↑箱です。旧商品と間違わないでネッ。MPスタースクリームVer.1.5みたいな感じでしょうか。

どうやら河森正治 先生の監修を受ける前のデザインに戻った設計の様ですね。多分。

↑ アニメでもグレーの顔なんで合っていますが

いざ、立体化されるとヘルメットと同化してしまうので もう少し明るい顔色でも良かったかと。

↑ タートルネックみたいな喉になってるのが少し気になりますね。

肩の位置をもっと上にすれば大分緩和されると思うので肩アーマーを取り付けると良いですよね。

丁度この商品には王冠と肩アーマーが付属するので問題ないかも。

↑ 人型状態での翼は前後に動かす事ができます。上下にも動きます。

 2012.3.31 MP-11 マスターピース 新破壊大帝 スタースクリームのレビューです。

旧MP商品は右→です。

頭部が少し大きめに変更されてます。前より良いです。耳にスプリング?が内蔵それており、頭に収納される形で縮みます。

変形する時にちょっと厄介です。そのうち塗装剥げるかも?ニヤリ顔は排除されてます。別にいいけど。台座は付属しません。

↑海外版の旧商品(右)は白で スミ入れ、汚し塗装が標準でされてます。

今回の商品はグレーです。アニメ調が強くなってますね。キャノピーの透明度も違います。顔はよりイケメンになりました。

旧商品のMP-3スタースクリームは色が紺の様な色でバイナルテック寄りの雰囲気でしたね。

そちらはお金に困ってたので売ってしまいましたが。

造形の変更点は多いのですが股関節の可動域が あまり変わらなくガッカリ。脇腹までリデコしてるのに。

股関節の可動域拡大は一番期待していた部分でしたので。でも、腰のパーツが無くなった事は非常に良い事です。

旧商品に付いている台座は人型でしか使えないです。

↑ やはり踵が出来た事が大きいです。

旧商品の足も美しいラインを持ってますが倒れ易いのでは意味が無いですからね。

旧商品は台座付き商品というか台座必須商品ですよね。

↑ 当然、踵は収納されます。

↑ パイロット外してますけど、乗ったまま変形可能です。元ネタのダイアクロンみたいで良いですね。

操縦型のロボって感じ。こんなワガママなロボじゃパイロットはエヴァンゲリオンよりシンクロするの大変そう。

↑ 腕の可動域は広く、問題無しです。

↑膝が直角以上に曲がるのは良いですね。股関節と腰の回転と足首以外は標準的、又はそれ以上に動きます。

↑旧商品と比べると開脚の可動域は格段に上がっております。

↑今回の商品名である新破壊大帝 スタースクリームとはこの姿の事ですよね。

ムービーで僅かな時間だけ披露した姿(^^;)

↑ケープは一部、折り畳まれており、

↑ケープを展開するとこの様になります。

↑肩アーマーは可動の邪魔にならない様に本体の肩から新規造形になっております。

↑地球暦2005年、ユニクロン戦争の最中、コンボイとの一騎打ちにより重症を負ったメガトロン。

スタースクリームは傷ついたメガトロンや仲間達を宇宙空間に捨て、今まさに

長年の夢であったデストロンリーダーの座につこうとしていた。

載冠式はセイバートロン星にある、デストロンの『英雄の殿堂』にて執り行われた。

過去の英雄たちの像が立ち並ぶこの場所で、ついにリーダーとなる時が来る。

多くのデストロン兵士が見守る中、ビルドロン師団によるファンファーレが鳴り響き、

アストロトレインが王冠をかぶせる。

金色に輝く王冠とショルダーアーマーを装着の上、ケープを纏ったその姿は、新破壊大帝と呼ぶに相応しいものであった。

しかし、その時、彼の悲願が成し遂げられんとするまさにその瞬間。

彼のスピーチを切り裂く様な轟音、と同時に青い閃光が近づいて来た。載冠式を邪魔する者、それは

見た事もない二人のトランスフォーマー。神聖な儀式に割り込む無礼な奴。

だが彼はすぐに気付く。その声はメガトロンだと……驚いたのもつかの間、ガルバトロンの放った一撃により

粉々に砕け散り、絶命するスタースクリーム。こうして彼の野望は儚く打ち砕かれたのであった。

※↑説明書より。

↑こちらは旧商品に取り付けられる非正規の王冠セットです。

形状はこちらの方が王冠と頭が自然なシルエットになっている様に見えますね。

ギャラクシーフォース、スタスクの王冠ぽいデザインです。

肩アーマーの可動はあまり考えられていなくて正規品の方が全然動きます。

本家の方の王冠は格好良くないんですよね。金メッキなのは私は好きですけどね。

 

↑イラストの方では顔は白っぽいですね。

別人である他作品のスタスクは顔が黒くない場合が多いので見慣れた顔です。

顔の色が濃すぎなければどっちでもいいですね。

↑ケープは左右に傾ける事が出来ます。これは素晴らしいです。

画像では台風の中継のレポーターさんみたいになってますけど。ナカナカの躍動感が出ますね!

