2016.10.27  月刊ガンダムエース 12月号増刊 ガンプラエース  限定 MSオプションセット

対物ライフル(210mmアンチ マテリアル ライフル)&パイルバンカーシールド のレビューです。

雑誌のオマケのガンプラです。

↑ 鉄血のオルフェンズ系統のMS用の武器セットです

肝心のガンダムアスタロトは持っていないです。じゃ、レビューするなよと言われそうですが

ガンプラは自由だ!という事で私はジムに装備させます。

↑ 入っている物はランナーが1枚です。

ガンメタっぽい成型色です。HG用でMGサイズではありません。

 早速完成。台座は無いですよ。銃と盾と補助アームパーツのみです。

↑ 雑誌の作例です。流石、綺麗に仕上げるなあ。全然違和感ないですね。

他にも作例が載ってますが、見たい人は買ってください。

元々、汎用性が高く、良いデザインの武器ですよね。

↑ ジム・ワグテイルに装備させてみました

別売りオプションパーツを付けているので銃と盾を装備できました。

↑ 補助アーム無しでは片手でライフルは持てません。グリップにピッタリな手首が有れば別ですが

普通はストンと手首から落ちます。

ガンダムアスタロト等の場合は腰にアームで繋ぎ補助できるので大丈夫かと思います。

左右どちら側でも組み替えて持たせる事が出来ます。

両腕とも持ち手の手首が付いてるガンプラは

ウチには一組しか無かったので危うくシールドを持つ事さえ できない処でした^_^;

 バックパックはビルドファイターズ サポートウェポン シリーズのイージーアームズを使ってますが

ジム改系に付けるには無理で基部を改造してます

ガンプラのオプションパーツって取り付けの微調整までは出来ない事が多いです。

 杭の伸縮ギミックがあります。もちろん手動ですけど良いですね。

本来は前腕に固定されるのですが、やはりシリーズが違うのでピンが合わなく、拳で持ってるだけです。

ガンダムアスタロトなら拳と前腕で固定できます。

↑ このジム・ワグテイルは元々は右のジム改だったのですが

雑誌時代の電ホビのオマケのワグテイル外装パーツやその他オプションパーツで今の状態となりました。

大した改造はしてないのに流石ガンプラですね。

シールドはビームサーベルなどをマウントできます。手首だけで持ってると不安定です。

 補助アームを外し、両手持ちも可能です。ジムスナイパーもどきができました!

どのMSが装備しても似合いそうな武器で約12cmの銃は迫力ありますよ。

 

ホームへ戻る