2016.07.01 烈車合体EX スーパーミニプラ 戦闘メカ ザブングルのレビューです。

850円、4個セットを注文しましたので3400円(税抜き)です。ガム付きの食玩です

対象年齢15歳以上

4個入りの状態の箱。頭部と胸を模したデザインです。

↑  レビュー要らずの箱写真かと思ったら、かなりの余剰パーツが出る事は書かれていないので

これはレビューが必要ですね。イラスト手前の2体は無人で動いてますね。

 こちらの写真も説明不足ですね。

3,4番はランダムで全2色の内のどちらかが入ってます。武器パーツも付属します。

↑ 1と2が連結した、ザブングルカーモード。タイヤの回転は無いので転がし走行は出来ません。

↑カーゴに3,4に付属する武器を装備可能です。余剰パーツ対策にもなる良いギミックですね。

 ただ、既にこれだけの余剰パーツが出ています。

手首と折れたウイングパーツと2のコックピットは良いですけど、ちょっと多いですよね。

↑ 差し替え変形だけあって纏まり感がありますね。カーゴは大きな外装パーツが本体やないかと思う程。

本来は翼が変形して外装になる訳ですけども、巨大化してますもんね。仕方が無いかという感じです。

 E-2が意外と薄いので白化させないように扱いには注意が必要です。

 ブングル・スキッパー飛行形態。

車の状態から前輪タイヤ部分を下部へ変形させ、後輪は位置を下部へ付け替えます。

画像では前腕部の固定凸が一部白化してますけども。

 

 ブングル・ローバー。コックピットと専用の翼基部とそれに付ける翼を装着します。

 ザブングルへの合体は1と2を上下合体させるダケなので簡単です。

 スーパーミニプラ ザブングル完成です。まず素立ちの状態から。

 

 差し替え変形なのでプロポーションの破綻は特になく、カッコイイです。

食玩には多い裏面の肉抜き穴とかも無いですね。

 余剰パーツは相変わらずですけど。結構な無茶変形なんである程度は許せますが

頭部と胸装甲、太腿が余剰というのは萎えますね。

太腿の取り付け&取り外しは股関節基部から取り替えなくてはならないです。このキットはポリキャップは使わないので

頻繁に取り外ししているとヘタレてくるんですよね。例えポリキャップでもBJだとヘタレてきますよ。

設計に少し疑問がありますね。

主人公のジロン機は変形機能を使わない設定なんで主人公機だとすれば問題ないですけどね。

 頭部はガンプラのHGUCと大して変わらない作りですね。クリアーパーツも使用して食玩としては豪華です。

ただ、クリアーパーツの裏面にホイルシールを貼ってもあまり輝きません。勿論、貼った方が良いですが

ジムみたいにクリアーパーツを前後に薄くしないとあまり意味がないんですよね。ヒサシもありますしね。

↑ 足首の接地性は素晴らしいです。

膝関節はこのぐらいしか曲がりません。変形機構を廃止してこの程度だと納得するのは難しいです。

プラモなんで改造してねという事でしょうか。お断りさせて下さいm(__)m

 開脚等の可動は充分すぎるほど可能です。

ですが腰アーマーには難点があるので無理はしない方がいいです。

 足は水平まで上がりません。腰の可動も活かして蹴りのポーズ等は可能です。

物にもよりますが下半身の可動はガンプラのHG以下という感じです。

食玩よりHGの方が普通、上位種ですが

お値段的には今回のは同等かそれ以上で、安いHGUCなんか店頭で1000円以下で買えますものね。

 脛部分内部にはフレームが出来て、太腿の収納は無いですが足首の可動に一役買っています。

 一番の難点は腰アーマーだと思います。ガンプラではあまり見られないサイドアーマーと一体式のスカートアーマーで

それを支えるには細すぎるボールジョイントの軸。さらに厚みの無い股間の受け部分。

私のは既に白化しており、近い将来、折れてもおかしくない状態です。

差し替え変形ならこの辺はもっと強化できた筈です。

設計とチェック体制があまいですよね。

 翼が折れた状態の主人公機を再現。翼は無い方がカッコイイですよね。

 3番のトラット11タイプのセット内容です。ホバギーも台座付きで付属します。

 ザブングルは膝立てポーズが出来なかったのにコイツは出来るのですか!なんなのさ。

 4番のギャロップタイプのセット内容です。武器最高。

 3番のウォーカーマシンより動かない感じ。ただ腰の回転が可能です!サイズ的には充分じゃないでしょうか。

 裏を見ても肉抜き穴は無いです。二の腕ぐらいですよ。パイロットが居ないのが残念ですけど。

このヒトたちのデキは良いんですが、

そんな事よりザブングルの方の設計を頑張って欲しかったです。

 設定は8mぐらいでスコープドッグより大きいのですがアクティックギアと比べるとこれぐらいです。

 ザブングルの背丈はガンプラのジムとかとそんなに変わらないです。少し細身でしょうか。

 ザブングル、フル装備。全4種揃える事で再現できます。

私がやってたゲームのスパロボ大戦では2人乗りで精神コマンドが多く使えたのでビリンを乗せてました。そうです。カワイイからです。

 武器の造形も良く、非常に格好良くて感涙ものでありますが

腕が横方向にあまり上がらなくなってしまうという残念ポイントがあります。

本当に見た目は良いのに何故そこでという惜しいポイントが散見されます。

腕の4連ハンドキャノンは左右どちらにも付け替えできる優れものですがグリップ部分の凸が白化しやすいので注意です。

 大体のロボはミサイルランチャーとキャノンを肩に背負えば格好良くなりますね。

今回の食玩キット、スーパーミニプラ ザブングルの総評ですけど、私は60点ぐらいですかな。それぐらいだと思ってご購入されると

「何言ってるのバ管理人、コレ良いじゃん」となるかもです。

なんといっても壊れ易いとなると製品として評価し辛い。多少の事は食玩だと許される面もありますが御値段の事もありますし、

エルチ、ラグ用や色違いとは違う意味で2個買いが必要かもですし。

ワザワザ、バンダイが食玩でこの値段で出すという事で私の期待値が大きかったのもありますね。

食玩はあまり再販されないのでレア感は当然ありますね。

やっぱり、MGかHGがいいですよ。HGUCが頑丈に思えてきますもの。

たまに細かいバリが出ているのも食玩って感じです。

まだ第1弾なんで評価は難しいというのが正直な所であります。

腕に自信の有る人には格好の素材だと思うので、試しにいかがでしょう。

私はジムと小隊を組ませるのがお気に入りです。

そして、アーサーの様なイケメンになりたい

 

 

 

 ザブングルってプラモ狂四郎で主人公が使ってた回があったね。

 

ホームへ戻る