい逝くネ。

ホームへ戻る