↑スタスクさん、光り輝いてるよォッ………!。

↑戦闘機形態の基本ギミックは旧商品と同じです。デザインは勿論違います。

腕の武器 ナルビームを外す事なく変形する事が注目ポイントでしょうか。

 

↑ 美しいビークルモードです。面と面が繋がる背面は感動的です。

↑ エアブレーキのパネルが展開、翼のフラップが可動します。

人型時の肩の出っ張りであるエアインテイクも下方に可動します。

 ↑ナルビームは差し替えではなく二の腕との接続パーツを介して可動し、

ジェット戦闘機モードでは翼の位置に移動します。

↑ ホログラムパイロットが付属。旧商品のパイロットっていうか人間はDr.アーカビルでしたね。

ウルトラマグナス付属のダニエルと比べるとサイズは大分小さいです。

↑ レーダードーム。無くても良い様なギミックかもですが、細かい配慮で拘りを感じます。

↑ ここで『スター』繋がりという事で無理やりスターウォーズ トランスフォーマー

ルークスカイウォーカー/X−ウィング・ファイターを。

なんでかというと、これは凄く壊れ易い玩具で私のも壊れてしまい、先日直したのでここでお披露目する事に。

一部、直す際に元の商品とは変わってしまってるので改造品としてレビューします。

↑ パッと見は変形物に見えないですよね。

↑ 底面はこうなりますよね。本当はライトセーバーを底面に取り付けられるのですが

分かり易い様に外しました。

↑ 元々、X−ウィング自体が格好良いのでビークルモードはトランスフォーマーとしては得してると思います。

実際のX−ウィングより太めですけど。

↑ R2-D2も確認できますね。取り外しはできません。

高額商品じゃないので若干チープさはありますがモールドとか頑張ってますね。

4基のブースターは動く様に見えて動かないです。

↑ コクピットから覗く股関節は修復改造してあるので本来の形状ではありません。

機体の模様はワザと禿げチョロ塗装にしてます。使い古された感を出そうとしてる商品です。

私は一切塗装はしてません。成型色も真っ白ではないです。

アイボリー調のプラで機首部分とかは白に近い色です。

↑ 壊れ易いのは下半身ですが、肩も改造してますので無改造よりも翼が開く様になってます。

手が見えてますけどね。保持力はギリギリです。

↑ ルークスカイウォーカー/X−ウィング・ファイター人型。

特に名前は無いみたいです。何か名前が欲しいですよね。

↑ 下半身は細いし、関節が硬くないのでちょっと立たせ難いです。後ろに重心が掛かるので余計にですね。

プロポーションはまあまあでしょうか。肩関節と股関節は別の物に取り替えたので

無改造品とは僅かにプロポーションが違うかもしれません。

無改造だと股関節などは、ねじ切れるとか、材質的に壊れ易く、不良品レベルです。足首も同様の理由で危ういですね。

↑ こちらは改造前の肩関節です。右側が横に腕を限界まで上げた状態ですが僅かしか動かないので違いが分かり難いですね。

それで…

↑ こちらは改造した状態。腕の横への上がり具合が格段に上がりました。

保持力はそれほどでもないのですが、重たい武器を持たせなければ問題ないです。ライトセーバーしかないですし。

↑ チャンバラするのには動く方が良いですからね。肘は元々、可動域が広いです。手首も回転します。

改造して、やっとお気に入り玩具になったという感じです。

↑ バイザーは外せない筈なんですが接着面が弱まっていたのか外せました。ミクロマンみたいな顔です。

ルークのマークが付いたヘルメット頭部ですね。ルーク専用機なんでしょうか。

頭部が納まっていた部分が人型状態での新たなコクピットになります。この辺はどういう設定なのか謎ですネ。

↑ ダースベイダーと。小型化してるとはいえ、デススターのベイダーに勝てる気はしないですけど一応対決をイメージ!

ライトセーバーはどちらも もう少し長ければ良いんですけど…。以上ルークでした。

↑ MPウルトラマグナス付属の人間キャラ、ダニエルです。

 ↑ スタスクょりサウンドウェーブの方が少し背が高いです。大きさが合うメガトロンが欲しいですネ。

 

その他のレビューは↓です。

マスターピース MP プロール

MP-05 マスターピース メガトロン

MP-12 ランボル MP-14 アラート マスターピース

 

ホームへ戻る