↑ トランスフォーマープライムの ビックカメラ限定のオライオンパックストイザラス限定のバトルシールドオプティマスの2点の商品のレビューです。

↑情報収集員オライオンパックスとバトルシールドオプティマス。オライオンは14cmぐらいで色は薄くなったような感じの成型色です。

発売前に雑誌で見たらピンクか紫の様でしたがご覧の様に特別な色ではありません。シールは貼ってません。

 

↑まずは記憶を失っている時の状態のオライオンパックスから。本来はオプティマスプライムになる前の名前ですね。

劇中では「メガトロン様」と言ってましたね。シールはオートボットとディセプティコンの両方のマークがあります。

頭部はG1期のコンボイに近く最近の実写ムービー系デザインのオプティマスの中でも一番カッコイイと思いました。

で、思わずアップで撮っちゃったのです。コンボイがいっぱい♥ハアッハアッ♥体型は腕が長すぎる意外は良好です。改造出来るかな。腰も360度回転します。

ん?片目が少し変です。頭は小さいですからココまでズームしてやっと分るぐらいの整形不良かと。

↑ っていうかコッチが目当て。付属品のアームズマイクロン ゴールドメタルアルエです。全身メッキなので可動部とかは剥がれたりします。

右の普通マイクロンは別商品であるマイクロン伝説のコロナプライムです。

待望の金メッキマイクロンの発売。限定品ですが通販で普通に買えました。金メッキのマイクロンはもっと欲しい。

限定でもいいので今回の様に注文して買えるようにして欲しいですね。私、マイクロンは新旧合わせて60体は持ってますが所持してる金メッキはこの2体だけ。

 

 ↑ プラ棒をちょいと加工してコロナプライムも合体してみました。オーピーも金メッキでしたら完璧ですね。

↑ シールドオプティマスより小さいオライオンの方が関節保持力が格段に上なのは内緒にしておいて下さいネッ。

 ↑ こちらは バトルシールドオプティマス。マイクロンが4つ一度に手に入りました。関係ないのも写ってますがコンテナはオマケで付いてきた

ペーパークラフトです。

  

↑ 向こうのアニメの典型的なマッチョ体型って感じです。成型色も変更されているのですが通常版を所持してないので分りません。

どうやらマイクロン達からのパワーの逆流を心配して体に対策を施した状態の様です。

↑ 可動限界です。関節は思ったより動かないですね。撮ってないですが開脚はかなり出来ます。

見せ方でカバー出来ますがもっと動いた方が良いでしょう。顔はオライオンと比べると強面ですね。

↑ 剣が付属します。中途半端な長さで微妙。小さいTFに持たせるとカッコイイと思います。

この剣がもっと長かったらこの玩具の価値をより高めたと思う。

↑ アームズマイクロンのオーピーAプラルGサイスGジェイズG。後者三体はジャベリン、アックス、ランスに変形してます。関節可動は少なめです。

セット限定の色でそれぞれ色が違います。オーピーA意外は単体では使えないかも…。何か良い合体がみつかるかな。 オプティマスもマイクロンもシール貼ってません

ジャベリンのあの取っ手は何かしら?デザイン的にジャマだけど何かに使うのかな?

完成品ではなくランナー状態から組み立てます。硬くて大変でした。小さい子じゃ苦労するでしょうね。白化するし。ちょい恐。

↓ バトルシールドオプティマスプライム!

↑ 3体のアームズマイクロンが合体してコスモテクターに。統一感がありますね。金メッキじゃないのが残念ではありますが

剥げたりするから気楽に遊べるし良いんじゃないかと。

↑ オプティマスの肘がもう少し可動すればと思う。

↑ 弓みたいに持たせてみました。可動範囲が広いヤツじゃないとそう見えません。

↑ さて、オプティマスは付属品ですから注目の盾はというとポロリ無しで御座います。扱いに気を付けないと破損する恐れがありますが

右の旧コスモテクターより小柄になり重さも新は約23g旧は約41gと半分で御座います。遊び易くなってます。

↑何!アルティメットモードだと!買い足さなきゃならないじゃないか。

という事でもし買い足したらまた更新しようかなと思います。たぶん。

ガチャ アームズマイクロン vol.3 vol.2 vol.1  ←はこちらです。不良品?破壊神 ガイアユニクロン AM19トランスフォーマープライム ←はこちらです。

AM-25 ネメシスプライム トランスフォーマープライム ←はこちらです。 AM-28 レオプライム&AM-29 ショックウェーブ レビュー トランスフォーマープライム←はこちらです。

メガトロンダークネス←はこちらです

ホームへ戻る