2014.07.11 コトブキヤ 装甲巨神 Z−KNIGHT

HMM(HIGHEND MASTER MODEL) Z001 Z-A03 TYPE-K Zナイト のレビューです。

言わずと知れたゾイドの派生シリーズですね。

↑説明書に反して外装無しの状態から組み始めました。

↑ 胸部、腹部、腰部と分かれており、動かすことが可能です。ガンプラのMG並みですね。

唯一、目はシルバーで最初から塗装されてます。バイザーをした時に映える様にですね。

↑ 手首は4種類です。

↑バックパック。3mm径で接続します。4基ブースターはそれぞれ上下に動きます。

上の段のはパイプに干渉してあまり動きません。

↑外装はガンプラのMGほど多くはありませんので手間は掛からないですよね。

肩アーマーは7個のパーツで出来てます。前後のパーツを合わせるダケではありません。

↑腰のスカートアーマー。前後のアーマーは動きません。

↑ビームソード。コトブキヤで買うとメッキバージョンのランナー(購入特典:Z・A03 TYPE-K Zナイト カスタマイズメッキパーツ )が

付いてくるらしいですが私はソレを知らなかったので…レビューしてるとこのパターンが多くて辛い。

↑シールド。パイルバンカーなど旧商品よりギミックが追加されてます。

グリップは取り外せます。なので私は腕側面に直接接続して撮影してます。

エンブレムだけシール(水転写デカール)貼ってます。

 ↑六つの生命が目覚め、七つめの生命が訪れる時、青い惑星の運命が決まる…

はるか彼方にあるという謎の星形に、無限のエネルギーを秘めた「金属生命体」のメタルハートが

存在した。地球に持ち帰られた6つのメタルハートは優秀な科学者により人型最終兵器「装甲巨神」として

生まれ変わったのである。

ブルースター連邦軍の装甲巨神で形式名称のZ・A03は

3番目に造られた機体、TYPE-Kは騎士の英訳・knightを意味する。

騎士型の装甲巨神であり、ボディはライブメタルという自己修復能力を持つ強固な装甲で作られ、

更に対ビーム兵器用のセラミックコーティングが施されている。

背部のバックパックには電子シールドを発生する為の大型電磁力装置、更に

対ビーム兵器用のLM(ライブメタル:live Metalの略)シールドを装備し防御力は万全である。

武器としては熱戦砲、レーザー砲、ロケット砲、ビームネイルなどを装備、ビームソードは銃剣として

白兵戦で威力を発揮する。他にミサイルランチャーやレーザーランス等の用途別重武装も装着可能としている。

ブルースター連邦軍ノーザナイツ所属のランス中尉がパイロットとしてZナイトを操る。

↑パイロットのランス中尉は付属しません。旧玩具は"せり出し式"でしたが

コトブキヤのZナイトは少し平面的なコクピットなので省略したのかもしれませんね。

↑腹部のメタルハートは胸部装甲とハッチを開閉する事で拝めます。

キットは無塗装なので色付きの方が分り易いと思い、説明書の写真で。

↑膝&肘の関節の可動域限界です。膝はもう少し曲がってほしいですが90度以上曲がってるんで一応合格かなと思います。

爪先も少し曲がります。腰は360度回転します!

↑スカートアーマーの"前垂"が動かないので足を真正面に上げられないのでは?

と組み立て中に心配してたのですが足の付け根の接続はボールジョイントではなく、棒軸なので

足自体を横にずらせば問題はありませんでしたん。

 

では、色んな方向からコトブキヤのZナイトを見ていきましょう。

細身のプロポーションで横姿もナカナカ美しいです。

 

↑開脚の限界角度はここまでです。もちろんプラモですから改造して角度を更に広げられると思いますよ。

↑銃モード。剣を横に持っただけですけど。

シールドを背中に付けられます。よじり、よじり。

↑MGトールギス凝と背丈は同じぐらい。スケールも同じ1/100スケールなのです。

パイロットの流用とか出来るかも。

↑ 一年戦争モノのMGとも背丈は僅かに小さいぐらいです。やはり体型は全然違いますけどネ。

↑ 武器のビームソードは腰やシールドに装備可能。

剣の接続する為の軸は可動式で起こす事で出現します。横のモールドが彫られてて折れそうで少し怖いですけどね。

 ↑ シールドのパイルバンカーは裏から見ると長いのですが先端が少し出るだけです。

ガンプラみたいに腰の下面の一部カバーを外すと別売り台座の支柱を差し込めます。

という訳で、コトブキヤのZナイトのレビューでした。

凄く小さいキャップを模したパーツの予備が1個しかないのは困りますね。失くさないかヒヤヒヤしました。

第2弾はマリンカイザーだそうですね。

妥当過ぎて私的にはギルガとか予想外のサプライズ ラインナップが良かったな。

Zナイトは旧商品は持ってましたけど指のフックが壊れ易かったのを覚えてます。懐かしいですね。

とにかく、コレが復活したのは嬉しい限りです。

 

 

  

ホームへ戻る